スポンサーリンク

EOS Kiss Mで暗い場所を明るくして撮影する方法

EOS-KISS-M単焦点レンズEF-S22カメラ

ミラーレスカメラデビューして、スマホ撮影やコンパクトデジタルカメラと違って思い通りの写真が撮れる!って思っていましたが、ド素人すぎると宝の持ち腐れになってしまいますよね。

EOS Kiss Mを購入して、カメラに慣れるために(勉強する為の方が正確かな?)関らず持ち歩いて出かけていますが、ちょっと暗い所の撮影ってよくある事ですよね。

スマホの時はほぼ諦めていたし、コンパクトデジタルカメラの時は明るい所で半押しでシャッター押せば何とかなっていましたが、EOS Kiss Mでは同じ技が使えませんでした

スポンサーリンク

ISO感度を上げる

暗い場所で撮影するならば、ISO感度を上げて撮影するって雑誌などにも書いてありますが、はっきり言ってISO感度を変えるとどうなるのか全く分からなかったので、試してみました。

ISO感度100
オートで撮影したらISO感度100
ISO感度8000
ISO感度を8000に設定

EOS Kiss MでISO感度を上げてみたらどうなるか?極端になりましたが、ここまで明るくなりました。

日陰の看板でも試したのですが、同じように明るく撮影できました。

EOS KISS M ISO感度
ISOオートで撮影すると100
EOS KISS M ISO感度
ISO10000は白飛びしているような気がしますね
スポンサーリンク

M-Fnボタンで楽々ISO感度設定

カメラに詳しく精通している方がこのブログを見たら呆れちゃうかもしれませんね。

でもど素人の初心者にはISOって単語すらわからないから、明るさが変えられるだけでって、こういう言い回しも合っているかわかりませんが、画期的な事なんです。

さらに、シャッターボタンを間違えて「M-Fn」ボタンを押してしまった時に、液晶画面にISOの表示が出てきて、スマホのように触るとISO感度簡単に変更出来ちゃいました。

また、ISO感度設定表示中に「INFO」ボタンを押せば、一発で「AUTO」に戻ってくれましたので、便利ですね。

そんな技、取扱説明書にあったかどうかわからないのですが、出来たので良しとしましょう。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

さあ、次はどんなど素人っぷり発揮した新たな発見に出会うかなあ?

コメント