まきばの館ラベンダー畑へ津山駅・美作追分駅からもバスなし

ラベンダーラベンダー

ラベンダーと言えば北海道ですが、なかなか見に行くことができないの近隣で探してみるとラベンダーを見られる場所が少ない事に気づきませんでしたか?

ラベンダーは高温多湿に弱いことが原因なんです。

その為に栽培するのが非常に難しいのですが、岡山県北部の主要都市「津山市」の近く美咲町・まきばの館のラベンダー園があり、約6,000株のラベンダーが6月中旬~7月中旬が見頃ですが、まだ訪れたことがないので、訪れる準備として下調べをまとめてみました。

スポンサーリンク

岡山県のラベンダースポット「まきばの館」

ラベンダー見頃 6月中旬~7月中旬

2021年度ラベンダーまつりについて

まきばの館では特別なラベンダーまつりの告知はありません。

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR姫新線・美作追分駅(みまさかおいわけ)で下車します。

大阪駅から新快速で姫路駅まで行き、姫新線で美作追分駅まで行きたいところなのですが、上月駅・津山駅で乗り換えて美作追分駅へ4時間~5時間・4,000円程で行くことができます。

新大阪駅から山陽新幹線を利用して岡山駅まで行き、特急やくもで新見駅で姫新線乗り換えても3時間20分・8,000円程かかります。

このようにあまりにも鉄道アクセスが悪いので岡山駅から高速バスを利用する方法もあり、岡山駅から中国勝山駅まで1時間50分・2,200円で行くことができ、ここから姫新線に乗り換える方法もあります。

路線バス

残念ながら最寄りの美作追分駅、岡山駅から直通バスがある中国勝山駅、岡山北部の主要駅でもある津山駅からも路線バスが「まきばの館」付近まで運行されていません。

美作追分駅からまきばの館までは6㎞弱あり、山を登って行くので歩いたら1時間30分はかかると思うので現実的ではありません。

まきばの館へはタクシーを使ったら7,000円ぐらいかかると思うので、マイカーかレンタカーで行くしかないと思います。

マイカー利用

中国自動車道・院庄IC下車して国道179号線を通り約15㎞です。

大阪から約180㎞・約2時間30分・5,000円程で、まきばの館ラベンダー園へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

駐車場はまきばの館の駐車場が無料で利用できますが、2021年6月20日まで臨時休業しています。

住所岡山県久米郡美咲町北2272
営業時間10:00~17:00
料金無料
公式サイトまきばの館
駅からバスバス路線無し

蒜山ハーブガーデンハービル滞在時間

実際に訪れた時に滞在時間を記載します。

スポンサーリンク

北海道以外で見られるラベンダー絶景スポット

高温多湿に弱い特徴のラベンダーは、北海道以外では栽培が難しく、全国的には数少なく貴重なので、東北・関東・中部・関西・九州で見られる場所は限られています。

北海道へ行けないけどラベンダー畑が見たいと思ったら、紫色の癒しを求めて、近くないかもしれませんが訪れてみてはいかがですか?