吹割の滝へバスで沼田駅から避暑地へ滞在時間60分

吹割の滝のすぐ近くまで行ける避暑地
吹割の滝のすぐ近くまで行ける

スポンサーリンク

吹割の滝を調べると必ず「東洋のナイアガラの滝」と書いてある観光ガイドが多く、どんな巨大な滝なのかと思いませんか?

もちろん吹割の滝のスケールも気になるのですが、真夏の暑さから解放される涼しい避暑地を探していたら目に留まったので気になりましたので訪れてみました。

すると川が割れているところに水が落ち込む様子が目の前で見られ、あまりの近さに水しぶきを浴びることができるので、猛暑から逃れて吹割の滝を訪れ涼しさを体感できたので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

遊歩道を水しぶきを浴びながら歩く吹割の滝へ

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR上越線・沼田駅で下車します。

青春18きっぷを使って東京駅からだとJR高崎線で約2時間で高崎駅まで行き上越線乗り換えて40分程です。

片道乗車券が2,640円かかるので、青春18きっぷ利用ならば1回あたり2,410円なので2,870円お得になりますよ!

または、上越新幹線の上毛高原駅下車ならば約1時間で行くことができて、乗車券と特急券合わせて5,490円かかります。

沼田駅からバス

バス停は改札を出た目の前のロータリーを時計回りに回って2番バス停から、関越交通バスの鎌田線(大清水行き)に乗り、料金は1,250円(子供630円)40分で、沼田駅から吹割の滝バス停へ行くことができます。

料金の支払いはバス車内で現金またはSuicaなどの交通系ICカードが利用できます。

そして一部バスは上毛高原駅まで延長運転しているので、運行本数は少ないですが新幹線利用で上毛高原駅から吹割の滝へ行くことができます。(70分1,700円)

関越交通バスから吹割の滝へ行くのに便利でお得なフリーきっぷ「沼田市周遊1日フリー乗車券」が発売されています。

途中下車しないで往復乗車するだけでも、850円もお得になりますよ!

また、沼田駅を含めた群馬県内の鉄道が乗り降り自由になるフリーきっぷも忘れずにね。

マイカー

関越自動車道・沼田IC降りて左折して、国道120号線を約17㎞・30分程で吹割の滝へ行くルートで、東京から約2時間半(約170㎞)で到着します。

料金は片道で約4,720円程で、10台ほどしか止められない駐車場は無料で利用できますし、吹割の滝バス停付近ならば、ドライブインやお土産屋さんの駐車場が無料で利用できました。

吹割の滝など高原の涼しい群馬県へマイカーで訪れて観光するならば、「ググっとぐんまフリーパス」を使わないなんて損していますよ!

住所群馬県沼田市利根町追貝
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイト吹割の滝(沼田市)
駅からバス沼田駅からバス路線利用可
波乗りアヒル
波乗りアヒル

どのフリーパスを使うか迷いますが、知らなくて使わなかったということが一番損するので、お得に吹割の滝観光を楽しみましょう。

吹割の滝滞在時間

訪れたのは2017年8月17日に太陽ギラギラの暑さを逃れ涼しさを求めて、青春18きっぷを利用して13:49に沼田駅に到着しバスに乗り換え吹割の滝バス停を降りたのが15:10頃でした。

そして吹割の滝遊歩道を1週して、マイナスイオンをたっぷり浴びて涼しんで、再びバス停に着いたのが16:15でしたので、吹割の滝滞在時間60分でした。

そしてバスに乗り沼田駅に戻ってきたのが17:30でしたので、沼田駅から吹割の滝を訪れて戻ってくるのに約3時間かかりましたので、旅行の計画の際にはぜひ参考にして下さいね。

吹割の滝バス停から遊歩道を歩く

吹割の滝遊歩道案内板
バス停は交番前の入口付近です

吹割の滝バス停を降りてすぐ左に細い道を下ると吹割の滝へ最短で行くことができますが、楽しみは最後にして、降りたバス停から200mぐらい歩いて戻ります。

すぐに赤い橋(吹割大橋)を渡る事になり、渡り終えると右へ曲がれる遊歩道へと続きますが、歩きやすい部分もありますが・・・

吹割の滝遊歩道
緩やかな上り坂もあり

第1観瀑台~第3観瀑台まである吹割の滝を上から見下ろしながら遠くの山々を望める絶景を見られるので、とにかく登りです。

吹割の滝遊歩道上り階段
これは緩やかな方ですよ

ところどころ急階段が待っていますので、覚悟してください。

でも、ところどころ木々の隙間から見られる観瀑台と言われる撮影スポットでは、絶景を見ることができますよ。

第3観瀑台付近
第3観瀑台付近

だいぶ登ってきことが分かりますよね、でも吹割の滝周辺の気温は26℃ほどしかありませんので、東京と比べると5℃ほど低くなっています。

その為に日陰の森林の中を歩いているので、とても心地よいですよ。

吹割の滝上から撮影
ズームして22㎜で撮影

川の割れ目に水が落ちる吹割の滝を上から見られるのも、歩いた賜物です。

そして風が吹くと川の水によって冷やされた夏の風がとても心地よく涼しいので、真っすぐ吹割の滝へ向かわずに遊歩道を歩いてみてくださいね。

水の上を流れる風

30分程歩いて2本の橋を渡り吹割の滝の川沿いの遊歩道まで降りてくることができ、ここはほぼ川の横を歩けるので、とにかく涼しいので26℃という気温よりももっと涼しく感じられます。

吹割の滝の川の横
吹割の滝の川の横

そして何といっても前日まで雨が降っていたので、水量がかなり多めとのことで規制線が張られていましたが、迫力満点の水量・轟音が響き渡っていました。

おかげで水しぶきも大量で、風が吹くとちょっと寒かったですが避暑地を求めて吹割の滝へ来たので大満足です。

吹割の滝のすぐ近くまで行ける
吹割の滝のすぐ近くまで行ける

そして水しぶきを浴びながら30分程吹割の滝を眺めてバス停を目指しましたが、本当に寒いぐらい涼しかったので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

ちなみに周辺の木々の色が赤く染まる紅葉の時期も、人気があるようなのでまた秋に訪れてみたいものです。

スポンサーリンク

吹割の滝周辺の観光スポット

同じ沼田駅から行ける観光スポットとして関東最大級のラベンダー畑が見られる「たんばらラベンダーパーク」があります。

北海道の美瑛に行かなくても辺り一面の薄紫色の絨毯・ラベンダーを見に行きませんか?

標高1,300mの高原なので吹割の滝よりももっと涼しいですよ!東京と10℃も違う事もあるんですよ!

スポンサーリンク

群馬県の観光スポット体験談・感想

猛暑から逃れて涼しい避暑地を探すと群馬県って意外と多いですよ!天気予報の気温だけじゃわからない涼しさを求めて観光スポットへ出かけた情報をまとめています。

コメント