絶対外せない函館山の日本三大夜景へ函館駅からバスで30分

道南

初めての函館旅行または、何度か訪れた事のある函館観光。

絶対に外せない、何度も見たくなる絶景スポットが函館にはあり、長崎の稲佐山・神戸の摩耶山と函館の函館山からの夜景を日本三大夜景と言われています。

そこで、今回はこの夜景を見る為に函館を訪れる旅行プランを中心に計画を立てる人も多いと思いますので、函館空港からや新函館北斗から電車とバスを利用した、函館山夜景プランをご紹介します。

スポンサーリンク

時間を忘れてしまうほどの絶景「函館山」

アクセス

電車・バス

最寄り駅

函館市電・十字街電停で下車して徒歩700m・10分ほどで函館山ロープウェイ山麓に到着します。

函館駅前から約5分・210円ですが、函館駅から歩いても1.3㎞程なので、函館駅から町並みを見ながら歩いても30分程で函館ロープウェイ乗り場まで行くこともできます。

路線バス

函館駅から西部地区循環バスや元町ベイエリア周遊号で210円・10分程で函館山ロープウェイ山麓駅へ到着します。

または、函館山登山バスで函館駅から函館山山頂まで400円・30分ほどで行くことができます。

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ山麓駅より山頂まではロープウェイを利用して、往復1,500円(子供700円)・片道1,000円(子供500円)で3分ほどで行くことができます。

函館山ロープウェイ乗車券は現金またはSuicaなどの交通系ICカードが自動券売機で利用でき、クレジットカード利用は窓口で購入可能です。

函館山ロープウェイ山麓駅からロープウェイに乗車して景色を見ながら山頂へ向かう方法もおススメです。

ただ1,500円は安くは無いので、「カンパス」や「共通乗車券」を利用すれば、函館空港からも函館駅や五稜郭からも函館バスと函館山登山バスが追加費用無しで、函館山山頂へ行けるフリーきっぷがありますよ。

マイカー利用

函館空港から国道278号線を通り約15㎞・30分程で函館山の山頂駐車場へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

山頂駐車場が無料で利用できますが止められる台数に限りがあるので、駐車場待ちの渋滞が発生する事が多いのでご注意ください。

住所北海道函館市函館山
営業時間10:00~22:00
料金往復1,500円
公式サイト函館山ロープウェイ
駅からバスJR函館駅からバス利用可

函館山ハイキングコース

函館山ハイキングコースマップ
画像:函館山ロープウェイより

標高334mの函館山にはいくつかのハイキングコースが整備されていて、1時間程で山頂まで登ることができますので、片道だけロープウェイを節約して500円安くして、途中の展望台などで絶景を楽しむこともできます。

なお、冬季期間は閉鎖されますので訪れる際は事前に確認が必要です。

函館山の日本三大夜景に行くならば、函館駅中心に10㎞圏内に観光スポットが集まっているので、函館市内観光スポットへ訪れてみませんか?

スポンサーリンク

その他の道南観光エリアへ

函館は北海道の道南エリアの中心ですが、道南エリアと言えば松前半島を指す事が多いのですが、ぐるっと回ろうとするとなんと300㎞もありますので、東京から新潟までの距離になるのでとても1日じゃ無理です。

レンタカーならば強行スケジュールも可能ですが、鉄道やバスのフリーパスを使う事を考えて交通の利便性に合わせて、函館から北へ行く「大沼公園エリア」、函館から西へ行く「木古内・松前エリア」、さらに北西へ行く「江差エリア」の3つに分けて訪れることができますよ。

大沼・七飯・森・鹿部エリア

函館から北へ30分~2時間ほどで行くことができ「はこだて旅するパスポート」のフリーエリアとなっている函館周辺の観光スポットをご紹介します。

木古内・知内・松前エリア

函館から西へ30分~3時間ほどで行くことができ「はこだて旅するパスポート」や「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアとなっている函館周辺の観光スポットをご紹介します。

江差・上ノ国・乙部エリア

函館から北西へ1時間30分、松前から北へ1時間40分ほどで行くことができ「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアになっている函館観光スポットをご紹介します。