スポンサーリンク

観光スポットの滞在時間やお得なきっぷなど

夏の茨城観光ひたちなかコキア
みはらしの丘:撮影2016年7月

今度の休日はどこの観光スポットへ出かけますか?

せっかく観光スポットへ行くのだから、滞在時間も移動時間も上手に効率的にフリーパスなどのお得なきっぷを使って遊びたいものですね。

観光スポットの滞在時間は、混雑状況や見るポイントが人それぞれで異なりますが、目安時間って知りたい情報ですよね。

「とりっぷぼうる」では、個人的な主観によるものですが、観光スポットに訪れた体験談を記載しています。

スポンサーリンク

お得なフリーきっぷ

旅先のフリーきっぷを探す

東 北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
甲信越・北陸 新潟 山梨 長野 石川 富山 福井
東 海 愛知 岐阜 三重 静岡
関 西 大阪 京都 兵庫 奈良 滋賀 和歌山

旅はお得にフリーパスの活用術をマスターする」を目標に趣味の旅行を楽しんでいて、観光スポットへ出かけるならばご当地の美味しいものを食べたいと思いませんか?

でもお金の余裕があればいいのですが、そうもいきませんので移動手段は少しでも節約しないといけません。

そこで、フリーパスや鉄道会社・バス会社が発行する企画きっぷなどを活用して、お得に旅を満喫してみませんか?

スポンサーリンク

JALマイル活用してタダ旅を楽しむ

ポイントサイト活用なんて面倒だし、そんな時間もない!

日常生活で何もせずに年間3万マイルが勝手に貯まるんです。貯めたマイルで旅行に行けるなんてお得じゃないですか?

そんな体験談をまとめてみました。

スポンサーリンク

観光スポットを探す

季節感に関しては、観光スポットに訪れた時なので、世間と一致しない場合もありますのでご了承くださいね。

春は梅・桜などの名所へ

早咲きの桜名所・河津桜は存続危機で今後見られなくなる
早咲きで有名な伊豆の桜の名所の河津桜が存続危機に陥り、将来全く見られなくなってしまう恐れがあります。年々桜の木が減っているので、早くいかないと見られなくなりますよ。
日本で初めて指定された天然記念物のしだれ桜
日本三大桜とと言われている三春1本桜は滝桜と言われ樹齢千年。それなのに若々しく桜の花がびっしり咲き乱れ圧巻です。東京から電車で2時間、車で3時間。日帰りギリギリの桜前線を追いかけて三春滝桜は必見ですよ。
6月の千葉観光は150万本の花菖蒲が一面に広がる景観の佐原あやめパークへ
150万本の花菖蒲。佐原といえば、「小江戸・佐原の街並み」が有名ですが、実はあやめも東洋一の規模で有名なんです。毎年5月下旬から6月下旬にあやめ祭りがあり、この期間は無休で営業していますので、天気のいい日に訪れてはいかがですか?
誰でもリニア試乗ができるJR東海専用応募サイト
2019年第2回リニア試乗募集発表!2027年品川~名古屋間で開通予定の中央リニア新幹線。ぜひ乗ってみたいと思いませんか?ごく普通のサラリーマンで何のコネもなく、縁もゆかりもない私でも、乗れちゃいます!リニア試乗ぜひ体験してみませんか?試乗方法知らない人多いので書いてみました!
路面電車で巡れる広島日帰り観光
広島電鉄の路面電車1日フリーパスを使って6時間内で観光するには原爆ドーム・平和記念公園・広島城・縮景園を見て回ることができました。
日本三景宮島へのんびりお得な旅へ
広島宮島観光するならば広電の1日乗船券を使うと電車・フェリーが乗り放題でロープウェイが割引になりもみじ饅頭まで貰えます。滞在時間4時間、広島駅から往復時間含めて7時間たっぷり宮島観光です
伊豆観光の穴場スポットで絶景を独り占め宇根展望台
伊豆急行線の川奈駅と城ケ崎海岸駅が有名過ぎて、間に挟まれてしまった富戸駅から徒歩で宇根展望台へ行けるのですが、案の定隠れた絶景スポットになっています。誰もいないので景色を独り占め
伊豆日帰り観光で城ケ崎ピクニカルコースを60分程ハイキング
城ヶ崎海岸駅から直接門脇吊橋へ行くのもいいですが、一つ手前の駅の富戸駅で下車して、城ケ崎ピクニカルコース入口を歩いて行くのも春ならばとても気持ちがいいのでおススメですよ。無名の宇根展望台が穴場スポット
完成から50年スリル満点の城ヶ崎海岸吊り橋
観光名所の吊り橋のある城ケ崎海岸。完成は1968年なので、もうすでに50年。ただでさえ高さ23mの位置にある吊り橋なのに、古くなってきているので違う意味でもスリル満点かもしれませんね。 城ヶ崎海岸駅から徒歩30分、滞在時間20分です。
買うことができない伊豆急行の伊豆シャボテン公園割引観光セット
伊豆観光で有名な観光スポットの伊豆シャボテン公園へお得なクーポンと言えば、伊豆急行発売の伊豆シャボテン公園割引観光セット乗車券。伊豆急行線とバスと入場券がセットになって25%も割引してくれるのですが、なんと買うことができないなんてがっかりです。
駐車場無料のつつじの名所館林市つつじが岡公園
滞在時間150分。江戸時代から保護育成され400年も続く歴史があったり、向井千秋さんが宇宙で育てた「宇宙つつじ」があったりと、あたり一面つつじを見たいならば、駐車場も無料の館林市つつじが岡公園をおススメします。

夏は涼を求めて避暑地へ

オーバーツーリズムで白川郷観光入村規制導入
世界遺産の岐阜・白川郷といえば、合掌造りの街並みが見られる人気岐阜観光スポットですが、オーバーツーリズムにより、ついに白川郷に行くのに抽選による完全予約制が導入されてしまいました。それでも白川郷へ行くならばフリーパスを使って、お得に行きたい!
忍者ハットリくんと怪物くんの聖地巡礼
アニメ「忍者ハットリくん」や「怪物くん」と聞いて知っている方も多いと思いますが、この作者といえば、藤子不二雄Ⓐ先生なんですが、出身が富山県氷見市ということで、町おこしの一環としているのか、町中モニュメントだらけ。富山観光のついでに2時間ほど楽しめる!
旧碓氷峠の絶景スポット軽井沢見晴台へ往復時間60分
軽井沢駅から車で10分で軽井沢観光スポットの軽井沢見晴台で雄大なパノラマを見ることができました。滞在時間20分あれば、隙間時間にちょっと観光するのに便利ですよ。
たった階段7段で日本一簡単に行ける裏見の滝へ滞在時間30分
日本全国には約2500か所あると言われる日本の滝ですが、滝の裏側に行くことができる滝って数少なく、行くことが困難なイメージがありますが、ここ月待の滝は階段をたった7段だけ降りれば滝の裏に行くことができるので、普段見られない景色を見ることができました。

秋は紅葉の名所へ

日光三名瀑で紅葉名所の東武日光駅から竜頭の滝へ
紅葉の名所と言えば日光の竜頭の滝が有名ですが、大渋滞と大混雑で駐車場に車を止めるのも一苦労。こんな時でも時間帯をちょっとずらすだけで、渋滞も混雑も驚くほど解放されます。ゆっくり自由に紅葉を楽しむ時間帯
奥日光の幻の湖・小田代湖が7年ぶりに出現
小田代湖は雨量にもよるけれど1週間ぐらい見られればいいほうで、早ければ2・3日で消えてなくなってしまいます。今回は7年ぶりとテレビでのニュースになるぐらい珍しい光景なので、訪れてみました。
湯滝は奥日光三名瀑の中で一番目の前で滝壺が見られる
奥日光の戦場ヶ原からハイキングロードを歩くと途中に位置する湯滝。湯ノ湖から滝の側面に遊歩道が整備されていて、滝沿いを歩くことができます。目の前には滝つぼで水の落ちる爆音が涼しい。
めんたいパークは工場直売だから安く買えた
明太子で有名な会社といえば「かねふく」の直売所がお得なのです。大洗工場に隣接しているので切れ端などが安く買えますよ。日本に3か所しかないめんたいパークが茨城県大洗町にあるので、近くに観光へ行ったら帰りに訪れることをおススメします。
日帰り滞在10時間で美瑛観光
交通費総額5,500円で羽田から旭川・美瑛をJALで日帰り旅行を強行するのは貧乏旅行?それとも贅沢旅行?旭川空港でレンタカー借りて青い池、しらひげの滝、十勝岳望岳台、ファーム富田、旭川空港近くの美瑛周辺をのんびり時間を気にせず回る事ができました。
セキスイハイムスーパーアリーナと共に女川観光
仙台駅から2時間ほどかかります(往復4時間)が、桑田佳祐ライブがらくたツアーの後行きました。もちろん、さまざまなアーティストのライブで仙台に行かれる際はぜひ訪れてみてはいかがですか?復興の姿、地元海鮮マグロ丼を味わって微力にしかなりませんが、行かないよりも行った方がいいですよね。
黒部峡谷の大自然と絶景をトロッコ電車で触れる旅
紅葉とエメラルドグリーンのダム湖や川が見られる黒部峡谷。トロッコで直接大自然を触れ合える場所へ北陸新幹線開通で日帰りでも行けるようになったので新幹線乗車目的と合わせて現実逃避の旅かな?運が良ければ野生の猿にも出会えます。
戦場ヶ原の「日光てくてく歩道」をハイキング
9月末は紅葉はちょっと早すぎで10月中旬はやや紅葉かな。秋の戦場ヶ原のハイキングコースをのんびり景色を見ながら歩くことは気分転換に最高です。整備されたコースなので普段着で大丈夫でした。
台風の爪痕残るマザー牧場営業再開へ滞在時間130分
マザー牧場園内はあちこち壊れていたりしていますが、皆さん元気に営業されていました。微力ですが訪れる事で応援できれば良いかなと行ってきました。滞在時間120分でも動物に触れ合えたりこぶたのレースも見られたので、たっぷり癒されてきました。
日光霧降高原と霧降の滝へ滞在時間180分
日光霧降高原と言えば霧降の滝と天空回廊で、霧降の滝は日光三名瀑と言われています。また霧降高原の天空回廊は小丸山展望台からの日光一望ができる絶景スポットで合わせて3時間でバスを使ってい訪れることができますよ。

冬は雪化粧の旅

スポンサーリンク

スポンサーリンク


とりっぷぼうる