丸沼ダムへバスで日光駅も沼田駅も湖面の反射した紅葉へ

AC丸沼高原日光観光
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング
スポンサーリンク

標高1,700mのエメラルドグリーンのダム湖と黄色赤のコラボ

紅葉見頃 9月下旬~10月上旬

丸沼といえば丸沼高原スキー場が有名で、日光と沼田の中間に位置しているので、日光駅からでも沼田駅からも丸沼ダムへバスで紅葉を見に行くことができます。

特に東武鉄道から発売されている「東武日光フリーパス」を使えば、浅草から日光を経由して湯元までバスのフリーエリアになっているのでお得で便利で、比較的行きやすい穴場紅葉スポットになっていますので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR日光線・日光駅または東武日光線・東武日光駅で下車するルートと、JR上越線・沼田駅で下車するルートがあります。

JR宇都宮線ルート

東京駅から上野東京ライン宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き日光線に乗り換えて日光駅へ行くルート、約3時間・2,640円で行くことができます。

東武スカイツリーラインルート

浅草駅から東武スカイツリーラインと南栗橋駅へ行き日光線に乗り換えて東武日光駅へ行くルートで、約2時間45分・1,390円で行くことができ、JR宇都宮線ルートと比べ約半額でちょっとだけ早く到着できます。

さらに特急スペーシアを利用すれば、乗り換えなしで1時間50分・2,860円(特急料金込み)で行くことができますが、特急料金は曜日時間帯によりさらに安くなる列車もあります。

JR上越線ルート

東京駅から上野東京ライン高崎線で高崎駅へ行き上越線に乗り換えて沼田駅へ行くルートで、約2時間50分・2,640円で行くことができます。

おススメルートは当然、東武スカイツリーラインルートで、東武日光まるごとフリーパスを使ってお得に行くことができます。

日光駅からバス

日光駅発着の湯元温泉バスターミナル行きバスはJR日光駅の次に東武日光駅の順に停車します。

バスターミナルになっている立派なバス停は東武日光駅ですが、始発は全てJR日光駅なので徒歩3分程しか離れていないので、歩いてJR日光駅から乗車すれば座れる確率が高くなりますよ。

日光駅から湯元温泉まで1時間20分・1,750円ですが、「まるごと日光東武フリーパス」利用ならばフリーエリア内なので追加費用はありません。

湯元温泉バスターミナルで関越交通バスに乗り換え「丸沼ダム」バス停で下車します。(35分・1,300円)

沼田駅からバス

沼田駅から鎌田・大清水線に乗り、約1時間・1,600円で「鎌田」バス停下車して、湯元温泉行きバスに乗り換えます。(20分・1,200円)

マイカー

関越自動車道・沼田ICより国道120号線(ロマンティック街道)で40㎞・60分程で丸沼ダムへ行くルートで、東京から約3時間(約200㎞)で到着します。

料金は片道5,000円程で駐車場は無料で利用できます。

2020年紅葉まつり

紅葉まつり自体はありません。

住所群馬県利根郡片品村東小川
営業時間いつでも利用可
入場料無料
公式サイト片品村観光協会
駅からバス日光駅・沼田駅からバス路線利用可
スポンサーリンク

丸沼ダムへ電車・バスのお得なフリーパス

日光側から丸沼ダムへ行くならば、浅草から日光までの東武鉄道往復と日光エリアのバスが乗り降り自由になる「まるごと日光東武フリーパス」が4,610円で4日間有効で、通常料金6,280円なので1,670円お得になります。

沼田側からは「ぐんまワンデー世界遺産パス」が9月30日で終わってしまうので、使えるフリーパスは10月3日~10月25日限定の「秋の乗り放題パス」が3日間有効ですが、単純往復利用だけでは損しますので、お気を付けくださいね。

さらにマイカーで訪れるならば、ETCフリーパスの「ググっとぐんまフリーパス」を利用すれば、6,100円で2日間利用できますので、単純往復だけでも7,200円なので1,100円お得になります。

意外と知られていないETCフリーパスは、お手元のETCカードをNEXCO東日本のホームページで登録するだけなのでとても簡単なので、何もしないと損しますよ。

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント