大晦日終夜運転と年末年始の運行情報まとめ

雲場池へバスで軽井沢駅から紅葉絶景観光スポットへ滞在時間50分

軽井沢雲場池

 【紅葉見頃】
10月中旬~11月中旬

避暑地軽井沢は実は紅葉も綺麗に見られる観光スポットでも知られ、紅葉名所の雲場池は軽井沢駅から1.3㎞程なので徒歩でも行けますし、車で訪れたらならば無料駐車場と有料駐車場がそれぞれ雲場池から徒歩5分程の場所に完備されています。

今回はETCフリーパスを利用して白馬岩岳の「三段紅葉」を見た帰りに、軽井沢に立ち寄って訪れた紅葉名所「雲場池」の感想をご紹介します。

目次

水面に反射した紅葉を見に軽井沢雲場池へ

スワンレイクの異名を持つ雲場池

軽井沢紅葉雲場池入口

入口を入ってすぐ奥まで続く池の周りが紅葉しているのが見られ、湖面に反射した姿がみられます。

訪れたのは2019年10月31日、平日の16:00でしたが実は画面の右側には多くの訪日外国人を含めてとにかく人が多かったです。

それもそのはず、軽井沢雲場池は超有名紅葉スポットになっていて、軽井沢に紅葉を見に行ったら絶対に外せない紅葉スポットになっています。

軽井沢雲場池水面反射
入って左奥の遊歩道から撮影

水面に反射した紅葉が見られる絶景!スワンレイクという異名はここから来るのかな?夕方でしたがまだ晴天だったので、水面に映り込んで反射する紅葉がとても綺麗でした。

雲場池沿いに遊歩道が整備されおおよそ300mほどあり、ところどころ水面に反射する撮影スポットがあり、全く撮影スポットが分からなくても、ところどころ並んでいる人がいつのですぐにここが撮影スポットだと分かりますよ。

雲場池遊歩道から
遊歩道から並んで撮った1枚

遊歩道は途中まではすれ違うのに余裕があるほど、広々して歩きやすいのですが、途中から細くなりごつごつした所や水たまりやぬかるんだ場所もあったので、運動靴が必須です。

雲場池遊歩道を写真を撮りながら20分程歩くと、閉まっていましたがカフェがあり池の幅も細くなってきて木橋を渡り雲場池の奥まで来た感じがしました。

雲場池カフェ周辺

水草の緑と紅葉の赤・黄色と空の青のコントラストをぜひ堪能してください。

軽井沢雲場池滞在時間

雲場池有料駐車場から雲場池まで約3分程歩くと到着します。

そして写真を撮りながら雲場池沿いの遊歩道を歩いて紅葉を楽しみながらぐるっと回って戻ってきたら45分経っていましたので、軽井沢雲場池滞在時間50分でした。

1時間半ぐらい時間があれば軽井沢駅から徒歩で行って帰ってくることができる観光スポットです。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
満足
波乗りアヒル

訪れた満足度は、涼しいを通り過ぎて少し夕方は寒く感じましたが、紅葉の美しさはぜひお薦めしたいです!

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】JR北陸新幹線・軽井沢駅

東京駅から上野東京ライン高崎線で高崎駅まで行き、JR信越本線に乗り換えて横川駅まで約2時間30分・2,310円で行くことができ、JRバスに乗り換えて約35分・520円で軽井沢駅に到着します。

または、北陸新幹線利用ならば約1時間・特急券込みで5,490円で行くことができます。

【路線バス】町内バス/西武バス・野沢原バス停

JR軽井沢駅北口から路線バスが3系統あり、軽井沢町循環バス(東・南回り)、西武バスの鬼押し出し園線、黒橋線が利用でき、野沢原バス停で下車します。

西武バスの万座バスターミナル行き利用ならば約5分・220円、軽井沢町内循環バス利用ならば約7分・100円です。

ちなみに、横川駅からのジェイアールバスは軽井沢駅の南口ロータリーに到着しますので、旧軽井沢などは駅の反対側北口バス乗り場へ移動が必要です。

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京駅から首都高・外環道・関越自動車道を通り、上信越自動車道・碓氷軽井沢IC下車するルートで、東京から約180㎞・2時間30分程・高速代5,000円程で、雲場池へ行くことができます。

雲場池基本情報

住所長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイト雲場池(軽井沢町)
駅からバス軽井沢駅からバス路線利用可

駐車場

訪れた時は夕方16:00頃でしたが、雲場池まで5分ちょっと歩く無料駐車場は満車で、細い道を観光客の間を縫うように運転しなくてはいけないので、あまりお勧めはしません。

有料駐車場は200台分ほどあり1日900円と安くはありませんが、200mと近くて観光バスも駐車できるほど広いので運転しやすかったです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次