大晦日終夜運転と年末年始の運行情報まとめ

天然記念物で最大級のスケールを誇る岡山県の鍾乳洞「井倉洞」へ

井倉洞

岡山県の観光名所として岡山後楽園や倉敷の美観地区と並び、新見市の巨大な鍾乳洞「井倉洞」が有名で、なんと数億年もの間を継続的に一滴一滴がしたたり落ちた水が作り出した神秘の巨大な鍾乳洞となっています。

岡山県の北部はカルスト台地で形成されているので数多くの鍾乳洞がありますが、運行本数は少ないですが電車やバスで行くことができる岡山県三大鍾乳洞のひとつで、天然記念物指定の「井倉洞」があります。

入口が高さ240mの位置にある断崖の壁面にあり、洞窟の長さ1200m・高低差90mと全国的に見ても最大級の鍾乳洞へ訪れてみてはいかがですか?

目次

岡山三大鍾乳洞「井倉洞いくらどう

JR伯備線・井倉駅から600mほどのところに無料の駐車場とトイレがあり、いつでも自由に利用できて井倉洞に向けて歩けば、昭和の時代に伯備線を走っていた「蒸気機関車D51 838号機」が静態保存されています。

そして高梁川沿いをさらに200mほど進むと、絶壁の割れ間から流れる滝「井倉の滝」が見えたら井倉洞の記念碑と券売機やお土産屋さんに到着します。

入場券を現金のみ利用できる券売機で購入し、入り口を通り橋を渡れば井倉洞入口に到着すると、中から冷たい空気が流れてきて真夏の暑さから一気に清涼感を味わせてくれます。

それもそのはずで、井倉洞の内部は年間を通じて15℃~16℃になっているので、訪れた日の最高気温が34℃でしたの半分以下なので気持ちいいのも当然ですね。

井倉洞滞在時間

駐車場から蒸気機関車や井倉の滝を見ながら歩いて、井倉洞を散策して戻ってくるまでの井倉洞滞在時間は70分でした。

鍾乳洞内の高低差が大きく階段も多く、さらに腰をかがめながら歩かないと通れないほど狭い通路の箇所も多かったので、ホームページには40分程と記載されていましたが、井倉洞内の滞在時間だけでも55分もかかってしまいました。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
おススメ
波乗りアヒル

個人的なおススメ度は、岡山駅から電車もバスも運行本数が少ないですが、運行間隔はちょうど良くなっています。
真夏に訪れたので気温が34℃ありましたが、井倉洞内は寒いぐらいでライトアップがとても綺麗なのでおススメです。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】JR伯備線・井倉駅

JR岡山駅からJR伯備線に乗りJR井倉駅まで約1時間25分・1,340円で行くことができます。

JR岡山駅から特急「やくも」をJR新見駅まで利用すると、約1時間・2,720円となります。

【路線バス】備北バス・満奇洞バス停

新見駅から井倉駅を経由して満奇洞へ行く備北バス「長谷川病院~満奇洞線」に乗車して、新見駅からは約40分・410円で、「井倉駅前」バス停を下車して800mほど歩けば到着します。

時刻表

井倉洞が最寄り駅の新見駅や井倉駅がフリーエリア内になっている、JR西日本のフリーきっぷを利用してお得に鉄道旅を楽しみませんか?

アクセス(マイカー・レンタカー)

岡山駅から山陽自動車道・岡山自動車道を通り、中国自動車道・北房IC下車するルートで、東京から約85㎞・1時間30分程・高速代1,600円程で、井倉洞へ行くことができます。

井倉洞基本情報

住所岡山県新見市井倉409
営業時間8:30~17:00
料金高校生以上1,000円
公式サイト井倉洞
駅からバス井倉駅から徒歩15分

駐車場

井倉洞の駐車場が無料で利用できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次