函館・江差・松前など道南観光フリーパス・1日乗車券やお得なきっぷ

北海道フリーパスフリーパス

北海道道南エリア(函館・江差・松前)周辺がフリーエリアになっているフリーきっぷを掲載しています。

スポンサーリンク

道南エリアフリーパス

はこだて旅するパスポート

フリーパス 2022年3月31日まで 利用当日購入可

JR北海道(函館~森)と函館バスと函館市電、道南いさりび鉄道線が1日間または2日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。

販売場所スマホアプリ「道南MaaS
エリア内みどりの窓口など
販売期間2022年3月31日まで(紙タイプ)
2021年9月30日まで(アプリ)
有効期間2022年3月31日まで(紙タイプ)
2021年9月30日まで(アプリ)
販売価格1日用2,690円 2日用3,650円
フリーエリア
はこだて旅するパスポートフリーエリア
画像:道南MaaSより

はこだて旅するパスポートの特典などについては下記をご覧くださいませ。

江差・松前周遊フリーパス

フリーパス 2022年3月30日まで 利用当日購入可

北海道の南西部・道南エリア9町の観光促進の為に、函館から木古内・江差・松前などの路線バスが2日間または3日間、乗り降り自由となるフリーきっぷです。

販売場所函館駅前バス案内所など
販売期間2022年3月30日まで
有効期間2022年3月31日まで
販売価格2日用3,000円 3日用4,000円
フリーエリア
江差松前フリーパス
画像:千年北海道手形より

利用可能路線やフリーパス特典などについては下記をご覧くださいませ。

いさりび1日きっぷ:道南いさりび鉄道

フリーパス 通年 利用当日購入可

北海道新幹線開業でJR北海道から切り離された江差線が、第3セクターの道南いさりび鉄道として開業してから5周年を記念して発売されたフリーきっぷです。

フリーエリアは道南いさりび鉄道全線(五稜郭~木古内)が1日間乗り降り自由となります。

さらに今回は従来の紙タイプのフリーきっぷに加え、2021年6月1日よりスマホでもフリーきっぷが購入できます。

販売場所道南いさりび鉄道有人駅窓口
販売期間通年
有効期間購入当日限り
販売価格大人700円
フリーエリア
道南いさりび鉄道1日フリーエリア
画像:道南いさりび鉄道より

いさりび1日きっぷの特典については下記をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

函館市内フリーパス

函館バス1日乗車券カンパス

フリーパス 通年 利用当日購入可

函館市内を運行する函館バスの指定路線バスが1日間乗り降り自由となり、函館空港から函館山・五稜郭・湯の川温泉・トラピスチヌ修道院などへ行くことができるフリーきっぷです。

飛行機で函館空港に降りたら国内線及び国際線旅客ターミナル1階到着ロビーにある総合案内所で、カンパスを購入したら函館市内観光のスタートです。

販売場所函館空港・新函館北斗駅など
販売期間通年
有効期間1日券は購入当日限り
利用開始から24時間
販売価格1日券800円 24時間券1,400円
フリーエリア
かんぱすフリーエリア
画像:函館バスより

函館バス1日乗車券カンパスの詳細については下記をご覧くださいませ。

函館バス・市電共通乗車券

フリーパス 通年 利用当日購入可

函館空港から函館駅までのシャトルバスには乗車できませんが、96系統の路線バスには乗車できるので函館空港に到着したら、1階到着ロビーにある総合案内所で函館バスの「共通1日・2日乗車券」を購入すれば、函館市内の路線バスと市電が乗り放題になるフリーきっぷです。

販売場所函館空港・新函館北斗駅など
販売期間通年
有効期間1日間・2日間
販売価格1日券1,000円 2日券1,700円
フリーエリア
函館市電フリーエリア
画像:函館バスより

函館バス共通乗車券の詳細については下記をご覧くださいませ。

函館市電・1日乗車券と24時間券

フリーパス 通年 利用当日購入可

函館市電が1日中乗り放題になるフリーきっぷで、函館山・函館朝市・五稜郭・湯の川温泉などへ行くことができ、提携施設割引や路線図や観光エリアマップ付きです。

販売場所市電車内やスマホアプリ
販売期間通年
有効期間1日間・24時間
販売価格1日券600円 24時間券900円

フリーエリア 函館市電全線

函館市電マップ

函館市電1日乗車券と24時間券の違いや詳細については下記をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

フリーパスで行ける道南観光スポット

初めての函館観光ならば、港町函館駅周辺の有名観光スポットへ訪れるだけで1泊2日たっぷり楽しむことができ、2泊3日で函館観光することができるならば、1日ゆっくり使って大沼公園の観光を楽しむことをおススメします。

そして、函館旅行が2回目以上ならば、函館周辺の道南エリアをたっぷりと楽しんでみてはいかがですか?

北海道旅行の移動はレンタカーを利用する方が時間を節約できるので一般的ですが、電車とバスを上手に利用すれば移動時間も北海道の絶景を楽しむことができ、バスの待ち時間などで周辺散策で自分だけの北海道を見つけることができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

販売終了したフリーパス

波乗りアヒル
波乗りアヒル

過去にはお得なフリーパスが販売されていました(次のページへ)