涼しさ求めて避暑地観光スポットへ

涼しさ求めて避暑地観光スポットへ避暑地

とにかく涼しい場所を求めて出かけたい!不便なところだからこそ人も少なくゆっくり楽しめる観光スポットをご紹介。

スポンサーリンク
紅葉名所

袋田の滝へ袋田駅からバスで日本三大名瀑の紅葉へ

袋田駅からバスで行けてライトアップ紅葉が見られる、日本三名瀑でもある袋田の滝は、高さ120m幅70mの大きさを誇りトンネル横の展望台からは、目の前に迫った滝を見ることができます。
2020.11.20
日光観光

紅葉の日光戦場ヶ原へバスで中禅寺湖から滞在時間100分

電車とバスで行くことができる奥日光の大自然をハイキング。整備された遊歩道で運動靴で軽装で楽しめ、小田代ヶ原や湯滝など時間によってもは1日中ハイキングできる広大な戦場ヶ原ですよ。
2020.10.30
日光観光

日光駅からバスで霧降高原の大笹牧場へ滞在時間90分

霧降高原・大笹牧場には、東武日光駅から本数は少ないですが大笹牧場行きバスがあり、おおよそ60分ぐらいで到着します。牧場のソフトクリームは濃厚で絶品です。絶対食べてね。
2020.10.30
日光観光

日光フリーパスのバスで日光霧降高原と霧降の滝へ滞在時間180分

日光霧降高原と言えば霧降の滝と天空回廊で、霧降の滝は日光三名瀑と言われています。また霧降高原の天空回廊は小丸山展望台からの日光一望ができる絶景スポットで合わせて3時間でバスを使ってい訪れることができますよ。
2020.10.30
避暑地

旧軽井沢駅からバスで軽井沢見晴台へ往復時間60分

軽井沢駅から車で10分で軽井沢観光スポットの軽井沢見晴台で雄大なパノラマを見ることができました。滞在時間20分あれば、隙間時間にちょっと観光するのに便利ですよ。
2020.09.14
避暑地

避暑地たんばらラベンダーパークへのバスは沼田駅で滞在時間120分

35℃越えの猛暑日でも東京から電車とバスで約3時間半かかりますが気温25℃のカラったした避暑地たんばらラベンダーパークへ。青春18きっぷと路線バスで行くことができますよ
2020.09.13
避暑地

清津峡へのバスは越後湯沢駅から避暑地へ滞在時間70分

青春18きっぷで行きにくい避暑地を求めて人の少ない清津峡トンネルを独り占めしてみませんか?簡単に行けないからこそ行きたくなりますよね。
2020.09.13
避暑地

雲場池へバスで軽井沢駅から紅葉絶景へ滞在時間50分

避暑地軽井沢は実は紅葉も綺麗に見られる観光スポットでも知られ、10月中旬~11月中旬が紅葉の見頃となります。紅葉名所の雲場池は軽井沢駅から1.3㎞程なので徒歩でも行けます。
2020.09.13
避暑地

鉄道遺構めがね橋へバスで横川駅から避暑地へ滞在時間4時間

鉄道廃線遺構へはなかなか行くことができない場所が多いですが、地元の努力により「アプトの道」が横川駅から約6キロの遊歩道として整備され明治時代のレンガ造りを見に行きませんか?
2020.09.13
避暑地

吹割の滝へバスで沼田駅から避暑地へ滞在時間60分

吹割の滝=東洋のナイアガラの滝?あまりの近さに水しぶきを浴びることができるので、猛暑から逃れて吹割の滝を訪れ涼しさを体感できたので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?
2020.09.13
避暑地

榛名湖へ高崎駅からバスで避暑地へ滞在時間60分

渋川伊香保インターからたった30分で35℃の猛暑から逃れることができました。また昭和の人気観光スポットは令和の時代はちょっと寂しくなっていますがその分人が少なくて、避暑地として最高でした。
2020.09.13
避暑地

草津観光はラムサール条約認定で天然記念物指定の公園なのに名前が穴地獄

草津温泉観光のついでに隠れた穴場スポットのチャツボミゴケ公園に訪れてはいかがですか。天然のコケの群生地なので草津バスターミナルから車で約30分ぐらいかかります。途中細い山道を走る事になりますが、夏でも涼しく草津湯畑に比べればあるかに人が少なく隠れた草津観光スポットですよ。
2020.08.26
避暑地

軽井沢・白糸の滝へバス停往復時間20分あれば楽しめる

軽井沢駅からバスで25分・710円、白糸の滝バス停から150m徒歩4分で軽井沢観光スポットの白糸の滝でマイナスイオンを浴びることができました。滞在時間20分あれば、バス停から近いので隙間時間にちょっと観光するのに便利ですよ。
2020.08.26
スポンサーリンク
とりっぷぼうるをフォローする