現存する函館最古の高龍寺へ傷心惨目の碑と新選組ゆかりの地巡りへ

高龍寺正門

1633年に創建され函館最古の寺で伝統的な木造建築と歴史的価値から、国の登録有形文化財になっている「高龍寺」は、それだけでも訪れる価値があることに加え、箱館戦争の頃には旧幕府軍の野戦病院として使われて、供養するために建てた「傷心惨目の碑」が新選組ゆかりの地なので訪れてみてはいかがですか?

目次

傷心惨目の碑と新選組ゆかりの地「高龍寺」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次