猪苗代ハーブ園のラベンダーへ猪苗代駅からバスで15分

ラベンダーラベンダー

飛行機に乗って北海道へ行かなくてもラベンダーが一望できる場所が福島県にあるなんて。

高温多湿に弱いラベンダーを福島県で育てるのは大変なんでしょうが、電車とバスを利用して見られるならば、ぜひ訪れてみたいと思いませんか?

福島県の猪苗代町にある「猪苗代ハーブ園」内にあるラベンダー畑は、6月上旬~7月上旬が見頃となっています。

まだ訪れた事が無いので、訪れる準備として下調べをまとめてみました。

スポンサーリンク

福島県のラベンダースポット「猪苗代ハーブ園」

ラベンダー見頃 6月上旬~7月上旬

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR磐越西線・猪苗代駅で下車します。

東京駅から東北本線で宇都宮駅や黒磯駅で乗り換えて郡山駅へ、そして磐越西線に乗り換えて約5時間40分・4,840円で行くことができます。

東北新幹線を郡山駅まで利用すれば、おおよそ半分の2時間30分・8,580円となります。

路線バス

猪苗代駅から猪苗代ハーブ園のラベンダーを見に行くには、リステルパーク無料送迎シャトルバスが利用でき、およそ15分です。

この無料送迎シャトルバスは宿泊者以外も利用できますが、コロナ禍の為に前日の17時までに予約をしなくてはいけません。

また郡山駅発の電車の時刻に接続できるように運行されますが、平日は3本・土日祝は6本の運行本数となっています。

マイカー利用

磐越自動車道・猪苗代磐梯高原IC下車して国道115号線を通り約5㎞です。

東京から約280㎞・3時間30分程・約7,000円で猪苗代ハーブ園のラベンダーへ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

駐車場に関する情報を取得次第記載します。

住所 福島県耶麻郡猪苗代町川桁リステルパーク
営業時間10:00~16:00(土日祝17:00)
料金大人350円 小学生250円
公式サイト猪苗代ハーブ園
駅からバスJR猪苗代駅からバス利用可

猪苗代ハーブ園のラベンダー畑滞在時間

猪苗代ハーブ園では、ラベンダーの開花状況に合わせて6月上旬から7月中旬まで「ラベンダーフェスティバル」が開催されます。

さらに入園料の他に500円を支払えば、ラベンダーの花摘み体験もできるます。

猪苗代駅から無料送迎バスが運行されているので車の運転ができなくても、訪れることができます

実際に訪れた時に滞在時間を記載します。

スポンサーリンク

北海道以外で見られるラベンダー絶景スポット

高温多湿に弱い特徴のラベンダーは、北海道以外では栽培が難しく、全国的には数少なく貴重なので、東北・関東・中部・関西・九州で見られる場所は限られています。

北海道へ行けないけどラベンダー畑が見たいと思ったら、紫色の癒しを求めて、近くないかもしれませんが訪れてみてはいかがですか?