日光フリーパスを使ってお得な日光観光へ

小田代湖 フリーパス
スポンサーリンク

日光東照宮を筆頭に華厳の滝など世界遺産や観光スポットがたくさんある日光観光を楽しんでいる方は多くて、夏は涼しく秋は紅葉そして、ハイキングなども人気ですよね。

日光へ行くには鉄道を利用するかマイカーで行くか迷う方も多いと思いますが、紅葉の見頃となる10月は大渋滞。

運が悪ければ、いろは坂登る前の清滝ICぐらいから延々と渋滞なんて経験がありますね。

渋滞回避するならば、朝8時ぐらいまでにはいろは坂登ってしまえば混雑回避できますが、のんびり日光観光楽しむ時は電車・バスを利用しています。

では、お得に日光観光楽しむにはどんな方法があるのでしょうか?

まるごと日光東武フリーパス

まるごと日光東武フリーパスパンフレット

私自身も愛用って言ったら大げさですが、大渋滞必死の10月紅葉が見頃の時期にのんびり日光観光を楽しみたい時は、東武鉄道発行の「まるごと日光東武フリーパス」を利用しています。

なんといっても東武日光駅・JR日光駅から日光観光スポットへ行くのにバスを利用するのですが、基本的に乗り放題。

しかも浅草から日光までの往復乗車券付きで季節によって料金が異なりますが、紅葉シーズンならば浅草からの料金は4,520円で4日間有効なのです。

購入は東武鉄道の各駅窓口や自動券売機で可能ですが、窓口購入すると小冊子が貰えます。

主な駅からの料金

駅名4月~11月利用12月~3月利用
大人子供大人子供
浅草~竹ノ塚、小村井~亀戸、大師前、川俣~東武和泉、4,520円2,280円4,150円2,070円
渡瀬~佐野、成島~小泉町、江戸川台~新鎌ケ谷
谷塚~春日部、久喜~羽生、大宮~運河4,300円2,150円3,940円1,970円
北春日部~和戸、杉戸高野台4,110円2,070円3,760円1,890円
足利市~伊勢崎、堀米~葛生、西小泉、竜舞4,770円2,400円4,400円2,200円
三枚橋~赤城、鎌ケ谷~船橋
幸手~栗橋3,970円1,990円3,660円1,830円
新古河~柳生、東武宇都宮3,860円1,950円3,530円1,770円
板倉東洋大前~藤岡、安塚~南宇都宮3,740円1,890円3,430円1,720円
静和~新大平下、野州大塚~おもちゃのまち3,620円1,820円3,330円1,660円
栃木~新栃木、野州平川3,540円1,780円3,220円1,620円
合戦場~家中3,430円1,740円3,160円1,580円
東武金崎3,330円1,680円3,060円1,540円
楡木~樅山3,270円1,660円3,000円1,500円
新鹿沼3,190円1,600円2,910円1,460円
北鹿沼、鬼怒川公園~新藤原3,120円1,580円2,850円1,440円
板荷~下小代、小佐越~鬼怒川温泉3,040円1,540円2,790円1,400円
明神、大桑~新高徳2,960円1,500円2,710円1,350円
大谷向2,900円1,450円2,650円1,330円

2018年10月15日現在・東武鉄道サイトより引用

上記料金は発駅からの往復乗車券とフリーエリアの料金なので、快適に早く移動したいならば東武特急を利用したいものですよね。

まるごと日光東武フリーパス」に特急券を別途購入すれば、東武特急「リバティ」や「スペーシア」に乗車することができます。

東武特急は乗車する曜日・時間帯により特急料金が異なるので、日光観光する時に料金と時刻を確認する必要があり、浅草~東武日光までの特急料金は下記のようになっています。

  • リバティ     1,440円
  • スペーシア(平日)1,340円
  • スペーシア(休日)1,440円
  • スペーシア(夜割)1,030円

やっぱり最新型車両のリバティーには割引は無いのですね。

詳しい時刻表や列車種別などは東武鉄道サイトで確認してくださいね。

東武鉄道ポータルサイト
東武鉄道ポータルサイト。運行状況、乗り換え・運賃、時刻表検索、路線情報など鉄道情報や、東京スカイツリー・日光・鬼怒川をはじめ東武沿線各地の観光地情報、東武鉄道および東武グループ企業の最新情報をご覧いただけます。

フリーパスエリア

まるごと日光東武フリーパスエリア

まるごと日光東武フリーパス」のバスフリーエリアは日光観光スポットを網羅しています。

これだけ多くの観光スポットがあるので有効期間が4日間というのはありがたいですね。

まるごと日光東武フリーパス」を窓口購入すると、このページでも画像として紹介している小冊子が貰えます。ちなみに2017年7月号です。

この小冊子には、フリーエリア内の地図上でのバス停の案内やバス時刻表、赤沼発着の低公害バス時刻表、東武鉄道(特急含む)時刻表・料金が網羅されていますので、日光観光には重宝しますよ。

さらに提携施設割引も受けられ、お土産の割引可能な対象店舗も掲載されています。

購入特典(提携割引)

東武鉄道サイトには一部しか掲載されていないので、「まるごと日光東武フリーパス」を購入時に貰った小冊子より提携割引を書き出してみました。

割引を受けるには小冊子ではなくフリーパスの提示で割引を受けられました。

小冊子は2017年7月号より記載しましたが、2018年10月も同様の割引を受けられましたが、訪れる際は各自ご確認くださいませ!

特典1

  • 日光自然博物館(20%割引)
  • 明智平ロープウェイ(10%割引)
  • 中禅寺湖機船定期便(10%割引)※4月中旬~11月30日運行
  • 低公害バス(10%割引)
  • 日光霧降スケートセンター(10%割引)
  • 小杉放菴記念日光美術館(10%割引)
  • 大沢牧場(牛乳1杯サービス)※4月1日~11月23日
  • 山のレストラン(チーズケーキ1個サービス)※要食事
  • そば処霧降庵(味噌田楽1本サービス)※要食事
  • 霧降の滝売店(コーヒー1杯サービス)
  • 霧降高原レストハウス1階(コーヒー無料サービス)※4月1日~11月23日

特典2

お土産品店で1,000円以上利用で10%相当の割引になります。※店舗により対象外商品あり

まるごと日光東武フリーパス割引

  • さかえや八汐(東武日光駅前)
  • 東武観光センター日光店(西参道)※冬季休業
  • 冨士屋観光センター(西参道)
  • パノラマレストハウス(明智平)
  • 中禅寺観光センター(中禅寺)
  • レークセンターひたちや(中禅寺)
  • 味処南摩(中禅寺)
  • 日光アストリアホテル(光徳)
  • 湯元レストハウス(湯元)

結局フリーパスはお得なの?

先ほどお話しした通り、東武特急料金は「まるごと日光東武フリーパス」には含まれていないので、浅草から東武日光までの往復乗車券料金とフリーエリア内のバス利用ですぐに元が取れますよ。

なぜならば、浅草から東武日光までの往復乗車券料金はSuica利用で2,716円です。

フリーパス料金が4,520円なのでバス利用を1,804円以上ならば、元が取れるということになります。

東武日光駅から中禅寺湖へ行くとバス料金は1,150円なので往復すると496円お得になりますのでバスを利用した分だけお得金額が増えるということになります。

中禅寺湖から先の竜頭の滝や戦場ヶ原の往復ならば、お得額が更に増えるという事です

波乗りアヒル
波乗りアヒル

こんな使い方!東武鉄道公認の方法です!

まるごと日光東武フリーパス」は、フリーエリアまでの東武鉄道往復乗車券は1回限りなので、有効期限が4日間だからといって日帰りを4日間繰り返すことはできません。

そこで、このような使い方で日帰りを3日間繰り返してみました。

  1. 行きはフリーパスを利用して日光へ通常通り行きます(1日目
  2. フリーパスエリアを楽しむ(1日目
  3. 帰りはSuicaを利用して日帰りする(帰り券使わない)
  4. 再び日光へSuicaを利用して行く(2日目
  5. フリーパスエリアを楽しむ(2日目
  6. 帰りはSuicaを利用して日帰りする(帰り券使わない)
  7. 再び日光へSuicaを利用して行く(3日目
  8. フリーパスエリアを楽しむ(3日目
  9. フリーパスの帰り券を使って帰る

この方法だと、浅草~日光間の乗車券代が4回分・5,432円別途必要になりので、「まるごと日光東武フリーパス」代金4,520円を合わせて9,952円となります。

1万円以内で3日間たっぷり日光観光を楽しめるならば、移動時間はかかりますがとってもお得に楽しむことができますよ。
波乗りアヒル
波乗りアヒル

鉄道無しでバスだけのフリーパスも用意されています!

日光東武バスフリーパス

日光観光スポット

まるごと日光東武フリーパス」を利用してどこへ行きましょう?

たくさんあり過ぎてなかなか訪れることができないですが、欲張ってあちこち行きたくなるのが普通です。

私自身も電車で片道2時間は最低かかってしまうので、ちょっと散歩ついでにと言う訳にはいかないので、滞在時間も含めて体験記として訪れたところを増やしていこうと思っています。

幻の湖

奥日光の幻の湖・小田代湖が7年ぶりに出現
小田代湖は雨量にもよるけれど1週間ぐらい見られればいいほうで、早ければ2・3日で消えてなくなってしまいます。今回は7年ぶりとテレビでのニュースになるぐらい珍しい光景なので、訪れてみました。

奥日光三名瀑

日光三名瀑で紅葉名所の東武日光駅から竜頭の滝へ
紅葉の名所と言えば日光の竜頭の滝が有名ですが、大渋滞と大混雑で駐車場に車を止めるのも一苦労。こんな時でも時間帯をちょっとずらすだけで、渋滞も混雑も驚くほど解放されます。ゆっくり自由に紅葉を楽しむ時間帯
湯滝は奥日光三名瀑の中で一番目の前で滝壺が見られる
奥日光の戦場ヶ原からハイキングロードを歩くと途中に位置する湯滝。湯ノ湖から滝の側面に遊歩道が整備されていて、滝沿いを歩くことができます。目の前には滝つぼで水の落ちる爆音が涼しい。

日光三名瀑

日光・霧降の滝へバスで15分
日光三名瀑で日本の滝100選 日光で有名な滝と言えば「華厳の滝」を筆頭に「裏見の滝」と「霧降の滝」を日光三名瀑と言われていますね。 今回訪れた「霧降の滝」へは、日光駅からバスで行くことができ涼しい所でもあります。滞在時間は

奥日光ハイキング

戦場ヶ原の「日光てくてく歩道」をハイキング
9月末は紅葉はちょっと早すぎで10月中旬はやや紅葉かな。秋の戦場ヶ原のハイキングコースをのんびり景色を見ながら歩くことは気分転換に最高です。整備されたコースなので普段着で大丈夫でした。

霧降エリア

東武日光駅から霧降高原へバスで35分
滞在時間90分。天空回廊を上ると霧降高原一望 日光・霧降高原と言えば、子供の頃に林間学校で訪れた思い出がある方が多いと思いますね。正直それ以来かな?訪れたの。その為にほとんど記憶にないので実質初めて訪れたようなものですね。 霧降高原には、東武日光駅から霧降高原行バスや大笹牧場行きバスがあり、おおよそ35分ぐらいで到着
東武日光駅から大笹牧場へバスで60分
滞在時間90分。霧降高原・大笹牧場には、東武日光駅から本数は少ないですが大笹牧場行きバスがあり、おおよそ60分ぐらいで到着します。平日はイベントも何もなく、子供を連れて平日に訪れることはあまりないと思いますが、訪れるなら土日祝でないと相当退屈するかもしれませんね。

日々日光観光体験記などを追加する予定です。

スポンサーリンク


コメント