スポンサーリンク

旧碓氷峠の絶景スポット軽井沢見晴台へ往復時間60分

軽井沢見晴台絶景パノラマ旅の器
2019年9月撮影

軽井沢で絶景スポットといえば、白糸の滝と旧碓氷峠の見晴台が有名で、軽井沢に訪れたら絶対に外せない観光スポットですよね。

そこで軽井沢の絶景スポット「見晴台」を訪れたいのですが、滞在時間の目安が分からずにスケジュールを組むのに困ったことありませんか?

せっかく軽井沢観光に訪れるのだから、行きたいお店や観光スポットを時間の無駄無く訪れたいと思いませんか?

波乗りアヒル
波乗りアヒル

人によってバラツキのある滞在時間はたくさんある旅行サイトには掲載していない事が多く、旅行スケジュールの参考になればと滞在時間を意識して体験談を書いてみました。

滞在時間目安

私自身が訪れた時に要した滞在時間なので、最低限これぐらいの時間を計算してスケジュールを立てれば、バスや電車に乗り遅れる事が無い参考時間と思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

訪れるたびに様々な景色に出会える軽井沢見晴台

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR・しなの鉄道の軽井沢駅で、東京から北陸新幹線で約1時間程です。

またはJR信越本線・横川駅からバスで約35分(510円)です。

バス

旧軽井沢銀座通りの観光会館前から「赤バス」が運行されていますが、残念ながら軽井沢駅からの運行はありません。

軽井沢駅から旧軽井沢駅まで「草軽交通バス」で5分160円ですが、たくさんのお店がある通りなので歩いてのんびり行くのもいいと思いますが、1.6㎞で25分かかりました。

マイカー・レンタカー

上信越自動車道の碓氷軽井沢I.C下車して約13㎞25分ぐらいの道のりですが、混んでいることが予想されたので、青春18きっぷを利用して電車でお盆に訪れた時は、軽井沢駅から旧軽井沢駅まで大渋滞で歩いた方が早かったです。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

マイカーで軽井沢を訪れるならば、東京方面からならば1つ手前の松井田妙義I.Cで高速を降りて、国道18号で軽井沢方面へ行き、途中の横川の峠の釜めしを食べたり、めがね橋を眺めるのもお勧めですよ。

駐車場は3台ぐらいしか止める事ができないぐらいのスペースしかありませんでしたが、無料です。

住所長野県北佐久郡軽井沢町峠町
営業時間自由に行くことが可能
料金無料
公式サイト軽井沢町ホームページ

お盆に訪れた時は、混雑しすぎて断念したのですが、今回はマイカーで17:30頃でガラガラだったので、移動時間が短いと思います。

軽井沢駅から見晴台まで10分で到着し見晴台滞在時間が20分なので、マイカーで軽井沢駅往復するには最低でも50分は必要になりますが、道が空いていたので軽井沢駅から旧軽井沢駅まで4分で移動しています。

軽井沢見晴台への道のり

旧軽井沢銀座のお店は17:00頃に閉まり始めてしまいますので、見晴台目的ならば道が空いているので移動には最適です。

軽井沢駅から旧軽井沢駅までわずか4分程で、旧軽井沢銀座も通行可能になっていたのでスイスイ進んで行くことができました。

軽井沢見晴台への山道
軽井沢見晴台への山道

途中不安になるような道を通りますが、進んで行くと非常にわかりずらいけど、ちょっと怪しいい場所にたどり着きます。

軽井沢見晴台入口
右の砂利道方面が見晴台ですが、通り過ぎてしまいました。

車を降りて看板らしきものを見てみると、ここの先が見晴台だという事を認識できました。

右奥に数台止められる無料の駐車場があります。

軽井沢見晴台駐車場方面
車からじゃ見えないよね。

車を止めて目の前の門をくぐれば、もうすぐ見晴台です。

軽井沢見晴台駐車場目の前
駐車場はこの門の手前です

上り坂の遊歩道の距離はわずかですよ!

軽井沢見晴台遊歩道
ちょっとだけ急な上り坂

標高1200mの大パノラマ絶景

軽井沢見晴台
群馬県方面かな?

9月中旬ではまだ紅葉には少々早いようですが、雄大な大パノラマ景色を眺めることができます。

軽井沢見晴台から浅間山方面
浅間山越の夕日を狙っていたのですが、雲が邪魔した

夕日を狙っていたのですが、そう簡単にはいかないですよね。

また次回チャレンジしたいですね。

軽井沢見晴台県境
県境看板前での記念撮影も忘れずにね。人気スポットです

軽井沢の見晴台は群馬県と長野県のちょうど県境にありますので、県境を示す標識がありますので、SNSなどに記念撮影の写真がアップされていますよね。

今回の軽井沢観光は白糸の滝と軽井沢見晴台だけを見にマイカーで訪れ、トータル2時間10分程軽井沢滞在時間でした。

訪れたのは平日16:00~18:10なので渋滞は全く無しならば、短い時間でも十分楽しめました。

コメント