スポンサーリンク

人数に応じてリーグ対戦表を自動選択する方法

リーグ対戦表自動判別 エクセル数式

ボウリングのリーグ戦でのスケジュール表(対戦表)を使って、毎回リーグ対戦を行いますよね。

その対戦表って数字の羅列になっているので、エクセルにこのように入力していませんか?

スポンサーリンク

ボウリングリーグ対戦表

ボウリングリーグ対戦表8名

※最終の8回戦目(8週目)はポジションになるので空欄にしています。

実際に使っているリーグ成績表エクセルでは、ポジションには成績表から自動的に対戦番号が反映されるように設定して、レコードシートを印刷できるようにしてますが、ここでは省略します。

これは8名(チーム)の対戦表をエクセルに入力しましたが、毎回8名ってことありませんよね?

波乗りアヒル
波乗りアヒル

おばけ入れて10名だったり、引退されて6名になったり。

ボウリングリーグ6名対戦表

ボウリングリーグ6名対戦表

ボウリングリーグ10名対戦表

ボウリングリーグ10名対戦表

ボウリングリーグ戦の参加者人数が変更になってしまったら、慌てて対戦スケジュール表から名前などをエクセルに入力していかなければならないという手間が、次週のスタート時までに完成させておかなくてはいけませんよね。

しかも、対戦表の数字を見ながら参加選手名に書き換えなくてはいけないので・・・

前回、リーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法を書きましたが、今回は複数の対戦表も自動選択してから、名前の自動変換もできるように実際のリーグ戦での成績表を使っているので、抜粋して書き出してみました。

参考:リーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法

ボウリングリーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法
リーグ戦の対戦表をエクセルで作る時、数字で表されている番号を名前に自動的に変換できると作業時間が短くなり効率的ですね。たった2つのエクセル関数を使うだけで、簡単にできるんです。今回の回戦数を入力するだけで一発変換完了。もちろんお客様にスケジュール対戦表として渡すことも簡単ですよ。

リーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法は上記に書いてあるので、ここでは省略します。

対戦表を準備しましょう

まず始めに、想定される参加人数に応じた対戦表をエクセルに準備しておきます。

今回は6名・8名・10名の3つを用意して、参加人数が6名~10名まで対応できるようにします。

※対戦表の関係で5名・7名・9名の場合は、おばけチーム入れて偶数にします。

①、6名用のボウリングリーグ対戦表

ボウリングリーグ6名対戦表

ボウリングリーグ6名対戦表

②、8名用のボウリングリーグ対戦表

ボウリングリーグ対戦表8名

③、10名用のボウリングリーグ対戦表

ボウリングリーグ10名対戦表

ボウリングリーグ10名対戦表

当たり前ですが、対戦スケジュール・対戦相手は3つの表ともバラバラですよね。

次に各対戦表の一番上に、回戦数に応じて対戦表から必要なデータを取り出すための表を付け加えます。

ボウリングリーグ対戦表付け加え

これは10名版ですので、6名版・8名版も同じように付け加えます。

セルAG2~AP2までは、回戦数が入力されると自動的に、対戦表から探すようにエクセル関数が設定されています。

設定方法は、先ほどの別ページに記載しておりますが、再度ご案内します。

参考:リーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法

ボウリングリーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法
リーグ戦の対戦表をエクセルで作る時、数字で表されている番号を名前に自動的に変換できると作業時間が短くなり効率的ですね。たった2つのエクセル関数を使うだけで、簡単にできるんです。今回の回戦数を入力するだけで一発変換完了。もちろんお客様にスケジュール対戦表として渡すことも簡単ですよ。

これで、回戦数を入力すると、各対戦表全て対象の回戦数が表示されていますが、参加人数が異なれば使う対戦表も違うので、次に参加人数を指定すると対応する表の指定した数字を自動的に読み込むようにエクセル関数を設定しましょう。

参加人数に応じて対戦表を自動判別

単純に参加者6名の時は6名用のリーグ対戦表を、8名の時は8名用の10名の時は10名用のリーグ対戦表と、3種類のリーグ対戦表を自動選択させるだけです。

実際に使っているリーグ成績表では、3種類ではなく現状の参加人数から2つ多く、3つ少なくの計6種類に設定しています。

それでは、参加人数を自動判別させる為の単純な表を準備します。

対戦表判別表

セルC1・D1・E1が参加人数、セルC2・D2・E2が識別番号、セルA2に今回の参加人数入力欄です。

参加者6名の時は「1」、8名の時は「2」、10名の時は「3」と自動判別させます。

識別番号とは、勝手に読んでいるのですが、1番目の表、2番目の表、3番目の表と、後からでもわかるようにするためです。

これで参加人数をセルA2に入力すると、自動的に使用する対戦表をセルB2に判別して表示します。

実際のリーグ戦では、参加者名を入力すると自動的に参加人数を数えてセルA2に入力されるように設定しています。

では、自動判別させる為のエクセル関数を設定しましょう。

設定するのはセルB2です。

=HLOOKUP(A2,C1:E2,2,0)

検査値は参加人数合計のセルA2、範囲は上記画像の範囲C1~E2、列番号は2列目の2、検索方法は完全一致の0です。

これで、セルB2には参加人数により使うべき対戦表は何番目の表なのかを自動判別させることができます。

参加人数の入力セルには、自分で数えて入力でも構いませんが、参加者の人数を自動集計させた方が楽ですよ!

参加人数自動集計方法

準備中

回戦数を入力すると判別された対戦表から自動的に数字を取得

次は先ほど使うべき対戦表を判別したので、その対戦表から回戦数により、数字を取り出す作業を設定します。

リーグ対戦表自動判別2

エクセル関数を設定るのは、セルB13~K13です。

セルA13に回戦数を入力すると、自動的にセルB2で判別された対戦表から対戦番号を取得させます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

使う関数はCHOOSE関数ですが、CHOOSE関数の説明は省略します。

セルの値により複数の答えを探すエクセル関数

セルの数値により対応する答えを検索するエクセル関数CHOOSE
男性・女性・従業員・プロ・おばけなどボウリングリーグ戦で成績表に反映させるために自動的に判別して振り分けてくれるとっても便利なエクセル関数CHOOSEをつかえば、リーグ成績表が素早く作成でき間違えが少なくなるのでとっても便利

セル B13には、このようなエクセル関数が入っていて、識別番号により、取り出す数字が変わるようになっています。

=CHOOSE($B$2,O2,X2,AI2)

セルB2の識別番号が「3」なので、対戦表10名用の1回戦目が取得されて表示されたという事ですね。

それに応じて、セルA15~K20の各項目が反映されて完成しました。

この出来上がった自動変換ごの各セルをレコードシートにリンクすれば、わざわざ書かなくても回線数のみの入力でレコードシートも完成するので、作業効率化と時間短縮になりますよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

成績表作成には知っておきたいExcel-VBAもくじ

ボウリングハンデキャップのつけ方
HDCPの種類はリーグのルールにより複雑に ボウリングの成績表(リーグ戦)で必ず必要になるのが、ハンデキャップ(HDCP)です。 ボウリングご予約の時に一番多く使われているのが、女性にだけハンデキャップをつけてあげることが多いですね。 だいだい何点ぐらいのハンデキャップが多いの?
ボウリングリーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法
リーグ戦の対戦表をエクセルで作る時、数字で表されている番号を名前に自動的に変換できると作業時間が短くなり効率的ですね。たった2つのエクセル関数を使うだけで、簡単にできるんです。今回の回戦数を入力するだけで一発変換完了。もちろんお客様にスケジュール対戦表として渡すことも簡単ですよ。
人数に応じてリーグ対戦表を自動選択する方法
複数の表があり、条件に合った表を選んで、さらにセルの値を選んで数字を名前に自動変換できると、とても便利なエクセルができますよね。ボウリングのリーグ対戦表も人数により表が異なるので、参加人数が決まったら、自動的に表を選んで対戦番号がこれも自動的に参加者名に変換されると便利で作業効率がアップして時間短縮になりますよ。
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?

コメント