スポンサーリンク

エクセル苦手の初心者でもVBAやマクロが使える入門編

エクセル自動化Excel-VBA

私自身もそうでしたが、エクセルで何をやるの?って言われたら表計算って答えますよね。

住所録や売上集計、または出納帳なんかも大企業じゃなければエクセルで業務を行っているのが一般的ですよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

入力や集計そして印刷と作業がめんどくさくて何とか効率的にできないものかと思って、VBAとかマクロとかを取り組めば、作業効率化できることが分かったけど、何から手を付けたらいいのかネットで調べていたら、このページにたどり着いたかもしれませんね。

安心してください!私も10年前まではパソコンと言えば「メール」と「インターネット」ぐらいしか使えず、エクセルなんてめったに触ることなど無かったんですよ。

そんなレベルからエクセル関数を使った表を作ったり、住所録をまとめたり、人手不足なので少しでも作業を短縮しなくては残業だらけになるので、皆さんと同じように何か方法は無いかと調べたら、VBAやマクロが必要だと分かりました。

スポンサーリンク

VBAでマクロをはじめよう

VBAやマクロというのはほぼ同じ意味でエクセルのワークシート上には「マクロ」という文字が実はあるんです。

そして「VBA」とはエクセルで使うプログラム言語の事でVBAコードをプログラム(記述)すると、作業を自動的に行ってくれるようになるので、クリック1回するだけで集計などが一瞬で終わります。

基本的な作業としては、エクセルのVBAを使ってプログラムを記述してマクロを実行すると作業が自動化されます。

私自身も取り組まなければならない状況だったので、クリック1回1秒で集計ができるVBAにも取り組むようになり、現在に至ります。

エクセルでVBAを使えるように準備しよう

基本的にエクセルのリボンツールバーにはVBAを使用できるコマンドはありません。

エクセルリボンツールバー
ワークシートのこの部分をリボンツールバーと言います(クリックで拡大)

上記画像をクリックすると分かるのですが、このリボンツールバーにVBAのが使えるようにする「開発」コマンドはありませんので、まずは表示させましょう。

「開発」コマンド表示手順

1、リボンツールバーの左にある「ファイル」をクリックします

2、左下の「オプション」をクリックします

オプション
オプションをクリック

3、Excelのオプション設定画面が表示されるので「リボンのユーザー設定」を選択

Excelのオプション
リボンのユーザー設定を選ぶ

4、開発を追加します

開発を追加
開発を追加すれば完了です

5、リボンツールバーに「開発」が追加されました

開発コマンド
開発コマンド追加完了

「開発」が追加されたら、クリックしてリボンツールバーに表示された「Visual Basic」をクリックします。

Visual Basicコマンド
Visual Basicコマンドをクリック

VBAコードを記述する画面が表示されます。

VBA画面
これがVBA画面です
波乗りアヒル
波乗りアヒル

「開発」コマンド以外にもAltF11でもVBA画面を開くことができますよ!

VBAを使って作業時短できること

最初に書いた通り、VBAを使う事により決まった作業を自動化できるので、データを探したりする手間が無くなります。

また下記の作業がボタン1回クリックすることで1秒ですべて作業が完了します。

VBAで時短出来た事
  1. 印刷の自動化
  2. 条件によって処理を振り分けを自動化
  3. 繰り返し行う作業の自動化
  4. オリジナル入力画面やデータ検索画面の作成による作業時間短縮化
  5. 自動上書き保存などファイス操作の自動化
  6. データ集計の自動化

このようなことができるようになると、シートの切り替え画面スクロールによってデータを探すことが無くなるので「データを探す」「見つけたら修正する」「次を探す」などの一連の1分かかる作業が1秒で完了できました。

こんな便利で仕事効率化できるVBAを使わないなんて絶対に時間を損していますよ!

波乗りアヒル
波乗りアヒル

それでは私自身が一番多く使用しているオリジナル入力画面を作れる「ユーザーフォーム」を使えるように慣れておきましょう。

コメント