日光三名瀑で紅葉名所の東武日光駅から竜頭の滝へ

日光紅葉名所竜頭の滝 日光観光
スポンサーリンク

9月下旬から10月下旬になると奥日光では紅葉の見頃シーズンとなり、土日ともなると日光いろは坂は大渋滞になるほど人気スポットなのは昔も今も変わりませんね。

特にここ数年、訪日外国人観光客にも日光観光は人気スポットになっているので、昔よりも混雑している気がします。

なぜなら日光観光へ毎年訪れることを楽しみにしているので、なるべく空いている時間帯に名所へ行き、混雑してくる時間帯には比較的空いている場所へ移動するようにできるようになりました。

同じ日光観光で紅葉を見に行くならば、人が少ない方が写真も撮りやすいし、何よりも時間が節約できますからね。

そこで今回は、電車とバスで東京から約3時間、車で約2時間半で日光の紅葉の名所で三名瀑の竜頭の滝へ行ってきましたので、参考になったら幸いです。

動画は2018年10月12日撮影

日光の紅葉の名所で三名瀑の竜頭の滝

日光の滝といえば、華厳の滝が一番有名ですが、紅葉と滝が見事に綺麗に写真を釣ることができるのは竜頭の滝と言われていますね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

プロ仕様のカメラは撮れるのかな?

華厳の滝は大きすぎてフレームに普通のカメラじゃ収まらないですもんね。

竜頭の滝へのアクセス

【電車・バス】

最寄り駅

最寄り駅はJR日光駅または東武日光駅で、JR利用ならば東京駅から宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き、日光線の乗り換えて終点日光駅へ約2時間45分の電車旅です。

東北新幹線を利用して日光へ行った事はありませんが、料金が2倍なのに時間は半分にならず、1時間短縮できるぐらいの1時間45分ぐらいかかります。

電車利用ならば、東武特急を利用して行くことが快適でお得なので、こちらを普段利用しています。

時間は新幹線利用とあまり変わらない約2時間で、料金は半分。

JRの普通運賃とほぼ同じで東武特急に乗れてしまうのと、日光フリーパスを利用すれば、さらにお得になってしまうのです。

東武日光駅からバス

東武日光駅からは、湯元温泉行きバスへ乗り、竜頭の滝バス停まで約60分。

バス停から徒歩5分で竜頭の滝へ到着します。

東武鉄道発売の「まるごと日光・東武フリーパス」を利用すれば、バス料金は振りパスエリア内なので乗り放題です。

マイカー利用

東北自動車道・宇都宮ICから日光道へ入り終点の清滝ICから国道120号で約2時間半で高速代4500円ぐらいです。

竜頭の滝周辺に駐車場はありますが、紅葉シーズンは駐車場待ちで30分ぐらい覚悟が必要ですよ。

無料の駐車場や、有料の駐車場と様々りますが紅葉シーズンは車で行かないようにしています。

マイカーで行くならば、どこか1か所ピンポイントで夕方がおススメです。

同じ渋滞でも駐車場を探す時間などでバスの方が早いということを経験してしまったからで、中禅寺湖畔を散歩ついで歩くこともできるので、車より快適で早く気持ちいいですよ!

滞在時間目安・料金

訪れたのは、平日の10月21日16:00頃で、みんなが帰る時間帯に竜頭の滝へ行きました。

この時間では、日が暮れるまで1時間ぐらいしかありませんが、竜頭の滝ピンポイントならば、周辺を散策しても充分紅葉を楽しめます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

そして夕方の方が紅葉がより綺麗に見えますよ!

この時間帯ならば、平日でも混雑しているのですが、先ほども書いた通り、みんなが帰る時間帯なので、いろは坂上りはガラガラで宇都宮方面は渋滞しています。

こんな時間帯なので駐車場も竜頭の滝隣接の駐車場が無料で利用できますし、人も少なくなってきているので、写真も撮りやすくなります。

マイカーで行く時は先に湯元温泉の方へ行き、夕方頃中禅寺湖周辺に行く方がおススメです。

そうでない時は、「まるごと日光・東武フリーパス」を利用して、マイカーは使わない方がいいと思います。

往復料金(参考)
JR利用(東京-日光)5,184円
新幹線利用10,120円
東武線利用(浅草-東武日光)2,716円
東武特急利用4,776円
まるごと日光・東武フリーパス利用+特急料金6,580円

※東武特急は利用時間・曜日により特急料金が異なります。

日光バス料金
日光-竜頭の滝2,800円
湯元温泉フリーパス3,000円
戦場ヶ原フリーパス2,650円

※フリーパスは2日間有効

※まるごと日光・東武フリーパスにはバス料金が含まれています。

奥日光三名瀑「竜頭の滝」の紅葉

訪れたのは、平日の10月21日16:00頃です。

竜頭の滝入口

日光三名瀑の一つとされる奥日光を代表する滝で、竜頭の茶屋から撮影しました。

竜頭の滝散策1

竜頭の滝茶屋右側から散策コースを歩いて竜頭の滝上流へ向かうことができます。

竜頭の滝から中禅寺湖

10分程竜頭の滝散策コースを川沿いに、上り坂や階段を歩けば国道の橋にたどり着きます。

紅葉の間を流れる川と奥に見える中禅寺湖を一望できます。

トップ画像と一緒になりますが、竜頭の茶屋にある正面の観瀑台からの眺めは絶景です。

日光紅葉名所竜頭の滝

ここ竜頭の茶屋では食事やお土産を扱っていますよ。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

観瀑台は無料で利用できました。

体験済み紅葉スポット

北陸新幹線開通で日帰り旅行が可能になった!

黒部峡谷の大自然と絶景をトロッコ電車で触れる旅
紅葉とエメラルドグリーンのダム湖や川が見られる黒部峡谷。トロッコで直接大自然を触れ合える場所へ北陸新幹線開通で日帰りでも行けるようになったので新幹線乗車目的と合わせて現実逃避の旅かな?運が良ければ野生の猿にも出会えます。

今度の休みはどこへ出かけますか?意外と掲載されていない観光スポットの滞在時間。

意外と掲載されていない観光スポットの滞在時間
今度の休日はどこへ行かれますか?意外と掲載されていないのが、観光地のおおよその滞在時間。混雑状況や人それぞれ見るポイントが違うので、一概に何分って書けないのは当然なのですが、目安は欲しいので実際に訪れた観光スポットの滞在時間を書き出してみました。

スポンサーリンク


コメント