エクセルファイルを開くと自動的にユーザーフォームを表示する方法

エクセル検索
HOMEUserForm印刷画面ファイル図形
日付・時刻データセル関数VBA関数

オリジナルの入力フォームを表示させる方法に悩んだことありませんか?

エクセルファイルを開いたら自動的にユーザーフォームが開くようになったら手間もなく便利なので設定方法をご紹介します。

ThisWorkBook

実はとても簡単で、VBA画面のThisWorkBookにユーザーフォームを表示させるVBAコードを書くだけで完成させることができます。

thisworkbook

まずは、基本的な方法としてMicrosoft Visual VasicのVBA Projectの中にある、ThisWorkBookに下記のように書き込めば、エクセルファイルを開いた時に自動的にユーザーフォームが開きます。

VBAコード

Private Sub Workbook_Open()
Worksheets(“HOME”).Activate
Range(“A1”).Select
UserForm1.Show
End Sub

解説
  1. エクセルファイルを開いたら
  2. HOMEという名のシートを選択する
  3. セルA1を選択する
  4. ユーザーフォーム1を開く
  5. マクロ記録終了
波乗りアヒル

とても簡単なのでぜひ活用してね。
またタイマーセットして数秒後に開くこともできますよ。

関連記事

どこかにビューーン
ちょっとの工夫で往復無料の時代が来た!!

新着ページ

よく見られているページ

大容量無料ファイル転送サービス【ACデータ】 無料イラスト【イラストAC】

紅葉スポット

https://tripbowl.net/vba-timevalue/

[temp id=19]

JALどこかにマイル
画像:JALプレスリリース資料より

日本航空の国内線往復航空券が7,000マイルで交換できる「どこかにマイル」

東京から札幌や福岡なら16,000マイル必要なので半分以下と超お得。

日常生活でマイルを貯めて年2回、旅行に行けるようになりましたのでおススメなので、利用方法をご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!