日光東照宮へバスで日光駅から世界遺産の紅葉へ滞在時間5時間

東武日光駅日光観光
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング
スポンサーリンク

世界遺産の東照宮・輪王寺・二荒山神社の紅葉とライトアップへ

紅葉見頃 10月下旬~11月上旬

2017年に約半世紀ぶりの大修理を終え、1999年に世界遺産に登録されている、日光東照宮・日光山輪王寺・日光二荒山神社等の建造物群と周辺の自然景観が「日光の社寺」。

普段からオーバーツーリズム状態で大混雑して、日光駅からのバスに乗り切れずに歩いて東照宮まで言った経験もあるのですが、紅葉の時期はやっぱり訪れたい紅葉観光スポットですよね。

コロナ禍の2020年は訪日外国人がほぼいない状態になりそうなので、空いていると思われますが、海外旅行に行けないので国内回帰でやっぱり混雑するのではないかと言われていますが、朝8時ぐらいを目安に訪れれば、とてもビックリするぐらい空いていますのでぜひ訪れてみてはいかがですか?

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR日光線の日光駅または東武日光線の東武日光駅で下車します。

JR日光駅ルート

東京駅から上野東京ライン宇都宮線(東北本線)で宇都宮駅へ行き、日光線に乗り換えて日光駅へ約3時間・2,640円のルートです。

宇都宮駅まで東北新幹線利用ならば、1時間20分・5,150円で行くことができます。

東武スカイツリーラインルート

浅草から東武スカイツリーラインで南栗橋駅へ行き、接続する東武日光線に乗り換えて東武日光駅へ約3時間・1,390円のルートです。

さらに東武特急リバティーを利用すれば、乗り換えなしで約2時間・2,860円で行くこともできますので、JRルートの半額で行くこともできるし、ほぼ同額で快適な特急利用で約半分の時間で行くことができますよ。

JR日光駅・東武日光駅からバス

東武日光駅から東照宮の入口の「神橋」まで1.5㎞なので歩いても20分程で行くことができますが、超人気観光スポットなので、10分~20分おきにバスも運行されています。

空いていれば、7分程で行くことができるのですが、土日の日中は歩いてもバスでもほぼ同じというぐらい大渋滞でしたので、土日祝日の11時~16時と平日の17時頃を避けて訪れることをおススメします。

マイカー

東北自動車道・宇都宮ICより日光道へ入り、日光ICより国道120号経由で3㎞・10分程で日光東照宮へ行くルートで、東京から約2時間(約160㎞)で到着します。

料金は片道4,500円程で駐車場は場所により異なりますが1日500円~です。

紅葉の見頃の土日祝日は大渋滞しますので、時間に余裕を持って訪れるか、朝8時までに到着するように訪れるととてもスムーズに行くことができますよ。

2020年紅葉まつり

紅葉まつりもライトアップもあります。

住所栃木県日光市山内2301
営業時間9:00~16:00(10月まで17:00)
入場料高校以上1,300円 中学以下450円
公式サイト日光旅ナビ
駅からバス日光・東武日光駅からバス路線利用可

滞在時間目安・料金

江戸幕府の初代将軍・徳川家康公を祀る日光東照宮や日光山輪王寺・日光二荒山神社等の建造物群と周辺の自然景観が「日光の社寺」を一緒に歩いて回ると約5時間ぐらい滞在することになります。

拝観料は一般的なイメージからするとちょっと高く感じますが、秋には紅葉を見ながらのんびり散策して気分転換とパワーをもらってきましょう。

日光の社寺大人中学以下
日光東照宮拝観料1,300円450円
日光東照宮・宝物館入館券1,000円400円
日光東照宮・宝物館セット券2,100円770円
日光山輪王寺券900円400円
日光二荒山神社200円100円
スポンサーリンク

日光の社寺へは日光フリーパスを使わなきゃ損!

日本人はもちろん訪日外国人観光客にも人気があり、平日でも日中はバスが満員になってしまい乗れないこともしばしば起き、オーバーツーリズム状態だった日光も、コロナ禍で訪れやすい観光客数になっていますので、今年はねらい目です。

日光駅・東武日光駅から歩いても35分程で行くこともできますが、バスで移動することも可能で10分~20分間隔で運行されていて、東武バスの「世界遺産めぐり手形」フリーパスを使えば、日光駅・東武日光駅から1日間乗り降り自由となり料金も500円なのでお得で便利です。

そして日光へ電車とバスで訪れるならば、JRの「秋の乗り放題パス」でもいいのですが、東武鉄道の「まるごと日光・東武フリーパス」が断然お得です。

浅草から日光までの往復乗車券と日光エリアの東武線と路線バスが4日間も乗り放題なので、中禅寺湖へ日帰りで単純往復して5,080円なので、「まるごと日光東武フリーパス」が4,610円で購入できるので470円お得になります。

もちろん、世界遺産めぐり手形フリーパスのエリアも含まれていますよ。

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント