草津観光はラムサール条約認定で天然記念物指定の公園なのに名前が穴地獄

チャツボミゴケ公園避暑地
チャツボミゴケ公園
スポンサーリンク

草津観光と言えば温泉と湯畑が最大の目的となります。

でもちょっと車で走ると、ラムサール条約に認定され国の天然記念物にも指定されている穴場スポットがあります。

名前がなんと穴地獄!でもこれは通称で、正式にはチャツボミゴケ公園といいます。

スポンサーリンク

チャツボミゴケ公園(穴地獄)

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR吾妻線・長野原草津口駅で下車します。

東京駅からだとJR高崎線・上越線経由で特急草津利用して約2時間40分かかり、乗車券と特急券合わせて4,840円かかります。

特急を利用しないで普通列車だけならば、約3時間半で3,080円です。

バス停は改札を出たら左に10mほどのところに草津バスターミナル行きがあります。

長野原草津口駅からバス

バスは電車が到着する時刻に合わせて発車しますが、混雑時など乗り切れない場合は追加の臨時バスが用意されるので、慌ててバス停を目指して走ることは必要ありません。

JRバスに揺られ山道を登ること約30分弱(臨時直通バスなら20分程)で草津温泉バスターミナルに到着します。

料金は片道710円(子供360円)でバス車内での支払いですが、現金以外にSuicaやPASMOが利用できます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

草津温泉へ日帰りで行くだけでも「ぐんまワンデー世界遺産パス」がお得ですが、宿泊して有効期間が2日間あるフリーパス「週末パス」を使ってもう1か所どこかへ訪れてみませんか?

マイカー

関越自動車道・渋川伊香保ICより70㎞・1時間半程で草津温泉へ行くルートで、トータル約3時間(約200㎞)で到着します。

駐車場は有料駐車場が複数あるので、マイカーでも訪れることができますよ。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

マイカーで草津温泉へ行くならば、ETC専用の「ググっとぐんまフリーパス」が有効期間2日間あるのでとてもお得です。

軽井沢もフリーエリアに含まれているので、一緒に訪れてみてはいかがですか?

チャツボミゴケ公園滞在時間

チャツボミゴケ公園看板
1.3㎞歩いて入口にたどり着きます

訪れた2018年8月より管理事務所からチャツボミゴケ公園入口までマイカーで行くことができなくなったので、マイカーは管理事務所の駐車場に止めます。

ここから約1.3㎞程歩いてチャツボミゴケ公園をぐるっと回って戻るまで、チャツボミゴケ公園滞在時間約1時間30分ほどかかりました。

スポンサーリンク

真夏でも涼しい隠れた避暑地スポット

チャツボミゴケ公園があまり知られていなく、草津観光の穴場スポットと言われる理由は、草津温泉からのアクセスがほぼ無しという事でしょうね。

草津温泉周辺のホテルから無料送迎バスが一部あるようですが、宿泊者向けらしいので一般の人はマイカーしか交通手段がないからです。

その為でしょう湯畑周辺は人だらけなのですが、ここチャツボミゴケ公園は人もまばらでゆったりと自然を感じることができます。

また、草津の山奥という事もあり、東京と比べて5℃ほど低くカラッとしてとても過ごしやすかったです。

このチャツボミゴケ公園は、元々鉄鉱石の採掘がおこなわれていた場所だったところだったようです。

資料にはこのように書いてあり、ホームページにも掲載されています。

かつてこの地には鉄鉱石の鉱床があり、昭和41年(1966年)まで露天掘りによる採鉱が行われました。

その露天掘りの窪み、「穴地獄」に自生しているのがチャツボミゴケです。穴地獄では随所から酸性泉が湧出、強酸性の水を好むチャツボミゴケに絶好の生育環境を与え、日本最大級のコロニーが形成されています。

チャツボミゴケ公園ホームページより引用

管理事務所から散策

入園料600円を支払い、右に曲がって坂道を登って行きますが、川沿いの道は舗装されている道路なのでとても歩きやすいです。

しばらく歩くと、右側に滝が現れ水しぶきと共に一層涼しさを味わえます。

チャツボミゴケ公園滝2
チャツボミゴケ公園の滝

管理事務所から送迎バス利用ならば、ここを素通りしてしまうのはもったえないですよね。

チャツボミゴケ公園滝

そして15分程歩くとチャツボミゴケ公園入口に到着して案内看板を左手に見ながら先へ進みます。

森林浴しながら遊歩道を歩く

チャツボミゴケ公園遊歩道
砂利道なので運動靴がおススメです

チャツボミゴケ公園入口からは舗装された道ではなく、砂利道になり湧水のせいか、ところどころ水たまりや濡れたところが多いので、滑りにくい運動靴で行くことをおススメします。

また、川沿いを歩くのですが夏は涼しく紅葉の季節に訪れれば、木々が色づいてまた違った景色が楽しめそうですね。

チャツボミゴケ公園遊歩道2

途中、川岸に近づくことができるところがあり、チャツボミゴケに最初に見られるポイントになります。

チャツボミゴケ

しばらく歩くと左側に小さな川が現れて、エメラルドグリーン輝くチャツボミゴケに出会えます。

チャツボミゴケと川

写真では分かりずらいのですが日差しがあれば、鮮やかにひかり輝くエメラルドグリーンのチャツボミゴケ!

いよいよチャツボミゴケ群生地に近づくと、砂利の遊歩道から木道になります。

チャツボミゴケ群生地の穴地獄をぐるっと一周できる遊歩道を歩けば、自然の造形物を見ることができます。

チャツボミゴケ公園遊歩道階段
すれ違い困難ですが歩くだけならば十分な幅があります

このような木道がチャツボミゴケ群生地をぐるっと囲むように整備されていますが、見ての通り基本登りです!

チャツボミゴケ公園遊歩道階段2

チャツボミゴケ群生(穴地獄)は見る角度や太陽の光の当たり具合で色が全く異なって不思議ですよね。

穴地獄

人もまばらなのでゆっくり撮影をすることもできますよね。

穴地獄2

日差しの当たり具合で色が変わって見える

穴地獄3

風向きの関係か、硫黄の匂いもしていましたが、チャツボミゴケとは関係ないようです。

草津バスターミナルから車で約20分・11㎞ですが、山道なので運転には十分に気をつけてくださいね。かなり細い道ですよ。

料金と営業時間

住所群馬県吾妻郡中之条町大字入山13-3
営業時間9:00~15:00
入場料金600円(駐車場無料)
公式サイトチャツボミゴケ公園
2,410円でJR乗り放題
夏の青春18きっぷ活用法

梅雨の時期のたのしみ「あじさい」を見終わった次は暑い夏!

お得に涼しさ・避暑地を求めて鉄道旅しませんか?

スポンサーリンク

群馬県の観光スポット体験談・感想

猛暑から逃れて涼しい避暑地を探すと群馬県って意外と多いですよ!天気予報の気温だけじゃわからない涼しさを求めて観光スポットへ出かけた情報をまとめています。

コメント