北海道フリーパスで電車やバス乗り放題となるお得な乗車券

札幌時計台
北海道エリア別フリーパス

北海道全域がフリーエリアになっているフリーきっぷを掲載しています。

目次

北海道全域+JR全国

青春18きっぷ

フリーパス 季節限定 利用当日購入可

全国のJR各社の特別快速・新快速・快速・普通列車の普通車自由席とBRT・JR西日本宮島フェリーが1日間乗り放題になるフリーきっぷです。

1人で5回分利用(5日間)や5人で5回分利用(1日間)することも可能です。

フリーきっぷの名称が「青春18きっぷ」となっていますが、年齢に関係なくどなたでも購入・利用ができます。

販売場所全国のJRみどりの窓口など
販売期間春季:2022年02月20日~2022年03月31日
夏季:2022年07月01日~2022年08月31日
冬季:2022年12月01日~2022年12月31日
有効期間春季:2022年03月01日~2022年04月10日
夏季:2022年07月20日~2022年09月10日
冬季:2022年12月10日~2023年01月10日
販売価格12,050円

フリーエリア 全国JR普通列車全線(一部私鉄含む)

秋の乗り放題パス(鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ)

フリーパス 期間限定 利用当日購入可

毎年8月25日頃に発表される「秋の乗り放題パス」は「青春18きっぷ」の秋版ともいわれ、基本的な内容は一緒で日本全国のJR線の普通列車の普通車自由席(快速・特別快速・新快速・通勤快速含む)とBRTとJR西日本宮島フェリーが連続3日間、乗り降り自由となるフリーきっぷです。

青春18きっぷ同様に新幹線・特急・急行には乗車できないので、別途乗車区間の乗車券と特急券を購入しなくてはいけませんが、追加料金(指定席券・乗車整理券等)で乗ることができる快適な列車の利用ルールも青春18きっぷ同様です。

販売場所全国のJRみどりの窓口など
販売期間2022年9月10日~10月21日
有効期間2022年10月1日~10月23日の連続3日間
販売価格大人7,850円 子供3,920円

フリーエリア 全国のJR全線(快速・普通)

秋の乗り放題パス新幹線オプション券を追加購入すれば、奥津軽いまべつ駅~木古内駅間の北海道新幹線の普通車自由席と道南いさりび鉄道・木古内駅~五稜郭駅間がオプション券1枚につき1回乗車できるので、詳細は下記をご覧くださいませ。

北海道全域+JR東日本

北海道&東日本パス

フリーパス 季節限定 利用当日購入可

快速・普通列車の自由席に限り、JR北海道・JR東日本・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行・BRTが連続7日間乗り放題になるフリーきっぷです。

青春18きっぷが1人で7日間連続利用できるフリーきっぷと考えればわかりやすいと思います。

販売場所JR北海道・JR東日本みどりの窓口
販売期間【春季】2022年02月20日~2022年4月16日
【夏季】2022年06月20日~2022年9月24日
【冬季】2022年12月01日~2023年1月04日
有効期間下記期間の連続7日間
【春季】2022年03月01日~2022年4月22日
【夏季】2022年07月01日~2022年9月30日
【冬季】2022年12月10日~2023年1月10日
販売価格11,330円

フリーエリア JR東日本・JR北海道など

北海道&東日本パス北海道線特急オプション券を追加購入すれば、北海道新幹線(新青森~函館北斗間)と北海道内の特急列車に乗車できますので、詳細は下記をご覧くださいませ。

大人の休日倶楽部会員パス(東日本・北海道)

フリーパス 季節限定 前日までに購入

JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定のフリーパスで、JR東日本とJR北海道の新幹線を含む全線(新幹線・特急・快速・普通列車)が連続5日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。

また、普通車指定席も6回まで利用可能です。

JR北海道の在来線全線が乗り放題の「大人の休日倶楽部パス(北海道)」のJR東日本も含んだバージョンです。

販売場所JR東日本・JR北海道みどりの窓口
販売期間第1回:2022年05月23日~2022年06月30日
第2回:2022年10月24日~2022年12月01日
第3回:2022年12月12日~2023年01月19日
有効期間下記期間の連続5日間
第1回:2022年06月23日~2022年07月05日
第2回:2022年11月24日~2022年12月06日
第3回:2023年01月12日~2023年01月24日
販売価格26,620円

フリーエリア JR東日本・JR北海道全線

北海道全域

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス

フリーパス 2022年9月30日まで 前日まで販売

2020年に引き続き、2021年もHOKKAIDO LOVE!プロジェクトの一環として、北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーンを活用した「HOKKAIDO LOVE!6日間周パス」が12,000円で期間限定で販売されることが決定しました。

販売場所JR北海道内みどりの窓口
販売期間2021年11月5日~2022年8月31日
有効期間2021年11月6日~2022年9月30日
連続6日間
販売価格12,000円

フリーエリア JR北海道全線・JR北海道バス

北海道フリーパス

フリーパス 通年 利用当日購入可

JR北海道内の新幹線を除く、特急・快速・普通列車の普通車自由席とジェイアール北海道バス(一部路線除く)が、連続7日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。

また、普通車指定席も6回まで利用可能です。

販売場所JR各社のみどりの窓口
販売期間通年
有効期間連続7日間
販売価格27,430円

フリーエリア JR北海道全線・JR北海道バス

大人の休日倶楽部会員パス(北海道)

フリーパス 季節限定 前日までに購入

JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定のフリーパスで、JR北海道の在来線全線(特急・快速・普通列車)が連続5日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。

また、普通車指定席も6回まで利用可能です。

販売場所JR北海道みどりの窓口
販売期間第1回:2022年05月23日~2022年06月30日
第2回:2022年10月24日~2022年12月01日
第3回:2022年12月12日~2023年01月19日
有効期間下記期間の連続5日間
第1回:2022年06月23日~2022年07月05日
第2回:2022年11月24日~2022年12月06日
第3回:2023年01月12日~2023年01月24日
販売価格17,400円

フリーエリア JR北海道全線(北海道新幹線除く)

函館市内エリア

初めての函館観光ならば函館駅中心に10㎞圏内に観光スポットが集まっているので、路面電車と市バスのフリーパスを使って訪れることができます。

また、新選組や土方歳三ゆかりの地も多く集まっているのでファンの方々が訪れる地へも、レンタカー不要で行くことができる基本の函館市内観光スポットをまとめています。

その他の道南エリアおススメ観光スポット

函館山夜景
2021年11月17日17:00撮影

函館は北海道の道南エリアの中心ですが、道南エリアと言えば松前半島を指す事が多いのですが、ぐるっと回ろうとするとなんと300㎞もありますので、東京から新潟までの距離になるのでとても1日じゃ無理です。

函館イーストエリアだけでも2日間欲しいぐらいですが、レンタカーを使って強行スケジュールで回る事は可能ですが、鉄道やバスのフリーパスを使う事を考えて交通の利便性に合わせて、道南エリアを4つに分けて観光する事をおススメします。

大沼公園や函館イーストエリア

函館周辺エリアとして代表的な函館イーストエリア。

大沼公園を代表として、しかべ間歇泉公園・世界遺産の大船遺跡・垣ノ島遺跡・恵山公園などへ「はこだて旅するパスポート」を利用して電車とバスでも行くことができるので、訪れてみてはいかがですか?

木古内・知内・松前エリア

函館から西へ30分~3時間ほどで行くことができ「はこだて旅するパスポート」や「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアとなっている函館周辺の観光スポットをご紹介します。

函館から木古内までならば、函館駅周辺や湯の川温泉へ宿泊でも移動時間が少なくなりますが、知内や松前までならば木古内宿泊か松前宿泊を考えないと移動時間がかかり過ぎます。

江差・上ノ国・乙部エリア

函館から北西へ1時間30分、松前から北へ1時間40分ほどで行くことができ「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアになっている函館観光スポットをご紹介します。

日本海側に移動できるので夕日がとても綺麗に見られる場所が多くありますので、それまでに新選組や土方歳三ゆかりの地の江差など観光を済ませてることをおススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次