スポンサーリンク

セルの値によりVBA印刷ページ数・枚数を変更する方法

印刷セルの値Excel-VBA

エクセルで印刷するには【ファイル】➡【印刷】を選ぶのが一般的ですが、作業効率化の為には少しの手間も省きたいですよね。

そこでVBAを使って、ユーザーフォームに配置したコマンドボタンに印刷コードを書きこんでおけば、ボタン1回押すだけで印刷ができるので効率的です。

スポンサーリンク

ページ数のTO・FROMをセル自体に指定する

果たしてこの方法が正しい方法なのか分かりませんが、ページ数を指定するToとFromを数字ではなくセルを指定してみたら、上手くできたのでこの方法をいつも使っています。

まずは、分かりやすくToとFromを数字からセルを指定したVBAコードを書きます。

シートは「HOME」で開始ページ数を入力しているセルは「BM2」、終了ページ数を入力しているセルは「BM3」とし、印刷枚数は1枚を固定しています。

VBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut FROM:=Sheets(“HOME”).Range(“BM2”).Value, To:=Sheets(“HOME”).Range(“BM3”).Value, COPIES:=1, COLLATE:=True
End Sub

解説
  1. コマンドボタン1をクリックしたら
  2. 表示されているシートを印刷で、開始ページ数はシート「HOME」のセル「BM2」の値を開始ページ数にする
  3. 終了ページ数はシート「HOME」のセル「BM3」の値を終了ページ数にして、印刷枚数1、部単位。
  4. マクロ記述終了

これで、人数など条件が変わるとセルBM2、BM3に変更された数字が計算されて入力されているので、わざわざ、開始ページ・終了ページを設定しなくても自動的に印刷されるようになります。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

意外と難しくないでしょう、でも使うことが少ないのか、需要が無いのか、あまりこの方法って具体的に載っていませんでした。

エラー回避とメッセージと自動復帰を追加しよう

このままのVBAコードでは、印刷ができるのですが、コマンドボタンを誤って押してしまうと印刷が始まってしまうので誤クリック防止の為にメッセージを出しましょう。

VBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
msg = MsgBox(“レコードシートを印刷しますか?”, Buttons:=vbYesNo + vbQuestion)
If msg = vbYes Then
ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut FROM:=Sheets(“HOME”).Range(“BM2”).Value, To:=Sheets(“HOME”).Range(“BM3”).Value, COPIES:=1, COLLATE:=True
Else
Unload UserForm5
Sheets(“R”).Select
Range(“A1”).Select
MsgBox “15秒後に自動復帰します”
Application.OnTime Now + TimeValue(“00:00:15”), “RSTIME”
End If
End Sub

解説
  1. コマンドボタン1をクリックしたら
  2. メッセージで「はい」「いいえ」を選択させる
  3. 「はい」を押したら
  4. 表示されているシートを印刷で、開始ページ数はシート「HOME」のセル「BM2」の値を開始ページ数にする
  5. 終了ページ数はシート「HOME」のセル「BM3」の値を終了ページ数にして、印刷枚数は1、部単位
  6. 「いいえ」を選択したら
  7. UserForm5を閉じて
  8. シート「R」を選択
  9. セル「A1」選択
  10. 「15秒後に自動復帰します」というメッセージを表示する
  11. タイマー設定して15秒後に「RSTIME」というプログラムを作動させる
  12. Ifステートメント終了
  13. マクロ記録終了

ちょっと長くなりましたが、簡単にいうと、「はい」を選択したら印刷開始、「いいえ」を選択したら、15秒間印刷内容を閲覧出来て、15秒後にRSTIME(元に戻るプログラム)を作動させるという事です。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

これをやっておかなかった時は、間違って押したら印刷されてしまい、紙の無駄があったのと、数秒後に元に戻る事ができて、マクロエラーも回避できました。

Excel-VBAもくじへ

コメント