MENU

1898年からの今も活動を続ける女子修道院「トラピスチヌ修道院」

北海道エリア別フリーパス

日本初の女子観想修道院として1898(明治31)年に創立された女性だけの修道院で、なんと現在も設立当初からの規律や祈り・労働や聖なる読書などの生活を守って、トラピスチヌ修道院内で共同生活を続けています。

その為に、修道院内は立ち入り禁止となっていて中に入ることはできませんが、併設された前庭や資料室を見学することができ、院内での生活や修道院の歴史などを紹介しています。

また売店で販売されているマダレナケーキやクッキーは、おみやげとしても有名でその売り上げが修道院での生活を維持するための収益源となっています。

ラピスチヌ修道院内の洋風建築や聖母マリア様や大天使聖ミカエル像など、ここでしか見られないので訪れてみてはいかがですか?

目次

トラピスチヌ修道院

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる