エクセル

スポンサーリンク
エクセル数式

複数の条件でセルの合計を自動計算するエクセル関数

エクセル関数で一番使うセルの合計を自動計算するSUM関数。そんなに悩むことはないけど、条件をつけて合計を出したいこともありますよね。そんな時はSUM関数の仲間SUMIFS関数やSUMIF関数を使えば解決しますよ
エクセル数式

エクセルで参加人数を自動的に数えるCOUNT関数

入力済みのセルの数を数えたり、空欄セルの数を数えたり、作業効率化の為には様々なエクセル関数を組み込んで自動計算させることで達成できます。エクセルに取り組めば、使用頻度が高いCOUNT関数は必ずマスターしなくてはならない関数のひとつです。
2018.12.14
エクセル数式

条件に一致するセルの個数を数えるCOUNTIF関数

数値セル・文字列のセル・空欄のセルの数を数えるCOUNT関数の応用で条件に一致するセルの数を数える事も多いので、COUNTIF関数とCOUNTIFS関数も一緒にマスターして作業効率化で時間の節約をしましょう。
スポンサーリンク
Excel-VBA

条件に一致したセルを繰り返し探してVBAで文字色を変える方法

表の中である条件をクリアしたら文字色を変えて目立たせたいことありますよね。もし、特定の範囲の列の値が○○だったら赤文字、そうでなかったら黒文字にするってVBAコード意外と見つけられないですよね
2018.12.10
Excel-VBA

複数テキストボックスの入力値を一括して各セルへ記載する方法

ユーザーフォームに配置されたテキストボックスの数が少なければ簡単なのですが、20個・30個・・・80個ってなったら、ものすごく面倒です。実際、レーン抽選で使用しているユーザーフォームには80個のテキストボックスが配置しています。
2018.12.10
エクセル数式

セルの数値により対応する答えを検索するエクセル関数CHOOSE

男性・女性・従業員・プロ・おばけなどボウリングリーグ戦で成績表に反映させるために自動的に判別して振り分けてくれるとっても便利なエクセル関数CHOOSEをつかえば、リーグ成績表が素早く作成でき間違えが少なくなるのでとっても便利
2018.12.09
エクセル数式

小数点以下を切り捨てるエクセルINT関数

小数点以下を切り捨てるINT関数&TRUNC関数 ボウリングのリーグ成績表で、ハンデキャップ(HDCP)を付けていると思いますが、ボウリングハンデキャップが33.33なんてあり得ないかな? あんまりというよりは、ほとんど聞いたことがありません。
2018.12.08
エクセル数式

表の中からデータ検索して指定した値を見つけるVLOOKUP関数

表の中から特定の値を指定してデータ検索することってよくありませんか?見つけたセルの2列右の値とか。ボウリングでのリーグ戦のレーン抽選でも参加選手の中から番号によりレーン・投球順を決めるので非常によく使います。VLOOKUP関数を使えば解決しますよ。
2018.12.08
エクセル数式

エクセルIF関数もし~だったら使い方

ボウリングのリーグ成績表にかかわらず、エクセル関数IFを使うと非常に便利です。もし~だったら○、そうでなかったら×、というような条件って多いです。利用頻度が高いのでぜひマスターして業務効率化をしましょうね。
2018.12.08
Excel-VBA

VBAの画面のちらつきがたった1行で解決して処理高速化も

エクセルVBAでセルの移動の時に無駄に画面が動いてちらついて見えます。ついでに処理も遅くなるので無駄な表示を止めるApplication.ScreenUpdatingを使いましょう。
2018.12.08
Excel-VBA

Excel-VBA上書き保存してエクセルファイルを閉じる方法

CloseオブジェクトやQuitオブジェクトをそのまま使っても、ワンクリックで上書き保存してエクセルを閉じることはできないのですね。作業効率化の為にはぜひやりたいことなので、VBAコードの組み合わせでできるようになりました。
2018.12.08
Excel-VBA

セルの値によりVBA印刷ページ数・枚数を変更する方法

印刷ページ数や印刷枚数をセルの値を読み込んで条件に応じて自由に設定させたい事ありませんか?VBAコードに書き込まずにセルの値を読み込ませれば簡単に設定できます。
2018.12.05
Excel-VBA

ユーザーフォームを開く時に名前を書き換えて表示する方法

ユーザーフォームを表示する時に配置したラベルやコマンドボタンが名前や日付などに自動的にセルの値を読み込んで書き換えてから表示されると便利なので、やってみませんか?
2018.12.03
Excel-VBA

エクセル関数とVBAで和暦西暦対応カレンダー作成

エクセル関数を基本として作成し、和暦も西暦も変換対応させてVBAユーザーフォーム上で入力するオリジナルカレンダーってなかなか見つけられないので作ってみました。
2018.12.03
エクセル数式

人数に応じてリーグ対戦表を自動選択する方法

複数の表があり、条件に合った表を選んで、さらにセルの値を選んで数字を名前に自動変換できると、とても便利なエクセルができますよね。ボウリングのリーグ対戦表も人数により表が異なるので、参加人数が決まったら、自動的に表を選んで対戦番号がこれも自動的に参加者名に変換されると便利で作業効率がアップして時間短縮になりますよ。
2018.12.03
スポンサーリンク