日光穴場!中禅寺湖展望台へ紅葉の中禅寺湖からバスで滞在時間30分

中禅寺湖展望台日光観光
撮影:2020年10月29日
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

スポンサーリンク

中禅寺湖と男体山を見下ろせる絶景スポットでバス停徒歩0分

紅葉見頃 10月中旬~11月上旬

紅葉の見頃となる10月中旬~11月上旬になると、いろは坂から延々華厳の滝や竜頭の滝までとにかく大渋滞して混雑が当たり前ですが、いろは坂の終わりで右車線が華厳の滝方面、左車線が竜頭の滝方面に分かれる「二荒橋前」交差点を左に、そして「立木観音」交差点を左に半月山方面に行くと今までの渋滞がウソのようにスイスイと進むことができます。

この先は1本道なので道なりに山を登って行くと、中禅寺湖展望台に到着してすぐひと味違った日光の紅葉絶景を見ることができますよ。

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR日光線の日光駅または東武日光線の東武日光駅で下車します。

JR日光駅ルート

東京駅から上野東京ライン宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き、日光線に乗り換えて日光駅へ約3時間・2,640円のルートです。

宇都宮駅まで東北新幹線利用ならば、1時間20分・5,150円で行くことができます。

東武スカイツリーラインルート

浅草から東武スカイツリーラインで南栗橋駅へ行き、接続する東武日光線に乗り換えて東武日光駅へ約3時間・1,390円のルートです。

さらに東武特急リバティーを利用すれば、乗り換えなしで約2時間・2,860円で行くこともできますので、JRルートの半額で行くこともできるし、ほぼ同額で快適な特急利用で約半分の時間で行くことができますよ。

JR日光駅・東武日光駅からバス

中禅寺湖展望台バス停

中禅寺湖の最寄りのバス停というより、最初のバス停「中禅寺温泉バスターミナル」には、もっとも遠方に行く湯元温泉行きまたは、中禅寺温泉止まりのバスがJR日光駅始発で、東武バス「日光~中禅寺温泉~湯元温泉線」が東武日光駅を必ず経由して運行されています。(約50分・1,150円)

運行本数は中禅寺温泉バスターミナルまでは30分に1本の運行間隔で運行されています。

そして中禅寺温泉バスターミナルで半月山行きバスに乗り換えて「中禅寺湖展望台」で下車します。(約15分・530円)

マイカー

東北自動車道・宇都宮ICより日光道へ入り、清滝ICより国道120号経由で17㎞・40分程で中禅寺湖展望台へ行くルートで、東京から約2時間40分(約190㎞)で到着します。

料金は片道4,500円程で駐車場は無料です。

紅葉の見頃の土日祝日は大渋滞しますので、時間に余裕を持って訪れるか、朝8時までに到着するように訪れるととてもスムーズに行くことができますよ。

2020年紅葉まつり

中禅寺湖展望台案内板

紅葉まつりもライトアップもありません。

住所栃木県日光市足尾町
営業時間7:00~17:00以外通行止め
入場料無料
公式サイトなし
駅からバス日光・東武日光駅からバス路線利用可

滞在時間目安・料金

中禅寺湖展望台はこの先の半月山展望台に行く途中にあり、バス停の目の前に展望台がありますのでどなたでも気軽に訪れることができ、中禅寺湖と男体山を見下ろすことができます。

「中禅寺湖展望台」バス停下車0分、駐車場も無料で利用できますが、トイレも売店も自販機もありませんので、山に登る前の「歌ヶ浜第一駐車場」でトイレや飲料の購入を済ませた方がいいですよ。

中禅寺湖展望台2

料金は無料で利用でき、中禅寺湖展望台滞在時間は30分で、半月山行きのバスはほぼ1時間に1本なので時間は余ってしまいますが、のんびり景色を見て時間を過ごすことができますよ。

実際のところこの写真の紅葉絶景を30分見続けていただけではなく、右側に登れそうなところがあったので、登ってみました。

日光狸山(むじなやま)
日光狸山(むじなやま)ハイキングロード

狸山ハイキングロードを登ってみるともう少し景色がいいのかと期待をして登ってみると、奥日光の山々が紅葉している広大な景色を見ることができます。

日光狸山景色

狸山まで0.3㎞と書いてあったのですが、ハイキングロードというよりはプチ登山の感じがしました。

日光狸山ハイキングロード登山

運動靴ならば何の問題も無く歩けますが、見た目よりも急勾配で写真右上に見える携帯と地デジの電波塔が山頂でしたが、期待と裏腹に全く絶景ではありませんでした。

日光狸山

登って降りるまで約20分ぐらいかかりましたが、時間つぶし以外は登っても何もありませんよ。

やはり中禅寺湖を見下ろせる絶景を見るならば、ここ中禅寺湖展望台からではなくてこの先の半月山へ行き、半月山展望台へ行かなければなりません。

ただし、ハスの終点でもある半月山駐車場から50歳目前のおじさんでも20分~30分のプチ登山になりますので、体力に自信のない方にはおススメはしませんが、60歳ぐらいの方もゆっくり休みながらいらっしゃたので訪れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

中禅寺湖展望台へは日光フリーパスを使わなきゃ損!

日本人はもちろん訪日外国人観光客にも人気があり、平日でも日中はバスが満員になってしまい乗れないこともしばしば起き、オーバーツーリズム状態だった日光も、コロナ禍で訪れやすい観光客数になっていますので、今年はねらい目です。

そして日光へ電車とバスで訪れるならば、JRの「秋の乗り放題パス」でもいいのですが、東武鉄道の「まるごと日光・東武フリーパス」が断然お得です。

浅草から日光までの往復乗車券と日光エリアの東武線と路線バスが4日間も乗り放題なので、中禅寺湖へ日帰りで単純往復して5,500円なので、「まるごと日光東武フリーパス」が4,610円で購入できるので890円お得になります。

せっかく奥日光へ行くのだから、中禅寺湖・華厳の滝・戦場ヶ原・湯滝とバスを乗り降りしても料金は同じなので、東武線を最初に乗る駅窓口で購入しましょう。

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント