九州フリーパスや1日乗車券・お得なきっぷで観光地巡り

九州、沖縄エリア・フリーパス

福岡県・佐賀県・長﨑県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県の九州全域がフリーエリアや沖縄県のお得な電車やバスの乗車券をまとめています。

目次

九州エリア広域フリーパス

ぐるっと九州きっぷ

フリーパス 通年 利用当日購入可

JR九州全線の普通・快速列車が連続3日間乗り降り自由となるフリーきっぷですが、「旅名人の九州満喫きっぷ」と比較すると、新幹線・特急列車に別途特急券購入で乗車可能になるという点です。

販売場所JRみどりの窓口など
販売期間通年
有効期間連続3日間
販売価格大人14,300円(ネット価格)

フリーエリア JR九州全線(快速・普通)

旅名人の九州満喫きっぷ(九州全鉄道線)

フリーパス 通年 利用当日購入可

九州エリアの全16社の鉄道の普通・快速列車が3回(または3人で1回)乗り降り自由になるフリーきっぷで、青春18きっぷの九州エリア版と思えば分かりやすいと思います。

販売場所JR九州みどりの窓口
販売期間通年
有効期間通年
販売価格11,000円
※子供用はありません

フリーエリア 九州全域鉄道線

SUNQパス(全九州+下関版)

フリーパス 通年 利用当日購入可

九州全域(沖縄県除く)と下関の高速バス・市内路線バス・船舶が乗り降り自由になるフリーきっぷで、3日間用と4日間用があります。

利用可能路線が約2,400もあるので、詳細はSUNQパスサイトをご覧ください。

販売場所SUNQパス」・バス事業者窓口
販売期間通年
有効期間通年の連続3日間または連続4日間
販売価格3日間 11,000円 4日間 14,000円

フリーエリア 全九州・下関エリアのバス全線

SUNQパス(北部九州+下関版)

フリーパス 通年 利用当日購入可

北部九州県内(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本)と下関の高速バス・市内路線バス・船舶が乗り降り自由になるフリーきっぷで、連続3日間乗り降り自由になります。

販売場所SUNQパス」・バス事業者窓口
販売期間通年
有効期間通年の連続3日間
販売価格9,000円

フリーエリア 北部九州県内バス全線

SUNQパス(南九州版)

フリーパス 通年 利用当日購入可

南九州県内(熊本・宮崎・鹿児島)の高速バス・市内路線バス・船舶が乗り降り自由になるフリーきっぷで、連続3日間乗り降り自由になります。

販売場所SUNQパス」・バス事業者窓口
販売期間通年
有効期間通年の連続3日間
販売価格8,000円

フリーエリア 南九州県内バス(熊本・宮崎・鹿児島)

JALどこかにマイルオプション

フリーパス 通年 事前購入

JALマイレージバンクよりJALマイルとJR九州のフリーパス(北九州・湯布院別府・西九州)の3種類を選択して交換できます。

また、九州新幹線を含む全九州フリーきっぷとの交換もでき、交換できるマイル数は2,000マイルからあり、フリーエリアや利用日数によって異なります。

販売場所JALマイレージバンク
販売期間通年
有効期間通年
販売価格最低2,000マイル~
フリーエリア引き換えたフリーパスによる
九州、沖縄エリア・フリーパス

販売終了になったフリーきっぷ

みんなの九州きっぷ

フリーパス 2022年5月29日まで 3日前まで販売

JR九州の新幹線・特急を含む全線が土日祝の連続2日間、乗り降り自由となるフリーきっぷで、普通車指定席も6回まで利用できるお得なフリーパスです。

九州全エリア版と北部九州版(博多~熊本)の2種類あります。

さらに、JR九州の「ハロー!自由時間クラブ」会員ならば、利用制限の土日祝がなくなり平日も含めていつでも利用できる「みんなの九州(ハロー!会員限定用)」も選ぶことができます。

販売場所JR九州ネット予約限定
販売期間2022年3月25日~2022年5月25日
有効期間2022年4月2日~2022年5月29日
連続2日間
販売価格大人8,000円~

フリーエリア

  • 北部九州版 九州新幹線(博多〜熊本間)と⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む豊肥本線以北のJR九州全線・⿅児島本線(熊本〜宇⼟間)・三⾓線全線(宇⼟〜三⾓間)
  • 九州全域版 九州新幹線全線と⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含むJR九州全線
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次