スポンサーリンク

高速道路ETCフリーパス

東部湯の丸サービスエリアフリーパス
2019年10月撮影

フリーパスと言えば鉄道・バスの乗り放題を思い浮かべるのが一般的ですが、高速道路にもフリーパスが存在します。

とは言え、ここ数年で始まった気がしますのでまだまだ認知度が少ないのが現状なので、実際に利用した時の体験談と高速道路ETCフリーパスをまとめました。

スポンサーリンク

ETCフリーパスの特徴

高速道路が乗り降り自由となる画期的な高速道路版のフリーパスですが、現金やクレジットカード張りには対応していません。

大前提としてETC利用時のみで、事前申し込みが必要です。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

事前申し込みって面倒って思いましたが、鉄道のフリーパスも当日購入不可で前日までの販売ってあるので、実際のところ変わらない。

また、鉄道やバスのように通年販売の高速道路ETCフリーパスは販売されていませんので、全てが期間限定となっています。

そして、この高速道路ETCフリーパスはNEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本各社が取り扱っていますが、名称がバラバラなので統一してくれれば分かりやすいのですが・・・

  • ドラぷら」NEXCO東日本(北海道・東北・関東・甲信越)
  • 「 速旅 」NEXCO中日本(三重・北陸・信州)
  • みち旅 」NEXCO西日本(関西・中国・四国・九州・沖縄)
  • ETCホームページ

このようにバラバラですが、ホームページを見た限りは上手にリンクされているので使う時に苦労はしませんが、それぞれに登録が必要になるのがちょっと面倒でした。

スポンサーリンク

各エリア高速道路ETCフリーパス

北海道冬トクふりーぱす

ドラ割「北海道冬トクふりーぱす」は、道北・道東・道南の3つのプランから1つ選ぶことができて、平日・休日にかかわらず対象期間中の連続する2日間または3日間、各プランの周遊エリア内の高速道路が乗り降り自由になるETC専用フリーパスです。

販売場所 ドラ割ホームページ

販売期間 期間限定 2019年12月6日~2020年4月6日

有効期間 販売期間と同じで当日購入可能

販売価格 道北・道東・道南各エリア共通で1日だけの利用も可

種類2日間用3日間用
普通自動車用6,100円7,100円
軽自動車用4,900円5,700円
フリーエリア
道北プランフリーエリア
道北プランフリーエリア
道南プランフリーエリア
道南プランフリーエリア
道東プランフリーエリア
道東プランフリーエリア

参照サイト ドラ割 北海道冬トクフリーパス

ウィンターパス2020

首都圏・仙台・新潟・北陸の各エリア発着でゲレンデまでの往復高速道路代とリフトと宿泊料金が割引になるETC専用・高速道路版の往復乗車券です。

販売場所 ドラ割ホームページ

販売期間 期間限定 2019年12月6日~2020年4月6日

有効期間 販売期間の連続3日間で当日購入可

販売価格 発着地や目的のスキー場により異なるので、ウィンターパス2020公式サイト参照

フリーエリア フリーエリアは無く、往復割引です

参照サイト ドラ割 ウィンターパス2020

千葉県南房総観光応援フリーパス

台風の被害が大きかった千葉県の南房総エリアの復興応援フリーパスで、ETC専用で高速道路が差連続2日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。

販売場所 ドラ割ホームページ

販売期間 期間限定 2019年11月29日~2020年4月6日

有効期間 販売期間の連続2日間で当日購入可

販売価格 普通車 2,800円 軽自動車 2,200円

フリーエリア
南房総観光応援フリーパス
南房総観光応援フリーパス

参照サイト ドラ割 南房総観光応援フリーパス

新潟観光ドライブパス

新潟県・北信濃・会津エリアの高速道路が乗り降り自由になるフリーパスや、関東・北陸方面から新潟県までの1往復+新潟県内が乗り降り自由になるフリーパスがあり、新潟エリア周遊フリーパスもあります。

販売場所 ドラ割ホームページ

販売期間 期間限定 2019年7月1日~2019年12月5日

有効期間 販売期間の連続2日間または連続3日間で当日購入可

販売価格 フリーエリア

新潟・北信濃・会津周遊プラン週末2日間用全日3日間用
軽自動車用4,500円6,000円
普通自動車用5,700円7,500円
新潟・北信濃・会津周遊プランフリーエリア
新潟周遊プラン(首都圏発着)首都圏発着川越-花園発着
軽自動車用8,600円7,800円
普通自動車用10,800円9,800円
新潟周遊プラン(北陸発着)金沢西-小杉発着富山西-朝日発着
軽自動車用7,700円6,000円
普通自動車用9,700円7,500円
新潟周遊レンタカープラン2日間用3日間用
軽自動車用3,700円4,400円
普通自動車用4,700円5,600円

※レンタカー代別途

新潟フリーパス

参照サイト ドラ割 新潟観光ドライブパス

信州めぐりフリーパス

長野県内の高速道路がETC限定で2日間または3日間乗り降り自由となるフリーパスです。

販売場所 速旅(はやたび)ホームページ

販売期間 期間限定 2019年5月8日~2019年11月25日

有効期間 販売期間の連続2日間または連続3日間で当日購入可

販売価格
プラン軽自動車普通自動車
2日間3日間2日間3日間
首都圏発着プラン6,500円7,500円8,500円9,500円
名古屋発着プラン7,500円8,500円9,500円10,500円
静岡発着プラン7,500円8,500円9,500円10,500円
周遊プラン4,500円5,500円
フリーエリア
信州めぐりフリーパス
画像クリックで拡大します

参照サイト ドラ割 信州めぐりフリーパスパンフレット

東北観光フリーパス

ETC専用で東北エリアの高速道路が連続2日間または連続3日間乗り降り自由となるフリーパスで、「東北6県周遊プラン」、「北東北周遊プラン」、「南東北周遊プラン」、「東北中央道開通記念プラン」の4種類から選ぶことができます。

販売場所 ドラ割ホームページ

販売期間 期間限定 2019年4月5日~2019年12月25日

有効期間 販売期間の連続2日間または連続3日間で当日購入可

販売価格
プラン軽自動車普通自動車
2日間3日間2日間3日間
東北6県周遊プラン6,000円7,500円8,000円10,500円
北東北周遊プラン5,500円7,000円7,000円8,500円
南東北周遊プラン4,500円6,000円6,000円7,500円
東北中央道開通記念プラン3,000円3,800円3,900円4,900円
フリーエリア
東北6県周遊プランフリーエリア
各エリアフリーエリア

参照サイト ドラ割 東北観光フリーパス

東名高速道路全線開通50周年記念

首都圏発着または中京圏発着で東名・新東名の周遊エリアへの1往復と、周遊エリアが連続3日間乗り降り自由となるETC専用の高速道路フリーパスで、出発日の指定のない「全日」はお買物券5,000円分が付与、「金土日祝」出発限定はお買物券2,000円付与の違いです。

販売場所 速旅ホームページ

販売期間 期間限定 2019年4月1日~2020年3月31日

有効期間 販売期間の連続3日間で利用前日購入可

販売価格
フリーパス軽自動車普通自動車
全日用13,000円15,000円
金土祝日用10,000円12,000円
フリーエリア
東名高速道路開通50周年記念フリーパス
中京圏発着エリアと周遊エリア
東名高速道路開通50周年フリーパス
首都圏発着エリアと周遊エリア

参照サイト 速旅 東名高速道路開通50周年記念

【速旅・三重県版】SA・PAお買物券付きドライブプラン

三重県内全域または三重県南部エリア限定で周遊エリアがETC限定で高速道路が乗り降り自由となるフリーきっぷで、サービスエリアでのお買物券が3,000円分付いています。

販売場所 速旅ホームページ

販売期間 期間限定 2019年6月5日~2020年4月26日

有効期間 販売期間の連続2日間または連続3日間で利用前日まで購入可

下記期間は利用不可

2019年12月26日~2020年1月5日(年末年始)

販売価格 お買物券3,000円分共通

三重県版軽自動車普通自動車
三重県周遊2日間6,200円7,200円
三重県周遊3日間7,200円8,200円
南部周遊2日間5,500円6,100円
フリーエリア
SA・PA三重県版高速道路フリーエリア
SA・PA三重県版高速道路フリーエリア

参照サイト  速旅 SAPA三重県版

旅先のフリーきっぷを探す

東 北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
甲信越・北陸 新潟 山梨 長野 石川 富山 福井
東 海 愛知 岐阜 三重 静岡
関 西 大阪 京都 兵庫 奈良 滋賀 和歌山

旅はお得にフリーパスの活用術をマスターする」を目標に趣味の旅行を楽しんでいて、観光スポットへ出かけるならばご当地の美味しいものを食べたいと思いませんか?

でもお金の余裕があればいいのですが、そうもいきませんので移動手段は少しでも節約しないといけません。

そこで、フリーパスや鉄道会社・バス会社が発行する企画きっぷなどを活用して、お得に旅を満喫してみませんか?

コメント