MENU

木古内駅らかバスで上ノ国町の中世史跡公園の勝山館と北海道夜明けの塔へ

北海道エリア別フリーパス

函館から西へ約80㎞に位置し日本海側に面する上ノ国町は「北海道発祥の地上ノ国」と言われています。

なぜならば、松前藩が置かれる前の15世紀頃から16世紀までの中世の時代には、ここ上ノ国が北海道の政治・経済の中心都市で外国や本州との貿易の拠点でしたので、発掘調査により数々の出土品が見つかっていて復元作業や貴重な出土品を展示しています。

そんな由緒ある上ノ国町には、函館駅から江差線の線路が繋がっていて「上ノ国駅」が存在したのですが、北海道新幹線開通の2年前2014年に廃線になり、現在は代替えバスで行くことができますので、北海道の成り立ちや歴史を知りに訪れてみませんか?

目次

中世史跡公園の勝山館と北海道夜明けの塔

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる