はこだて旅するパスポートと道南MaaSで函館エリアが乗り放題

JR函館駅ワイド

JR北海道(函館~森)と函館バスと函館市電、道南いさりび鉄道線が1日間または2日間乗り降り自由となるフリーきっぷです。

函館市内観光名所巡り以外にも函館周辺観光スポットもフリーエリアになるので「大沼公園」「函館七飯ゴンドラ」「しかべ間歇泉公園」「史跡松前藩戸切地陣屋跡」などへも、はこだて旅するパスポートで行くことができますよ。

はこだて縄文めぐりパスポート販売期間中は「はこだて旅するパスポート」は、内容が同じなので販売休止になります。

目次

はこだて旅するパスポート詳細

フリーパス基本情報

フリーパス 2023年4月1日まで 利用当日購入可

販売場所

函館・五稜郭・桔梗・七飯・大沼・大沼公園・森・八雲・長万部・奥津軽いまべつ・木古内・新函館北斗の各駅・ツインクルプラザ函館支店

販売期間 2023年4月1日まで

有効期間

  • 1日間用…2022年4月1日~2023年3月31日
  • 2日間用…2022年4月1日~2023年4月 1日

販売価格

はこだて旅するパスポート大人子供
1日間用2,690円1,340円
2日間用3,650円1,810円

フリーエリア

はこだて旅するパスポートフリーエリア
画像:道南MaaSより

参照サイト JR北海道 はこだて旅するパスポート

列車の利用条件や特例

下記鉄道路線が乗り降り自由となります。

  • 函館本線(函館~森)駅間(渡島砂原経由含む)快速・普通列車の自由席
  • 道南いさりび鉄道全線(五稜郭~木古内)
  • 函館市電全線

函館バスの下記路線が乗り降り自由となります。

  • 函館市内・北斗市内・七飯町・鹿部町全線
  • 砂原線(森駅前~砂原東3丁目)
  • 濁川線
  • 函館~知内線(バスセンター~木古内駅前)
  • 快速松前号(函館駅~木古内駅前)

指定席・特急列車手続き

指定席利用する場合は別途指定席券購入で、特急列車利用する場合は別途特急券購入で利用可能。

利用する日を指定せずに利用日未定で購入可能で、利用当日に開始日を登録することで連続2日間の有効期間が設定されます。

さらに、列車の遅延や運休などが発生しても払い戻しや有効期間の延長なども行いません。

特典など

エリア内の「駅レンタカー北海道」の利用料金が割引になります。

北海道エリア別フリーパス

フリーエリア内の観光スポット

はこだて旅するパスポート訪れることができる観光名所で、函館周辺エリアとして代表的な大沼公園や函館イーストエリアと言われる「恵山・鹿部・七飯・北斗」や渡島東部エリア「森・八雲・長万部」をご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次