スポンサーリンク

EOS Kiss MのバッテリーをUSB充電する

EOSKISSM USB充電器カメラ
2019.6.25追記

充電時間を追記しました。

まだ、EOS Kiss Mを2019年4月末に購入してから1か月、早く慣れるために出かける時は必ず持ち歩くことができるほど、小さくて軽いミラーレスカメラなのですが、バッテリーの消耗が早くとても気になります

EOS Kiss Mの設定によっては、早ければ1時間半で電池切れという悲劇があったりと、平均でも半日程度しかバッテリーが持たないですよね。

使い方や設定によって8時間ぐらいは持つようになりましたが、気にしすぎるものストレスなんですよね。

そしてCANON EOS Kiss Mを使っていて不便に感じているのが充電方法で、専用の充電器にバッテリーをつけてコンセントから充電するしかなく、USB接続による本体充電ができないことです。

せめて、充電器がUSB接続できれば、外出先などでモバイルバッテリーなどと接続して充電できれば便利になりますよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

互換製品ですがUSB充電器があった!

CANON純正品があれば一番いいのですが、互換製品でUSB充電器が販売されていましたので、少々不安ですが、思い切って購入してみました。

スポンサーリンク

急速互換USB充電器

正直純正品ではない互換製品には抵抗がありました。

なぜならば、プリンターのインクを購入した時にインク漏れとインクづまりを経験しているからで、運よく本体そのものにまで影響が無くてインク代が無駄になった程度で済んだからです。

そんな経験をしているのに、今回EOS Kiss M充電器・バッテリーの互換製品を購入した理由は、純正品で販売されていないことと、バッテリー切れで撮影続行不可という最悪の事態はやっぱり避けていですよね。

そこで思い切ってネット検索で「EOSKissM USB充電」と打ち込んだら出てきた「str残量表示可能 Canon キャノン 大容量1075mah LP-E12 互換バッテリーパック[純正充電器チャージャー対応]と急速互換USB充電器」この製品を購入してみました。


送料含めても2,600円程なので純正バッテリー1個よりも安いなんて嬉しいのですが不安もありました。

注文から2日で手元に届き、箱を開けてみると3点入っています。

  • USB充電器
  • USBケーブル
  • バッテリー

ちなみに純正品バッテリーや純正バッテリー海外表記版には付属していたバッテリーキャップは残念ながら付いていませんでした。

USB充電器

USB充電器大きさ

コンセントがない代わりにUSB端子のみある欲しかったUSB充電器で、大きさも純正の充電器に比べるとひと回り小さく持ち運びが楽になりますね。

USB充電方法

USB接続なので、空港や飲食店などでUSBがあれば充電可能ですし、モバイルバッテリーに接続してカバンの中で充電することもできるので、コンセントしかなかった時と比べるとバッテリー切れの不安から解消されました。

互換バッテリー

互換バッテリーを見るとなんと1075mAhとなっていて、純正バッテリー875mAhなので約23%容量アップしているじゃないですか。

USB充電器付属バッテリー

もしかしたら、写真撮影最大枚数も40枚ぐらい増えるって計算ですが実際のところはどうなのか?

波乗りアヒル
波乗りアヒル

購入後何度かバッテリーを試してみましたが、体感的に増えた気が全くしませんでしたので、純正バッテリーと無いように感じていますので安心して使用しています。

充電時間

USB接続による充電が可能になるのは便利なのですが、気になるのが充電時間ですよね。

充電時間約1時間50分

USB充電器でバッテリー切れになった状態で満充電になるまでどのくらいかかるか気になりますよね。

モバイルバッテリーからの充電もパソコンのUSB端子からの充電もACコンセントからの充電も、一緒でした。


コメント