スポンサーリンク

印刷範囲を指定して印刷する

印刷範囲を指定するExcel-VBA

表などを印刷する時は、印刷範囲が決まっていることが多いので、わざわざ印刷プレビューで確認したり、プリンターの設定確認をするのは面倒ですね。

そこで予め印刷範囲などをVBAコードで記述しておくことで、無駄な手間が省けて仕事作業効率化しますよ。

スポンサーリンク

Range+PrintOutで印刷範囲を指定

ユーザーフォームに配置したコマンドボタンに下記のようなVBAコードで、印刷範囲(シート1のA1~I20)を指定して印刷することが可能です。

VBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
Worksheets(“Sheet1”).Range(“A1:I20”).PrintOut
End Sub

解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. シート1のセルA1~I20の範囲を印刷する
  3. マクロ記録終了

このままでも十分ですが、せっかくユーザーフォームを使うならば、もう少しアレンジしましょう。

Excel-VBAもくじへ

コメント