スポンサーリンク

初心者が評判でミラーレスカメラを選ぶEOS Kiss M

EOS KISS M本体カメラ

インスタ映えする写真を撮りたい!ツイッターやフェイスブックに綺麗な写真を載せたい!

でもスマホカメラじゃ限界感じていませんか?

そう思ったからデジカメにするかミラーレスカメラにする一眼レフカメラにするか迷っているんですよね?

それで検索していたらここにたどり着いたんでしょうね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

残念ながら多分参考になりません。カメラのド素人の初心者なんですよ!

だから、安いデジカメに飛びついて購入したけど、すぐに失敗した!そう思ってEOS Kiss Mを購入するという無駄遣いをしてしまったんです。

そういう事で、スマホカメラを卒業してカメラを購入しようとしているならば、私のようにド素人が失敗した状況をあえて書いて、同じ思いをする人が出ないことを願って書いてみました。

スポンサーリンク

スマホカメラから卒業

写真はメモ代わり!写真を撮って何かやる事もなく、メールに添付する程度だからカメラに全く興味ないのでカメラと言えばスマホカメラで十分でした。

ただ、インスタやSNSなどで他の人が撮影した写真を見るとアプリで加工されているかもしれないと思いながらも、自分のスマホカメラで撮った写真とかけ離れていることに気づきませんでしたか?

波乗りアヒル
波乗りアヒル

見せたい料理が強調されている写真や遠くなのにクッキリ写っていたり、夜景などはザラザラ間のないクリアな写真。

スマホカメラじゃ無理なのかな?って思いませんでしたか?

だから、スマホカメラ卒業してちゃんとしたカメラを買おうと思えば、誰しもが失敗しないカメラ選びをしたいと思いますよね。

そして全くカメラの知識が無いド素人だからやらかして失敗してしまったのです。

失敗した理由

カメラの基本的なことを調べる事をしないで、スマホカメラの不満点の解消だけ考えてカメラを探してしまった事です。

ズバリ!それはズーム機能

このズーム機能はスマホカメラが一番苦手にしている機能で、アプリでも加工が難しいので、とにかくズーム機能が優れているカメラしか頭にありませんでした。

店頭の無数のカメラに困惑

スマホカメラから卒業したい!普通のカメラでズーム機能が優れているカメラが欲しい!

この時点ですでに失敗していることに気づいていない!当時の私!

そこで電気屋さんに行くと、コンパクトカメラ・ミラーレスカメラ・一眼レフカメラなどなど無数のカメラが並んでいて訳が分からない状態ですよね。

店員さんと話をしていても、大して調べていないのと、私のカメラに対する知識が無さ過ぎて、このように店員さんに聞かれても会話になりませんでした。

  • 気になるメーカーは?
  • 希望価格帯は?
  • 色や大きさはどのようなのが希望?

カメラド素人の私が答えたのが・・・

波乗りアヒル
波乗りアヒル

今思えば恥ずかしい!

  • 値段はできるだけ安いカメラ
  • できるだけ遠くが撮れるズーム機能が優れているカメラ
  • 持ち運ぶのに軽くて小さいカメラ
  • バッテリーが長持ちするカメラ

誰もが思うカメラに求める普通の事で、店員さんもおススメするカメラに困っていた記憶があります。

予算3万円が結論を導く

店員さんもこんな私のようなカメラド素人の対応に慣れているのでしょうね、予算を聞かれて伝えると、一眼レフカメラとミラーレスカメラは除外されて、ズーム機能が優れているデジカメ3つに絞ってくれました。

Nikon COOLPIX

結局購入したのがNikonのCOOLPIXで、決め手は光学60倍ズームができて35,000円だったのです。

ただ、カメラの大きさがミラーレスカメラよりも大きいという不満点がありましたが、スマホカメラ卒業することが目的でズーム機能重視だったので、ほぼ迷わず決めてしまいました。

NikonのCOOLPIXはカメラ初心者🔰の私にとってみれば、様々な機能があるのですが確実に使いこなしていませんし、どんな機能があるかも把握していませんでした。

また、正直どんな機能があるのかも把握していない気がしますが、スマホカメラで撮影できなかった遠くが綺麗に撮れるので問題意識は全くありませんでしたが、白川郷のライトアップに行った時に失敗したと思いました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

夜景がピントがぶれてうまく撮れないし、暗くて綺麗じゃない。野鳥を撮る時に連射撮影がうまくできない。

こんなことを電気屋さんで質問するのもちょっと恥ずかしいと思い、メーカーのホームページを見たらコンパクトカメラの限界でやはり、ミラーレスカメラや一眼レフカメラをおススメする内容ばかりでした。

もちろんマニュアル撮影という機能を使えば、できないことは無いのですが、ズーム機能以外はミラーレスカメラや一眼レフカメラには到底太刀打ちできないのでした。

そこで、思い切って新しいカメラを購入したのが、ミラーレスカメラの「EOS Kiss M」です。

スポンサーリンク

ド素人の初心者に最適ミラーレスカメラ!Canon EOS Kiss M

なぜ一眼レフカメラではなくミラーレスカメラを選んだかと言えば、ズバリ大きさです。

スマホで撮影:色調整はカメラよりもアプリなのかな

カメラド素人の初心者でも形からって事で、一眼レフカメラを購入してもいいのですが私のようなレベルでは性能差が分からないので、コンパクトなミラーレスカメラを選びました。

そして、「EOS Kiss M」を選んだ理由は、一番は持った感じのフット感と本体の色が黒ではないという点です。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

と、まあ、ここまで書いたことももちろんEOS Kiss Mを選んだ理由ですが、最大の決め手は、ミラーレスカメラの中で一番人気!という事です。

もちろん、ネットでの情報を見ると、マイナス情報も下記のような事が言われていました。

  • バッテリーが持たない(ミラーレスの宿命)
  • ボタンやダイヤルの数が少ない(本体小さいから配置できない)
  • 交換レンズの種類が少ない(アダプターが必要)

でもこの3つ、ミラーレスカメラを選ぶと仕方がない事なので、これが嫌ならば本体の大きい一眼レフカメラを選べばいいだけじゃないですか!って思いませんか?

それに他の機種を選んだとしても、大体の機種がスマホやパソコンに自動的に撮影した写真が転送される機能を備えているし、液晶画面でスマホのように操作できるカメラもあるし、まずはミラーレスカメラというものになれる事が一番かなって思いましたので、フィット感と色で選びました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

2020年3月、カメラ初心者でド素人の私が、EOS Kiss Mを購入して10か月。

確かに液晶パネルやモード切替ダイヤルが独立して別途あれば、使い勝手良いかなってやっと感じることができるようになりましたが、とても満足しています。

店頭でEOS Kiss Mと一眼レフカメラを手に取ってもらえば分かると思いますが、こんなに小さいカメラなのに綺麗に写真が撮れた!って思いますよ!

正直安い買い物ではありませんでしたが、スマホカメラでもデジカメでも撮ることができなかった写真が撮れるようになったので、EOS Kiss M購入して良かったと思っています。

なぜなら、同じシーンは二度と訪れません!

こんなイメージの写真じゃなかったなんて思ったら、損した気分になりますから、これからも旅行の相棒にEOS Kiss Mを持って出かけますよ。

商品構成(セット)で悩む

お恥ずかしながら、「EOS Kiss M」を買おう!と決めてから、今度はレンズセット内容をどれにするかで非常に悩みました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

レンズの種類によってセット内容が異なるのですが、差がよく分からない。

もちろん、望遠レンズや広角レンズの意味は分かりますが、45㎜とか200㎜とか書かれていてもどのような画像の大きさになるのかの想像が全くつきませんでした。

当たり前ですよね。

今までデジカメで望遠何倍って表示しか理解していないのに、急に専門用語の何ミリってなってもわかるわけない!

EOS Kiss M 商品構成
  • 本体のみ
  • 本体+標準レンズ
  • 本体+高倍率ズームレンズ
  • 本体+標準レンズ+望遠レンズ
  • 本体+標準レンズ+単焦点レンズ

EOS Kiss Mには5つの商品構成が選べましたが、最初からレンズが2つ付属になっているものを選びましたが、2つ目のレンズを望遠レンズにするか単焦点レンズにするか非常に迷いました。

標準レンズでは、そんなに遠くを撮る事は難しそうなので、今までのように望遠が欲しいと思えば望遠レンズを選ばなくてはいけないし、今まであまりできなかった撮りたい素材の近くによってアップで撮ることができるのは単焦点レンズらしい。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

電気屋さん数店舗見に行きましたが、実物で比較させてくれるようなところが無く、そういうサービスあったら素人には分かりやすくていいなあ~って、思っちゃいました。

望遠を選ぶかどアップを選ぶか?で悩んだ挙句、今までうまく取ることができなかったどアップ写真が取れそうな単焦点レンズセットを選びました。

EOS Kiss Mダブルレンズキット
EOS Kiss Mダブルレンズキット

単焦点レンズ???っていうのが初心者のド素人の感想ですが、選んでよかった!!

だって、スマホやデジカメじゃ撮ることができなかったどアップの写真が撮れるんですもん。

購入したEOS Kiss Mの自動モードはどれ?

何度もお伝えしていますが、スマホカメラ、デジカメ、そしてEOS Kiss Mとカメラ自体初心者のド素人なので、ほかのカメラと比較してなんて無理です。

そんな事よりも、気になったのがデジカメの時には基本「オート」(自動)に設定して使っていたので、ミラーレスカメラのEOS Kiss Mの場合は、どこなんだろう?

もしかして基本マニュアル操作??

そんなことはありません、初心者のド素人は基本的に「Avモード」で使えばいいんです。

そしてこの「Avモード」は誰でも簡単に背景ボケの写真が撮れちゃうモードでもあるんですよ。

eoskissm背景ボケ
EOS Kiss M背景ボケ写真

この写真はレンズを単焦点レンズEF-M22mm F2 STMに変えてシャッターを押しただけで撮れたんです。

今までこんな写真撮れたことありませんでしたが、簡単にできちゃったので正直びっくり!ミラーレスカメラって難しいと思っていたのが大間違えだったと気づかされました。

そしてこの背景ボケ写真は、ボケ具合をダイヤルを回すだけで自由に調整ができるので同じアングルでダイヤル調整だけでボケ具合の異なる写真を撮れるので、楽しくてしょうがないです。

背景ボケだけじゃない!手前ボケで奥クッキリ!

背景ボケ写真は簡単に撮影できるようになったのですが、奥にピントが合って手前がボケている写真をよく見かけるので、どうやってカメラの設定をするか調べたら簡単で、十字キーの左を押せば、オートフォーカスからマニュアルフォーカスにワンタッチで切り替わります。

あとは、レンズのリングを回してピントを合わせてい被写体に調整するだけ!簡単!

ところが!!!

マニュアルフォーカースで撮影するとファインダーや液晶画面ではピントが合った写真になっているのに、パソコンで見たらピンボケ!!

解決方法は無いものかと調べていたら、ピントが合っている被写体に青色や赤色で知らせてくれる、MFピーキングなんて設定があるならば、最初っから「入」にしておいてよ!

初期設定が「切」だから忘れず設定しましょうね。

スポンサーリンク

夜景撮影はどのモード?

スマホでもある程度綺麗に撮影できるのですが、スマホの小さな画面できている分には気にならないのですが、パソコンで見るとものすごくザラザラした写真になっていますよね。

ミラーレスカメラEOS Kiss Mを買ったのだから、夜景が綺麗に撮影できるようになるって思ってますよね。

HDRグラフィック調撮影
2019年5月撮影(長崎)

マニュアルモードで色々設定すれば綺麗に撮影できると思いますが、簡単に撮影するならば2つのモードが用意されているので、お好みのモードで撮影してね。

ダイヤル回して十字キーで選択するだけ、または液晶タッチなネル操作でできますよ!

水の流れが糸のように、新幹線をブレずに撮るには?

これもスマホカメラやデジカメでうまく撮れなかったのですが、さすがミラーレスカメラEOS Kiss Mですね、ダイヤル回して「Tvモード」に切り替えてダイヤル回してスピード(1/250)をとか表示されている部分の数字を変えるだけです。

シャッタースピードって書いてありましたが、何が基準なのかわからないので、適当に変えて繰り返し撮影してみました。

参考までに、新幹線を撮影したら速すぎてこんな感じ。

tvモード1/60秒
EOS Kiss M シャッタースピード1/60秒

シャッタースピードを速くしたら(数字を大きく)ピタッと撮影できました。

tvモード1/60秒
EOS Kiss M シャッタースピード1/4000秒

シャッター押しただけでこんなに簡単に変わるのですね、簡単ですよ!

傾いた写真よさようなら!水準器表示設定

元々のカメラセンスが無いせいだと思いますが、看板など撮影すると水平のバランスが悪い傾いた写真をよく撮ってしまいます。

それが分かっているので、同じアングルから何枚も撮影して後で一番傾いていない写真を選ぶという作業をやっていますね。

カメラを持って撮影している人を良く見かけますが、全員が三脚を持っているわけでもなく、失礼ながらどう見てもカメラ得意そうに見えない人が一眼レフカメラやミラーレスカメラを持っている人が常に水平で写真撮れるはずもないので、なんかあるだろうと思いますよね。

EOS Kiss M水準器
スマホ撮影

そう思ったらEOS Kiss Mの設定画面をいじっていたら、水準器が表示されるようになりました。

これなら常にファインダー内に傾きが表示されているので、水平な写真撮れるよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

初心者のド素人にはとても大事な情報なんだから、取扱説明書に書いておいてほしいのですが、記載ないなんて・・・ なんでだろう???

スポンサーリンク

暗い所や日陰など微妙な明るさもワンタッチ調整できた

背景になる部分が明るすぎると、手前の撮影したい花などが暗くなってよくわからない写真になってしまいますよね。

ISO感度2500
ISO感度2500

さくらを撮影するのに見上げて撮影すると、空が明るすぎて肝心の桜が暗すぎたので、明るさ変えたら、綺麗になりました。

ISO感度6400
ISO感度6400

スマホカメラやデジカメでは明るさの調整がうまくできなかったのですが、EOS Kiss Mならば、十字キーにある(+-)で簡単に明るさを変えることもできるし、M-FnボタンとINFOボタンで簡単に明るさ調整することができちゃった。

スポンサーリンク

付属品や周辺アイテム

ミラーレスカメラはバッテリーが持たないって本当?

ミラーレスカメラは一眼レフカメラと比べてバッテリーの持ちが悪いってよく書いてありますが、実際どんなもんなんでしょう?

ホームページ上で235枚撮影できると書いてあっても、知りたいのは出かけて帰ってくるまでの時間、バッテリー持つか持たないかですよね。

EOS-KISS-Mバッテリー

購入したての頃2019年4月には、当たり前ですが何もわからないので、カタログや取扱説明書に書いてある便利機能を全てONにして使いますよね。

するとなんと、たったの1時間30分でバッテリー切れ!予備バッテリーを持っていなかったら、写真を撮ろうと思ったお出かけが何の意味もなさなくなるところでした。

互換USB充電器は必需品

初心者向けと言われているミラーレスカメラのEOS Kiss Mは小さくて持ち運びが便利なのですが、どんなに頑張っても8時間ぐらいでバッテリー交換が必要になります。

ミラーレスカメラはバッテリーが持たないと言われていたので、予備バッテリーを1個購入していましたが、常にバッテリー切れの不安を抱えていました。

EOSKISSM USB充電器
いつでも充電できる安心感

そこで思い切ってキャノン純正品ではない、互換製品のUSB充電器を購入したので、カバンの中でモバイルバッテリーと接続して移動しながらの充電もできるようになり、バッテリーが3個になり、いつでも充電できるという安心感は、バッテリーを気にして撮影をためらう事がなくなたので絶対必要です。

2回使って失敗したことに気づいた初めての三脚選び

夜景を撮るならば三脚があるとブレない写真を撮ることができると、よく言われています。

確かにブレた写真が多くなるので、手すりに置いた状態など、どこか支えになるようにしてブレない写真を心がけていますが、限界もあるので持ち運びと値段を優先して購入した三脚は、やっぱり失敗だった!

失敗しない為の三脚選びって、三脚を使ってみて初めて分かるものなのですね。

コメント