塩原温泉・紅の吊橋へゆーバスで紅葉絶景へ日帰り温泉

AC那須塩原日光観光
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング
スポンサーリンク

東武フリーパスで上三依塩原温泉口駅から塩原温泉へ

紅葉見頃 10月下旬~11月上旬

塩原温泉郷と言えば、箒川(ほうきがわ)沿いに温泉旅館が点在している首都圏からも近い温泉街ですが、紅葉の時期になるとカエデやもみじで真っ赤に川沿いが染まります。

この箒川に架かる吊り橋から渓谷と川と紅葉を眺めることができるので人気スポットになっているので、整備されたハイキングコースを歩いた後に日帰り温泉で心も体も癒してみませんか?

通常は、JR東北本線の那須塩原駅から路線バスで訪れるのが一般的ですが、JRの東京からの往復運賃に700円ぼどプラスして、4日間有効の「ゆったり会津・東武フリーパス」を利用して日光・鬼怒川・龍王峡もフリーエリアに含まれているので一緒に訪れて観光する方法をおススメします。

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR宇都宮線(東北本線)の那須塩原駅始発・西那須野駅経由、または野岩鉄道の上三依塩原温泉口駅で下車します。

JR宇都宮線ルート

東京駅から上野東京ライン宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き、さらに北上する黒磯行きに乗り換えて西那須野駅へ約2時間45分・2,640円のルートです。

東北新幹線利用ならば、那須塩原駅まで1時間10分・6,020円で行くことができます。

東武スカイツリーラインルート

浅草から東武スカイツリーラインで南栗橋駅へ行き、接続する東武日光線に乗り換えて新藤原駅へ行き、野岩鉄道に乗り換えて上三依塩原温泉口駅へ約3時間40分・2,420円のルートです。

さらに東武特急リバティーを利用すれば、乗り換えなしで約2時間40分・4,270円で行くこともできます。

ゆったり会津・東武フリーパス利用ならば5,950円で4日間有効・下今市~日光・鬼怒川もフリーエリア内で特急券は別途になりますが、観光エリアが広がりますよ。

JR那須塩原駅・西那須野駅からバス

紅の吊橋の最寄りバス停は、塩原温泉バスターミナル下車してすぐです。

JRバスが那須塩原駅始発で西那須野駅経由にて塩原温泉バスターミナルまで運行され、那須塩原駅から68分・1,190円、西那須野駅から45分・940円です。

上三依塩原温泉口駅からバス

那須塩原市のコミュニティーバス「ゆーバス」が塩原温泉バスターミナルを経由して塩原温泉街を巡回するバスが運行され、23分・200円ですが、1日券を400円でバス車内にて購入できますので、ハイキングコースを歩いて疲れたら、ゆーバスに乗ってバスターミナルに戻ることもできますよ。

どちらのルートを選んでも、約4時間ほどなので時間的にはあまり変わりませんが、料金でJRルートが約3,600円、東武ルートが約2,600円となります。

マイカー

東北自動車道・西那須野塩原ICより国道400号経由で16㎞・30分程で那須塩原温泉郷へ行くルートで、東京から約2時間30分(約180㎞)で到着します。

料金は片道4,800円程で駐車場は塩原もの語り館の駐車場が無料です。

2020年紅葉まつり

紅葉まつりもライトアップもありません。

住所栃木県那須塩原市塩原747
営業時間いつでも可(紅の吊橋)
入場料無料(紅の吊橋)
公式サイト塩原もの語り館
駅からバス上三依塩原温泉口駅・西那須野駅からバス路線利用可
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント