MENU

JR東日本のぐんまワンデー世界遺産パスで群馬県内各社鉄道乗り放題

軽井沢見晴台絶景パノラマ
関東エリア・フリーパス

群馬県内と埼玉県の一部と栃木県の一部の鉄道各社が1日間乗り降り自由となるフリーきっぷで、富岡製糸場・草津温泉・あしかがフラワーパークなどがフリーエリアに含まれています。

東京から草津温泉まで通常料金だと往復7,580円かかるので、群馬ワンデー世界遺産パス利用で、フリーエリア入口の深谷駅までの乗車券だけにすれば、フリーパスと合わせても5,620円で済むので、1,960円お得になります。

目次

ぐんまワンデー世界遺産パス詳細

フリーパス基本情報

フリーパス 2022年3月31日まで 利用当日購入可

販売場所 フリーエリア内のJR東日本駅券売機など

販売期間 2021年3月22日~2022年3月31日

有効期間 2021年4月1日~2022年3月31日の1日間

販売価格

フリーきっぷ大人子供
ぐんまワンデー世界遺産パス2,240円1,120円

フリーエリア 普通・快速列車の自由席

ぐんまワンデー世界遺産パスフリーエリア
画像:JR東日本より

参照サイト JR東日本 ぐんまワンデー世界遺産パス

列車の利用条件や特例

下記鉄道路線が乗り降り自由となります。

  • JR高崎線 (深谷駅~高崎駅)
  • JR上越線 (高崎駅~土合駅)
  • JR信越本線(高崎駅~横川駅)
  • JR八高線 (倉賀野駅~群馬藤岡駅)
  • JR吾妻線 (渋川駅~大前駅)
  • JR両毛線 (新前橋駅~小山駅)
  • 東武伊勢崎線(川俣駅~伊勢崎駅)
  • 東武 佐野線(館林駅~佐野市駅)
  • 東武 小泉線(館林駅~西小泉駅~太田駅)
  • 東武 桐生線(太田駅~赤城駅)
  • 上信電鉄(高崎駅~下仁田駅)
  • 上毛電気鉄道(中央前橋駅~西桐生駅)
  • わたらせ渓谷鉄道(桐生駅~沢入駅)
  • ジェイアールバス関東(草津温泉~長野原草津口駅)

指定席・特急列車手続き

フリーエリア内で新幹線・特急列車・指定席を利用する場合は、別途特急券・指定席券購入すれば利用できます。

ただし、わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車には「ぐんまワンデー世界遺産パス」では乗車できないので、別途乗車券と指定席券両方購入しなくてはなりません。

注意事項

フリーエリア外にまたがって新幹線や特急を利用する場合は、エリア外の乗車券と特急券を別途購入する必要があります。

フリーきっぷ利用時

「ぐんまワンデー世界遺産パス」はJR各駅では自動改札機が利用可能ですが、他社線では自動改札機が使えないので有人改札口を通ります。

ぐんまワンデー世界遺産パスで行ける観光スポット

猛暑から逃れて涼しい避暑地を探すと群馬県って意外と多いですよ!天気予報の気温だけじゃわからない涼しさを求めて観光スポットへ出かけた情報をまとめています。

あしかがフラワーパーク:JR足利フラワーパーク駅

あしかがフラワーパークの白藤と大藤

なんとあの栃木県の足利フラワーパークまでも、この「ぐんまワンデー世界遺産パス」はフリーエリア内にあるのです。

最寄り駅はJR両毛線のフリーエリア図の桐生駅と佐野駅の間で、足利フラワーパーク駅で下車します。

世界が認める大藤がきれいに見られるGW前後はとても混雑しますが、ライトアップもあるのでフリーパスをフル活用して足を延ばして訪れてみてはいかがですか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる