スポンサーリンク

エクセルで参加人数を自動的に数えるCOUNT関数

エクセル関数エクセル数式

こんにちは、とりっぷぼうるです。

元々エクセルとは全く縁のない生活をしていましたが、人員不足などで少しでもデータ入力作業や集計作業を効率化するしか方法が無く、仕方がなくエクセルに取り組み始まました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

作業効率化にはユーザーフォームを使いますが、様々な計算などはエクセル関数が必須です。

エクセル関数を使うことができないと、VBAどころじゃありませんし、成績表も作る事ができないのです。

当然ながらエクセルの専門知識もなく、学校に通うこともできずにただ単にエクセルの書籍とにらめっこしながら取り組んでいます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

でも書籍のままだと実用的でないことが多く、エクセル関数を組み合わせてみたら動いた!という実用例・体験談を書いています。

Excelの専門学校通学や・資格があるわけではありませんので、エクセル関数を組み合わせてみたらエラーにならずに動いてくれているだけなので、掲載の数式などが同じように動く保証はできません。
実際に動いているエクセルは2009と2016です。
スポンサーリンク

使用頻度トップ10に入るエクセル関数

ワードやエクセルと聞いたらパソコンかあって思う程度かもしれませんが、「エクセル関数」って聞くと、あんまり関わりたくないと思う方多いですよね。

しかしながら、仕事で資料を作ったりする時には必ず向き合わなくてはいけない時が来ます!

エクセル関数とは・・・

決まっている計算をする為に使う数式で、エクセルでは「=関数名(セルの範囲・条件)」であらわされています。

その為に、この型(関数)を使えばエクセルが正確に計算して答えを出してくれますので、難しい事はありませんよ。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

使用頻度が高い10種類のひとつ、COUNT関数をマスターすれば無駄な計算時間や入力作業時間を省けるので作業効率化できますよ

スポンサーリンク

エクセルで数を数えるCOUNT関数

参加人数を数える時や点数が入力されているセルの数を数えたりする時に使うCOUNT関数は、エクセルを使っているとよく使う関数のひとつになりますね。

エクセルの書籍などには、「数値を含むセルの個数、および引数リストに含まれる数値の個数を数える」とか、「セル範囲または数値の配列に含まれる数値フィールド内のエントリの数を取得」など。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

って書いてあるけど用語が難しく感じませんか?

しかもデータにより5種類使い分けが必要ともなると!

実際には、参加者人数数えたい!とか、点数が入力されているセルの数を数えたい!とかでエクセル関数探しますから、実際に使っている方法で5種類のCOUNT関数系をご紹介します。

数値の入力セルを数えるCOUNT関数

まずセルの数を数える代表格のCOUNT関数。

参加者の人数合計を自動的に表示させたり、参加試合数を計算させたりするのに使用しています。

COUNT関数説明表

関係ないですが、1か所だけ名前が浮いている気が・・・

上の図で、受験参加名簿の人数の合計は7名です。

例題としているので数が少なく目でも確認できますよね。

では、エクセル関数COUNTを使って自動計算させるには、COUNT関数は「数値の入力されたセル数」なので、セルA8:A14(登録順)を指定します。

=COUNT(A8:A14)

この数式を表示したいセルに入力すれば、自動的に受験参加名簿の人数が計算されます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

ポイントは数値のみで文字は数えてくれません

文字とは「あ」「A」「記号」などです。

 

当然ながら、空欄セルも数えてくれません
波乗りアヒル
波乗りアヒル

数値の時はCOUNT関数!

でも、名前自体(文字)を数えたいことも当然ありますよね。

それでは次に、文字が含まれるセルの数を数えられるようにしましょう。

空欄以外の入力済みセルを数えるCOUNTA関数

COUNT関数説明表

今度は、文字やアルファベットや記号や数字、要するに空欄以外の入力済みセル、上の図で言うとB列になります。

=COUNTA(B8:B14)

このようにすると、空欄セル以外の入力済みセルの個数を自動的に計算してくれます。

ということは、

波乗りアヒル
波乗りアヒル

空欄セルだけ数えることもできる?って思いますよね。

使ったことは無いですが、調べたらありました!

空欄セルを数えるCOUNTBLANK関数

個人的には一度も使ったことがないCOUNTBLANK関数、なぜなら空欄セルの数を数えなければならないという実例がないのです。

試しにCOUNTBLANK関数使ってみましたが、確かに数えることができました!

COUNTBLANK

条件に一致するセルの数を数えるには

ここまでは、セルの数を数えるというCOUNT関数の基本の話をしましたが、これだけでは足りません。

そうです、点数が400点以上の人数を数えたいとか、300点以下の”不合格”の人数を数えたいとか、様々な条件に一致する人数を数えたいということが必ずあります。

そんな時は、COUNT関数のお友達COUNTIF関数やCOUNTIFS関数で解決できます。

合わせてマスターすることをおススメし、使いこなせばデータ入力での誤入力(重複入力)してしまった時に警告メッセージを表示してお知らせしてくれることもできるようになりますよ!

スポンサーリンク

作業効率化に絶対必要なエクセル関数

  1. 指定したセルまたはセルの範囲の合計を計算【SUM関数】
  2. 指定範囲セルの入力済みセルの数を数える【COUNT関数】
  3. 指定範囲セルの平均点(アベレージ)を計算【AVERAGE】
  4. もし男性なら「1」そうでなく女性ならば「2」と振り分ける【IF関数】
  5. 小数点以下の処理【INT関数】
  6. 指定範囲セルの最大値を計算【MAX関数】
  7. 指定範囲セルの最小値を計算【MIN関数】
  8. 条件に当てはまる数値の合計を抽出【SUMIF関数】
  9. 表の中からデータ検索して指定した値を探す【VLOOKUP関数】
  10. 日付を入力するとデータが差し替わる表を作る【DGET関数】
エクセル使うならば、関数とVBAを組み合わせて作業効率化しませんか?
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?

コメント