西蓮寺へ土浦駅からバスで黄金大銀杏へ滞在時間60分

西蓮寺紅葉紅葉名所
画像提供:行方市観光協会

スポンサーリンク

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

スポンサーリンク

樹齢1000年の大銀杏が黄金色絨毯を作る西蓮寺へ

紅葉見頃 11月下旬~12月上旬

紅葉と言えば真っ赤に染まるもみじを思い浮かべますが、いちょうの葉が黄色に染まる姿も醍醐味ですよね。

そして西連寺には樹齢1000年を超える大きないちょうの木があり、天然記念物にも指定されています。

この大きないちょうの葉が落ち場になる11月下旬~12月上旬には辺り一面、黄金色に輝く光景を見ることができますので、真っ赤な紅葉の次は黄金色を見に行きませんか?

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR常磐線・土浦駅で下車します。

東京からJR常磐線(特別快速・快速)で約1時間15分かけ土浦駅まで行くルート(1,170円)で、特急利用ならば東京駅から特急「ときわ」で土浦駅まで約50分で到着し、特急料金含めて2,190円です。

土浦駅からバス

改札を出て右に曲がり1階に降りたら土浦駅西口バスロータリーがありますので、4番のりば「霞ケ浦広域バス」で玉造駅バス停へ向かうバスに乗り、65分(現金740円・IC 734円)です。

このバスはなんとSuica利用可能でさらにUSB充電可能・無料Wi-Fiも対応している最新鋭の路線バスなんです。

終点玉造駅に到着したら、今度は行方市コミュニティーバス・北浦玉造ルート(市営路線バス)に乗り換えて15分・現金200円で「西蓮寺入口バス停」下車し、徒歩15分程で西蓮寺に到着します。

マイカー

常磐自動車道・土浦北ICより国道125号・354号線で30㎞・40分程で水戸偕楽園へ行くルートで、東京から約1時間40分(約100㎞)で到着します。

料金は片道で約2,500円程で駐車場は無料です。

2020年西蓮寺紅葉まつり

特別なイベントはありませんが、2019年は12月5日頃に紅葉の見頃を迎えていました。

住所茨城県行方市西蓮寺504
営業時間自由
入場料無料
公式サイトなし

水戸偕楽園滞在時間

マイカーで西蓮寺の紅葉を見に行くならば時間的な制約はありませんが、電車・バスを利用して西蓮寺を訪れるならば、行方市コミュニティーバスで西蓮寺に行くバスが平日2往復・休日2.5往復しか運行されていません。

そして土浦駅から玉造駅まで行くバスも5往復なので、乗り継いで西蓮寺にバスで訪れるには下記の時間しかありません。

バス停平日休日①休日②
土浦駅発08:0008:0010:40
玉造駅着09:1009:1011:45
玉造駅発09:2409:2411:56
西蓮寺入口着09:4109:3612:12
西蓮寺入口発11:1911:1714:47
玉造駅着11:4211:3315:03
玉造駅発12:0012:0015:40
土浦駅着13:0513:0516:45
平日1本・休日2本以外はバスで西蓮寺へは行けません

そして西蓮寺入口バス停から西蓮寺まで徒歩15分なので、西蓮寺滞在時間は60分になります。

スポンサーリンク

茨城県内の移動に便利なフリーきっぷ

茨城県の紅葉の時期でもある11月の土日祝に利用できる「ときわ路パス」がJR東日本より発売されます。

茨城県内のつくばエクスプレスを除くJR線と私鉄が乗り降り自由となるのでお得ですよ!

ここに記載した茨城県の紅葉スポットも最寄り駅までフリーきっぷで移動して、バスやタクシーで移動可能なので、お得で便利なので使わないなんて損していますよ!

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント