尾瀬ヶ原へバスで日光駅から9月中旬の草紅葉へ滞在時間

AC尾瀬ヶ原紅葉名所
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング
スポンサーリンク

湿原の色が赤く染まった草原の中を散策

紅葉見頃 9月中旬~10月上旬

まだまだ残暑厳しい夏日が続く東京ですが、ひと足早く奥日光の更に山奥の尾瀬ヶ原では、9月中旬ごろから湿原の草がオレンジ色・黄金色・赤色と移り変わる姿を見ることができるので、涼しさと秋を幹事つことができます。

尾瀬はハイキングでも人気スポットなので、電車・バスを利用してもとても便利にお得に行くことができますので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

アクセス

電車・バス

最寄り駅

野岩鉄道と会津鉄道の共同駅・会津高原尾瀬口駅で下車します。

浅草から東武スカイツリーラインで南栗橋駅へ行き、接続する東武日光線に乗り換えて新藤原駅へ行きます。

新藤原駅から野岩鉄道に乗り換えて(一部相互乗り入れ)約4時間・2,670円で会津高原尾瀬口駅へ行きます。

さらに東武特急リバティーを利用すれば、乗り換えなしで約2時間50分・4,520円で行くこともできます。

会津高原尾瀬口駅からバス

会津高原尾瀬口駅から尾瀬ヶ原(尾瀬檜枝岐温泉)までは会津バスが電車の到着に合わせて、運行されています。(約70分・1,820円)

マイカー

東北自動車道・西那須野塩原ICより国道400号経由で90㎞・80分程で尾瀬檜枝岐温泉へ行くルートで、東京から約4時間(約260㎞)で到着します。

料金は片道5,000円程で駐車場は1,000円です。

2020年紅葉まつり

紅葉まつりもライトアップもありません。

住所群馬県利根郡片品村
営業時間いつでも利用可
入場料無料
公式サイト尾瀬檜枝岐温泉観光協会
駅からバス会津高原尾瀬口駅からバス路線利用可
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント