紅葉の日光戦場ヶ原へバスで中禅寺湖から滞在時間100分

奥日光戦場ヶ原日光観光
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

スポンサーリンク

夏は避暑地・秋は紅葉ハイキングで戦場ヶ原散策

紅葉見頃 10月上旬~10月中旬

9月下旬から10月下旬になると奥日光では紅葉の見頃シーズンとなり、土日ともなると日光いろは坂は大渋滞になるほど人気スポットなのは昔も今も変わりませんね。

特にここ数年、訪日外国人観光客にも日光観光は人気スポットになっているので、昔よりも混雑している気がします。

秋晴れの日、竜頭の滝や華厳の滝は人気観光スポットで大混雑していましたので、少しでも人の少なそうな、戦場ヶ原のハイキングコースを歩いてきましたので、参考にしていただければ幸いです。

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR日光線の日光駅または東武日光線の東武日光駅で下車します。

JR日光駅ルート

東京駅から上野東京ライン宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き、日光線に乗り換えて日光駅へ約3時間・2,640円のルートです。

宇都宮駅まで東北新幹線利用ならば、1時間20分・5,150円で行くことができます。

東武スカイツリーラインルート

浅草から東武スカイツリーラインで南栗橋駅へ行き、接続する東武日光線に乗り換えて東武日光駅へ約3時間・1,390円のルートです。

さらに東武特急リバティーを利用すれば、乗り換えなしで約2時間・2,860円で行くこともできますので、JRルートの半額で行くこともできるし、ほぼ同額で快適な特急利用で約半分の時間で行くことができますよ。

JR日光駅・東武日光駅からバス

戦場ヶ原展望台の最寄りのバス停は「三本松」バス停で100mぐらいですぐにたどり着きますが、見て終わりよりも戦場ヶ原の横にあるハイキングコース「てくてく歩道」という、整備されたハイキング遊歩道を歩くのには、三本松バス停の手前の「赤沼」バス停を下車(約60分・1,550円)してすぐ「てくてく歩道」入口があります。

また、ここ赤沼からは低公害バスが発着していて「小田代ヶ原」への玄関口ともなっています。

東武鉄道発売の「まるごと日光・東武フリーパス」を利用すれば、東武日光駅から赤沼までのバス料金はフリーパスエリア内なので乗り放題です。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

10月の紅葉シーズンは大混雑しますのでバスの時間は渋滞で全くあてになりません!

特に土日の11:00~16:00の時間帯は避けた方が良いですよ、どこも見ることができずに終わってしまう事があります。

マイカー

東北自動車道・宇都宮ICより日光道へ入り、清滝ICより国道120号経由で20㎞・50分程で赤沼自然情報センターへ行くルートで、東京から約2時間50分(約190㎞)で到着します。

料金は片道4,500円程で駐車場は無料です。

10月の紅葉シーズンは平日でも日光駅周辺は渋滞、いろは坂の明智平付近も渋滞、中禅寺湖付近から断続的に国道120号線は各駐車場待ちの渋滞と、全く時間が読めません。

2020年戦場ヶ原紅葉まつり

紅葉まつりもライトアップもありません。

住所栃木県日光市中宮祠
営業時間いつでも可
入場料無料
公式サイト日光自然博物館
駅からバス日光・東武日光駅からバス路線利用可

滞在時間目安・料金

戦場ヶ原を訪れたのは2018年9月29日13:30頃で、平日にもかかわらずバスは満員でかなり混雑していましたし、車も多くノロノロ運転状態でした。

ちょっとふらっと散策って感じでしたので、赤沼バス停にある「てくてく歩道」からハイキングを始めて戦場ヶ原の横を歩き、湯滝まで行って湯滝に着いたのが15:10過ぎだったので戦場ヶ原滞在時間100分というより歩いた時間ですね。

もちろん戦場ヶ原のハイキングは無料ですよ。

スポンサーリンク

避暑地には遅く紅葉には早い9月末の戦場ヶ原の体験談

戦場ヶ原ハイキングマップ

東武日光駅からいろは坂を登り中禅寺湖を通って、「赤沼」バス停まで約60分なのですが、観光客が多すぎて渋滞は運よく巻き込まれなかったのですが、乗降に時間がかかり20分遅れの80分もかかってしまいました。

そして赤沼バス停を降りたら一旦道路を横断して100メートルぐらい奥に歩いて「赤沼自然情報センター」へ必ず立ち寄る事をおススメします。

赤沼自然情報センター
赤沼自然情報センター

ここ赤沼自然情報センターではハイキングの情報などが得られ、トイレや飲料などもありますし、戦場ヶ原のハイキング遊歩道にはトイレも自動販売機も無いので、準備をしてから戦場ヶ原へ行きましょう。

ちなみにマイカーで訪れた時は、駐車場が無料で利用できるのでやはりハイキングの拠点となりますよ。

準備が整ったらバス停まで戻り戦場ヶ原へハイキングに行きましょう。

戦場ヶ原てくてく歩道
戦場ヶ原日光てくてく歩道入口

赤沼バス停からすぐに戦場ヶ原ハイキングを楽しめる「日光てくてく歩道」があり、整備されているので歩きやすく、普通の運動靴で自然の中を歩いて行ける戦場ヶ原はとても気持ちがよかったです。

戦場ヶ原遊歩道脇の小川
戦場ヶ原遊歩道脇の小川

森林の中を歩いて行くと、時々ひらけた景色が飛び込んできますが、9月末ではまだ紅葉はちょっと早かったのが分かりますよね。

戦場ヶ原ハイキングロード

日光てくてく歩道を歩き始めて15分程で、突然左側に戦場ヶ原の黄緑色の大草原が現れ、秋晴れと一緒になると待ち受け画像にしたくなる景色が見られます。

戦場ヶ原
戦場ヶ原の大草原、写真では表せない広大な景色

しばらく戦場ヶ原の大草原を眺めながら歩いて行くと、再び森の中のハイキングコースになり左側には透明感のある川が流れていて、ちょうど太陽の陽が当たりキラキラして綺麗、そして水がとても冷たい!!

戦場ヶ原の透明感抜群の小川の水
戦場ヶ原の透明感抜群の小川の水

歩き始めて30分、再び森の中を抜けて大草原に撮影スポットがあるので、ちょっと並んでパシャリ📷

この戦場ヶ原の撮影スポットがある展望台までは40分かかると書いてありましたが、10分短い30分で到着できました。

写真を撮りながら歩いたので、急いだ気はしませんでしたが早く着いたようです。

奥日光戦場ヶ原
晴天の景色が30分歩いたのを忘れる

右に戦場ヶ原の大草原、左はすすきの穂が立ち並び、遠くに白根山なのかな?山々がそびえて大自然を歩いている感じがしてとっても気持ちいいです。

戦場ヶ原のすすき
戦場ヶ原のすすきと山並み

戦場ヶ原の遊歩道を更に歩くと再び森の中になりました。

戦場ヶ原2
戦場ヶ原展望台を進むと再び森と川

30分程歩くとバス通りへ戻る道とさらに奥の「奥日光三名瀑・湯滝」へ行く分から道にたどり着き、このままバス通り方向へくと20分程で「光徳入口」バス停へ行くことができます。

歩き始めてからちょうど60分、時刻はまだ14:40だったので、もう少し歩いて湯滝を目指して歩きました。

戦場ヶ原から小滝へ

小滝への遊歩道
戦場ヶ原から小滝への遊歩道

分かれ道を湯滝を目指して進むと湯川沿いの遊歩道を進み、川のせせらぎの音がとても心地いい。

15分程歩くと小滝にたどり着きました。

戦場ヶ原の小滝
戦場ヶ原の先にある小滝
日光てくてく歩道先にある小さな滝

ここから一気に上り階段と登り坂、10分昇ると湯滝にたどり着きました。

湯滝から坂を登る事10分ぐらいで湯滝入口バス停に行け、湯元温泉へも赤沼・中禅寺湖方面に戻ることもできます。

森林の中を肌寒い気温でしたが、歩いているうちにちょうどいい体感温度になって、マイナスイオンを浴びながらとてもいいハイキングでしたので、ちょっと紅葉には早かったですが、今度は紅葉に時期に訪れてみたいです。

スポンサーリンク

戦場ヶ原へは日光フリーパスを使わなきゃ損!

日本人はもちろん訪日外国人観光客にも人気があり、平日でも日中はバスが満員になってしまい乗れないこともしばしば起き、オーバーツーリズム状態だった日光も、コロナ禍で訪れやすい観光客数になっていますので、今年はねらい目です。

そして日光へ電車とバスで訪れるならば、JRの「秋の乗り放題パス」でもいいのですが、東武鉄道の「まるごと日光・東武フリーパス」が断然お得です。

浅草から日光までの往復乗車券と日光エリアの東武線と路線バスが4日間も乗り放題なので、戦場ヶ原へ日帰りで単純往復して5,430円なので、フリーパスが4,610円で購入できるので820円お得になります。

赤沼バス停から戦場ヶ原を歩いて湯滝まで約100分だったので、湯滝を見てもまだまだ混雑している人気観光スポットですが、時間はたっぷりあるので中禅寺湖・華厳の滝・小田代ヶ原と時間のある限り観光して、バスを乗り降りしても料金は同じなので、東武線を最初に乗る駅窓口で購入しましょう。

日光に行く時は渋滞避けたら快適だったので、いつも利用させてもらっている日光フリーパスを使った感想や体験談はコチラをご覧くださいませ。

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント