スポンサーリンク

EOS Kiss Mのバッテリー持ち時間はどのくらい?

海外表記版バッテリーカメラ

今はたくさんのデジタル機器がありますが、どれもバッテリーの持ち時間ってものすごく気になりますよね。

私もミラーレスカメラデビューを果たしましたが、一眼レフカメラと比べるとバッテリーの消費が早いって書いてあるのを見ました。

スポンサーリンク

バッテリー「LP-E12」(充電2時間)

EOS Kiss Mバッテリー「LP-E12」

CANON EOS Kiss Mの純正バッテリーが当然ながら付属になっていますが、ものすごく残念な点があります。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

USB充電に対応していない点

充電は全て一旦本体から取り外して、専用充電器を使ってバッテリーに充電するしかありませんので、モバイルバッテリーから緊急時は充電なんて事ができなかったです。

と、言う事で旅先でバッテリー切れにより撮影続行不可なんて事は最悪で、避けたいことなので予備バッテリーを1つ購入しました。

純正バッテリー海外表記版

家電量販店の店頭などではCANON EOS Kiss Mの純正バッテリーが税込みで5,000円前後で販売されています。

ネットショッピングでバッテリーLP-E22を探すと「互換バッテリー」なるものが、1,000円~2,500円ぐらいで売ってますね。

また、純正バッテリーの海外表記版?っていうのも3,500円前後でありますね。

さすがに互換バッテリーは使うのにかなりためらうのですが、関係ないかもしれませんがプリンターインクで互換インクを職場で使っていますが、時々すぐに交換サインが出たり、滲んだ印刷になったりって経験があるので個人的に止めときます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

そこで試しに「純正バッテリー海外表記版」を買ってみました。

バッテリーキャップもちゃんと付いていました!

海外表記版バッテリー
左が付属バッテリー、右が海外表記版バッテリー

製品そのものは純正で国内販売向けではなく、海外販売用に作られた商品という事なので、少々不安な点もありました。

まず、最初に気づいたのが箱が無い!

まあ、ごみになるだけなので無くてもいいのですが、箱の代わりにビニール袋の中に入っていましたが、付属のバッテリー同様にきちんとバッテリーキャップも付いていたので安心ですね。

次にバッテリーLP-E12の見た目は写真の通り、日本語表記が無く英語表記と異なっていたぐらいですね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

海外表記版バッテリーでも純正だから当然ですよね。

もちろん、EOS Kiss Mに付属だったバッテリー充電器で、問題なく充電もできました。

何度も使ってみましたが、EOS Kiss M購入時に付属していたバッテリーと海外表記版バッテリーの違いが全く分からないほど問題なく使用できてきます。

まあ、純正品だから当たり前ですよね。

バッテリー持ち時間

当たり前なのですが、バッテリーも最初はよく持ちますがだんだん劣化して持たなくなってきますよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

とにかく知りたいのはこれですよね。

知りたい撮影時間目安
  1. いったい何枚撮影したら電池切れ?
  2. 液晶使用しなければどのくらい電池が持つの?
  3. Wi-fiやBluetoothでスマホ自動転送止で変わるの?

キャノンのホームページにても撮影枚数は約235枚、連続動画撮影1時間25分しか掲載されていませんもんね。

この情報から、一番過酷なバッテリー消費をする動画撮影で1時間25分って事なので、一般的な写真を撮って、スマホに自動転送する設定でどのくらいバッテリー持ち時間を延ばせるかが分かれば、予備バッテリーの必要性が分かりますよね。

一番バッテリーが持たなかった使用例

1時間30分で電池切れ

つつじが丘公園の花が綺麗だったので、何も気にせず撮影していました。

  • 電源入れっぱなし
  • 液晶使用
  • スマホ自動転送
  • GPS記録(スマホからの受信設定)
  • 撮影枚数103枚

最長でバッテリーが持った使用例

2日間で電池切れ

1泊2日の旅行に充電器持って行くのを忘れたので、気を使って撮影しました。

  • 電源は撮影時ON、撮影後OFFの繰り返し
  • 液晶使用しない(撮影アングルによって時々使用)
  • wi-fiなどのスマホ通信系全てオフ
  • 撮影枚数251枚

平均的なバッテリー交換時間

8時間(液晶使用4時間)ぐらいが目安

まだEOS Kiss Mを購入してから4か月なので日帰り旅行などに持参したのは20回ほどしか使用していません。

購入後3回は液晶使用・スマホ通信使用で4時間ぐらいでバッテリー交換していましたので日帰り旅行でも足りなくなることがありましたので、液晶画面だけなるべく使わなくしたところ、予備バッテリー使わなくても大丈夫。

今は、下記のような設定で使用を心がけています。

  • 電源は基本的にONにしています
  • 液晶はファインダーを覗けないアングルのみ使う
  • wi-fi通信もオフ
  • 撮影枚数は150枚~229枚

2019年8月1日、EOS Kiss M購入してから4か月なので、バッテリー持ち時間に関して、もう少しデータが必要なので、実体験を積み重ねて情報アップしていきたいですね。

6月ぐらいか液晶画面を極力使わないこの方法でEOS Kiss Mを使用している為か、予備バッテリー使う事がほぼありません。

液晶画面使っていたころはすぐ電池切れだったのが、8時間ぐらい持ってくれればいいですもんね。

可能な限りEOS Kiss M使用後にバッテリー使用状況を更新します。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

スマホ自動転送しなくても、必要な時だけWi-fi接続して画像選んで転送してSNS等にアップすればいいので不便はありません。

また、バッテリーは外気温によって電池の持ちが変わると言われていますので、冬になったらもう少し短くなると思いますね。

バッテリーは付属と別途購入の1個合わせて2個で、出かけていますがすでにバッテリー切れの不安をまだ抱えていますので、バッテリーはあと1個か2個あったら安心してたくさん撮影できそうと思っています。

それでもコンセントがある場所でしか充電ができないという不便さと不安は消えませんよね。そこで思い切って純正品ではありませんが、USB充電器を思い切って購入してみました。

成功か?失敗か?購入して使ってみた体験談を書いてみました。

コメント