スポンサーリンク

湯滝は奥日光三名瀑の中で一番目の前で滝壺が見られる

奥日光・湯滝日光観光

9月下旬から10月下旬になると奥日光では紅葉の見頃シーズンとなり、土日ともなると日光いろは坂は大渋滞になるほど人気スポットなのは昔も今も変わりませんね。

特にここ数年、訪日外国人観光客にも日光観光は人気スポットになっているので、昔よりも混雑している気がします。

なぜなら日光観光へ毎年訪れることを楽しみにしているので、なるべく空いている時間帯に名所へ行き、混雑してくる時間帯には比較的空いている場所へ移動するようにできるようになりました。

同じ日光観光で紅葉を見に行くならば、人が少ない方が写真も撮りやすいし、何よりも時間が節約できますからね。

そこで今回は、夜が明ける前の早朝に車で出発して東京から約2時間かけて、7年ぶりに出現した幻の小田代湖を見に行き、近くの奥日光三名瀑で有名な湯滝にも行ってきましたので、参考になったら幸いです。

奥日光の幻の湖・小田代湖が7年ぶりに出現
小田代湖は雨量にもよるけれど1週間ぐらい見られればいいほうで、早ければ2・3日で消えてなくなってしまいます。今回は7年ぶりとテレビでのニュースになるぐらい珍しい光景なので、訪れてみました。
スポンサーリンク

奥日光三名瀑の湯滝

奥日光の戦場ヶ原からハイキングロードを歩くと途中に位置する湯滝。

湯ノ湖から滝の側面に遊歩道が整備されていて、滝沿いを歩くことができます。

高さ70m・長さ110mの湯滝の遊歩道なので当然階段があります。

数えてみたら距離400mを380段ほどある階段なので、足がパンパンになりますよ!

水の落ちる轟音と景色をのんびり見ながらゆっくり歩くことが大事かな。

奥日光・湯滝へのアクセス

【電車】

最寄り駅

最寄り駅はJR日光駅または東武日光駅で、JR利用ならば東京駅から宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き、日光線の乗り換えて終点日光駅へ約2時間45分の電車旅です。

東北新幹線を利用して日光へ行った事はありませんが、料金が2倍なのに時間は半分にならず、1時間短縮できるぐらいの1時間45分ぐらいかかります。

電車利用ならば、東武特急を利用して行くことが快適でお得なので、こちらを普段利用しています。

時間は新幹線利用とあまり変わらない約2時間で、料金は半分。

JRの普通運賃とほぼ同じで東武特急に乗れてしまうのと、日光フリーパスを利用すれば、さらにお得になってしまうのです。

東武日光駅からバス

東武日光駅からは、「湯元温泉」行きバスへ乗り「湯滝入口」バス停(約80分)で下車して、徒歩5分ぐらいです。

東武鉄道発売の「まるごと日光・東武フリーパス」を利用すれば、東武日光駅から湯滝入口までのバス料金はフリーパスエリア内なので乗り放題です。

10月の紅葉シーズンは大混雑します。バスの時間は渋滞であてになりません!
マイカー利用

東北自動車道・宇都宮ICから日光道へ入り終点の清滝ICから国道120号で約2時間半で高速代4500円ぐらいです。

10月の紅葉シーズンは平日でも日光駅周辺は渋滞、いろは坂の明智平付近も渋滞、中禅寺湖付近から断続的に国道120号線は各駐車場待ちの渋滞と、全く時間が読めません。

平日でも10時ぐらいからは駐車場待ちの渋滞がところどころ発生しています。

その為に今回早朝に出発して、明智平に到着したのは朝7:00だったので渋滞無しで到着できました。

滞在時間目安・料金

訪れたのは平日の10月12日11:30頃で小田代湖を見た後でしたが、湯滝駐車場(500円)は満車で入場待ち。

仕方なく通り過ぎて、湯ノ湖の脇に数台止められるスペースがあるので、そこに車を止めました。

数えはしなかったのですが、6台か7台は止めてありました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

もちろん駐車場とは書いていないので無料で止められましたよ

滞在時間は約60分、そのうち湯ノ湖で20分過ごし、湯滝沿いにある遊歩道を下り10分程で湯滝へ到着。

湯滝で15分程過ごして再び遊歩道を今度は登り、380段の階段を上り切った頃には足にきました。

本来ならばこのままハイキングロードを歩き、戦場ヶ原を通って赤沼へのんびりハイキングが最高なのですが、前日の夜から8時過ぎまで雨が降っていたのでハイキングは諦めました。

奥日光・湯ノ湖

湯ノ湖と紅葉

奥日光の日光湯元温泉付近にある湯ノ湖は、噴火で湯川がせき止められてできた湖で、見た感じそんなに大きくはありません。

湯ノ湖周遊ハイキングロード

湯ノ湖の周囲には遊歩道がありましたが、数時間前まで雨が降っていたので足元がぬかるんでいるところがあったので、途中までしか行きませんでしたがぐるっと一周回れそうになっていました。

湯ノ湖周遊ハイキングロードのもみじ

紅葉ももう少し楽しめそうなので、10月末までで天気がいい日にぜひゆっくり歩きたいですね。

奥日光・湯滝

奥日光・湯滝

湯ノ湖から側面の遊歩道を歩けるようになっていて、湯滝の滝つぼの目の前まで行くことができます。

高さは70m・長さ110mあり、奥日光三名瀑のひとつで、残り2つは華厳の滝と竜頭の滝です。

日光三名瀑で紅葉名所の東武日光駅から竜頭の滝へ
紅葉の名所と言えば日光の竜頭の滝が有名ですが、大渋滞と大混雑で駐車場に車を止めるのも一苦労。こんな時でも時間帯をちょっとずらすだけで、渋滞も混雑も驚くほど解放されます。ゆっくり自由に紅葉を楽しむ時間帯

湯滝へ行くならば、天気のいい日に赤沼からハイキングロードを歩き、戦場ヶ原を通って湯滝へ行くのが一番気持ちいいものですよ。

夏に一度訪れた時は、猛暑の東京と比べるとなんだか涼しく感じましたので避暑地観光って感じです。

スポンサーリンク

日光は観光スポットだらけ次はどこへ観光されますか?

日光三名瀑で紅葉名所の東武日光駅から竜頭の滝へ
紅葉の名所と言えば日光の竜頭の滝が有名ですが、大渋滞と大混雑で駐車場に車を止めるのも一苦労。こんな時でも時間帯をちょっとずらすだけで、渋滞も混雑も驚くほど解放されます。ゆっくり自由に紅葉を楽しむ時間帯
奥日光の幻の湖・小田代湖が7年ぶりに出現
小田代湖は雨量にもよるけれど1週間ぐらい見られればいいほうで、早ければ2・3日で消えてなくなってしまいます。今回は7年ぶりとテレビでのニュースになるぐらい珍しい光景なので、訪れてみました。

スポンサーリンク


コメント