タングラム斑尾ラベンダー園へ長野駅からバスで60分

タングラム斑尾ラベンダー園ラベンダー

飛行機に乗って北海道へ行かなくてもラベンダーが一望できる場所が長野県にはたくさんあるのをご存知でしたか?

高温多湿に弱いラベンダーなので標高の高い長野県ならば、避暑地も多く涼しいイメージなので納得できますね。

しかも平地ではなく山の斜面にラベンダーが一面に広がっているので、広大な景色を見ることができる絶景スポットです。

長野県北部にある斑尾高原の「タングラム斑尾ラベンダー園」は、7月上旬~8月上旬が見頃ですが、まだ訪れた事が無いので、訪れる準備として下調べをまとめてみました。

スポンサーリンク

長野県のラベンダースポット「タングラム斑尾ラベンダー園」

ラベンダー見頃 7月上旬~8月上旬

アクセス

電車・バス

最寄り駅 タングラム斑尾へ行くルートは3つあります。

北陸新幹線・飯山駅で下車するルートで東京から約1時間40分・8,200円程で行くことができます。

または、しなの鉄道北しなの線・黒姫駅で下車するルートで約2時間20分・8,400円程でも行くことができます。

さらに長野駅からも事前予約制のバスが1往復(夏休み期間は2往復)だけですが、運行されているのでこちらのルートも可能です。

路線バス

飯山駅の千曲川口バス乗り場1番より、長電バスの急行タングラム斑尾行きが運行されていますが、期間限定で7月22日~7月25日、7月31日、8月1日、8月7日~8月22日しか運行されていません。

そして運行本数も飯山駅発は3本(10:00・12:27・15:15)・1,000円です。

次に黒姫駅はタングラムバスが野尻湖経由で乗車時間は約30分で料金は600円で、11月30日まで毎日4往復運行されています。

長野発直通バス予約方法

※乗車前日の17:00までの予約制(受付:ホテルタングラム TEL. 026-258-3511 )

最後に事前予約制の長野駅からタングラム斑尾直通バスが運行され、夏休み期間中は2往復でその他期間は1往復の運行で、約70分・1400円です。

マイカー利用

上信越自動車道・信濃町IC下車して国道18号線を通り約10㎞です。

東京から約290㎞・約3時間30分・7,300円程で、タングラム斑尾ラベンダー園へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

タングラム斑尾ホテルの駐車場が無料で利用できます。

住所長野県上水内郡信濃町古海3575-8
営業時間9:00~17:00
料金無料
公式サイトタングラム斑尾ラベンダー園
駅からバスJR長野駅からバス利用可

河口湖畔・八木崎公園ラベンダー畑滞在時間

タングラム斑尾ラベンダー園がある斑尾高原の「タングラム斑尾東急ホテルリゾート」には目の前に広がるスキー場に100万本ものラベンダーが広大な斜面に広がっています。

関東の貴重なラベンダー畑の1万本や数千本というスケールとは、比較にならない北海道並みのラベンダー畑のスケールになっています。

実際に訪れた時に滞在時間を記載します。

スポンサーリンク

北海道以外で見られるラベンダー絶景スポット

高温多湿に弱い特徴のラベンダーは、北海道以外では栽培が難しく、全国的には数少なく貴重なので、東北・関東・中部・関西・九州で見られる場所は限られています。

北海道へ行けないけどラベンダー畑が見たいと思ったら、紫色の癒しを求めて、近くないかもしれませんが訪れてみてはいかがですか?