スポンサーリンク

ユーザーフォーム表示位置を設定する方法

ユーザーフォーム表示位置設定Excel-VBA

エクセルのワークシート上にユーザーフォームを表示させる時に、文字にかからないように表示場所を指定したいことありますよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

当然ながら、好きな位置に表示することができます。

スポンサーリンク

StartUpPositionプロパティを設定する

ユーザーフォームの表示初期設定は、画面中央に表示されるように設定されています。

その為表示位置を変更したいユーザーフォームのプロパティから設定可能です。

startUpPosition.jpg2

まず、左のVBAProjectの中から表示位置を変更したいUserFormを選びます。

上の図ではUserForm5をクリックして表示してあります。

そして、ユーザーフォーム自体をクリックすると、プロパティが表示されますので、プロパティ内の「StartUpPosition」の設定値を変更するだけです。

ユーザーフォームプロパティ

StartUpPositionの設定方法は簡単で、StartUpPositionの文字自体をクリックすると、右側に設定値0~3が選択できるようになります。

初期設定値は「1」です。

  • 「0」手動
  • 「1」エクセル画面中央
  • 「2」ディスプレイ画面中央
  • 「3」画面の左上

手動を選択したら、表示させる高さや横位置も自由に設定することができるので、この手動を選択することがほとんどです。

手動でユーザーフォームの表示位置を自由に設定

では、手動を選んだら、高さと位置を設定しましょう。

これにより、自由にユーザーフォームを表示する位置を自分で決めることができます。

もちろんユーザーフォームごとに指定できるのでとても重宝しています。

表示高さの設定

StartUpPositionの2つ下の項目「Top」で表示高さの位置を指定できます。

「0」で入力すると画面の一番上に表示されます。また、画面サイズによりますが、200ぐらいで中央付近ですね。

表示横位置の設定

StartUpPositionの15個上の項目「Left」で左からの位置を指定できます。

「0」で入力すると画面の一番左端に表示されます。同じく画面サイズによりますが、350ぐらいが中央付近ですね。

Excel-VBAもくじへ

コメント