バスで温泉につかる猿が見られる函館市熱帯植物園の「サル山温泉」へ

道南

函館の有名温泉地の「湯の川」の温泉街に函館市熱帯植物園がありますが、熱帯植物よりも「サル山温泉」と言った方が有名かもしれませんね。

それは植物園をのびのびと動き回る約90頭のニホンザルが、12月からGWまでの間には温泉につかる姿が一番有名だからです。

函館空港からも函館駅の間にあるの函館市電や路線バスでのアクセスも良いので、函館観光に行ったら温泉につかるお猿さんを見て癒されてみませんか?

スポンサーリンク

館市熱帯植物園の「サル山温泉」

アクセス

電車・バス

最寄り駅

函館市電・湯の川温泉電停で下車して徒歩10分・900mほどで、函館駅前からは30分・250円です。

路線バス

函館駅前の空港連絡バス乗り場から「函館空港シャトルバス」で湯の川温泉バス停まで約12分・300円です。

シャトルバスの湯の川温泉バス停は国道278号線にあるので、函館市熱帯植物園に近く歩いて300m・4分で行くことができます。

函館駅前3番バス乗り場から路線バスで行くならば、最寄りバス停は「熱帯植物園前」で95系統・96系統・5A系統が利用でき、バス停から歩いて200m・3分で行くことができ、バス所要時間は約20分・270円です。

「カンパス」や「共通乗車券」を利用すれば、函館空港からも函館駅や五稜郭からも函館バスと函館市電が利用できるので、フリーきっぷをフル活用できますよ。

マイカー利用

函館空港から国道278号線を通り約3㎞・10分程で函館市熱帯植物園のサル山温泉へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

函館市熱帯植物園に駐車場があり無料で利用できます。

住所北海道函館市湯川町3-1-15
営業時間4月~10月 9:30~18:00
11月~3月 9:30~16:30
料金300円(中学以下100円)
公式サイト函館市熱帯植物園
駅からバスJR函館駅からバス利用可

函館市熱帯植物園の「サル山温泉」に行くならば、函館駅中心に10㎞圏内に観光スポットが集まっているので、函館市内観光スポットへ訪れてみませんか?

スポンサーリンク

その他の道南観光エリアへ

函館は北海道の道南エリアの中心ですが、道南エリアと言えば松前半島を指す事が多いのですが、ぐるっと回ろうとするとなんと300㎞もありますので、東京から新潟までの距離になるのでとても1日じゃ無理です。

レンタカーならば強行スケジュールも可能ですが、鉄道やバスのフリーパスを使う事を考えて交通の利便性に合わせて、函館から北へ行く「大沼公園エリア」、函館から西へ行く「木古内・松前エリア」、さらに北西へ行く「江差エリア」の3つに分けて訪れることができますよ。

大沼・七飯・森・鹿部エリア

函館から北へ30分~2時間ほどで行くことができ「はこだて旅するパスポート」のフリーエリアとなっている函館周辺の観光スポットをご紹介します。

木古内・知内・松前エリア

函館から西へ30分~3時間ほどで行くことができ「はこだて旅するパスポート」や「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアとなっている函館周辺の観光スポットをご紹介します。

江差・上ノ国・乙部エリア

函館から北西へ1時間30分、松前から北へ1時間40分ほどで行くことができ「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアになっている函館観光スポットをご紹介します。