茨城観光20選!魅力度最下位常連だから絶景・穴場・期待外れもあり

夏の茨城観光ひたちなかコキア

茨城に出かけようと思ったのは、渋滞を避けたいとか人混みの映り込みの無いインスタ映えする写真を撮りたいとか思ったからかな?

魅力度ランキングが2013年から7年連続最下位の茨城県でしたが、観光スポットが無いのではなく知られていないだけだと思いますので、穴場スポットや秘境地ばかりなので行ってみると意外と楽しめたので、茨城観光をお探しでしたらぜひ参考にしてみてくださいね。

波乗りアヒル

2020年ついに最下位脱出しましたが、2021年再び再開になっちゃいましたね。

目次

茨城観光スポットへ行ったからこそわかる!定番から穴場・秘境へ

混雑や密を避けるために東京や神奈川の有名観光スポットと比べれば、茨城県の観光スポットは空いている観光スポットが多いですが、フリーパスが少なくて更に期間限定だったりするのですが、上手に活用すればとてもお得に茨城観光へ出かけることができますよ!

世界中から人が集まる!国営ひたち海浜公園

ひたち海浜公園コキア
10月は真っ赤なコキア

茨城県の観光スポットは?と聞かれれば、国営ひたち海浜公園のみはらしの丘をおススメします。

世界的にも有名になってきているので、GW期間に見られる真っ青なネモフィラが一面に広がる時期は大渋滞で通路もなかなか進むことができないので、朝一番に入園すればゆったり見られますよ。

夏はふっくら丸いコキアがみられ、秋になると真っ赤に色づきます。

入園料も安いので年3回、同じ場所から違った景色を見てみませんか?

住所茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間9:30~18:00(季節変動)
料金大人450円 中学以下無料
公式サイト国営ひたち海浜公園
駅からバスJR勝田駅からバス利用可

茨城パワースポット大洗磯前神社

大洗海岸神磯の鳥居
2019年6月撮影

訪日観光客に大人気の神磯の鳥居は海の岩礁の上に鳥居が作られていて、太平洋を背景に日の出や波しぶきを同時に見られる絶景スポット&パワースポットなのですが、写真を撮るのに並ばなくちゃいけないなんて事はまだ大磯磯前神社では経験したことがありません。

元旦の初日の出はものすごい人でですが、普段の日中は人がまばらで穴場スポットと勘違いするかもしれませんね。

癒されに波の音とそよ風を浴びながら、ボーっとしてリフレッシュしてみませんか?

住所茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
営業時間神磯の鳥居はいつでも可
料金無料
公式サイト大洗磯前神社
駅からバスJR水戸駅からバス利用可

海が見えるガラス張りのJR日立駅

日立駅絶景カフェ待合スペース

海を見ようと思ったら、駅からかなりの距離を歩かなくてはいけませんが、駅直結で一面ガラス張りになっていて、暑さ寒さをしのいでくれる絶景ポイントがあるんです。

地元の人にとっては当たり前すぎてただの駅かもしれないのですが、よそ者にしてみればこんな絶景が見られる駅滅多にないって思いませんか?

ベンチがあったり、カフェがあったり、のんびり過ごしてみませんか?

住所茨城県日立市旭町 1-3-20
営業時間7:00~22:00(カフェ)
料金無料(日立駅通路)
公式サイトSEA BiRDS CAFE(シーバーズカフェ)
駅からバスJR日立駅直結

日本三名瀑の奥久慈・袋田の滝

袋田の滝壺と紅葉
袋田の滝壺と紅葉

バスは1日4往復しかないので便利ではありません。

それなのに有名な袋田の滝は新緑・紅葉・凍結と季節に応じて自然豊かな絶景を見せてくれます。

エレベーターで長蛇の列になる事も無いので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

常陸蕎麦も有名なので訪れた際は味わってくださいね。

住所茨城県久慈郡大子町袋田3-19
営業時間8:00~18:00
(11月~4月は9:00~17:00)
入場料300円(子供150円)PayPay利用可
公式サイト袋田の滝
駅からバス袋田駅からバス利用可

梅も紅葉も茨城の代名詞水戸偕楽園

特急ひたちと紅葉
偕楽園から撮影

茨城と言えば水戸、水戸と言えば偕楽園。

梅の花が有名で2月~3月の梅まつりには臨時駅も開設されるほど、多くの人が訪れます。

意外と知られていないのですが、秋には紅葉の名所にもなり、もみじ谷はライトアップもされるほど実は有名なんですよ。

住所茨城県水戸市見川1-1251
営業時間7:00~18:00
入場料300円(中学以下150円)※茨城県民無料
公式サイト水戸偕楽園
駅からバスJR水戸駅からバス利用可

たった7段階段降りるとそこは滝の裏側!秘境!月待の滝

月待の滝と虹
2019年9月撮影

バスは平日のみの2往復しか運行されていないので、公共交通機関を利用する場合は秘境です。

滝の裏側にはめったに行くことができないのですが、階段をたった7段降りたらすぐ行けますので、日本一簡単に行ける裏見の滝だと思いますので、めったに行くことができない滝の裏側へ行ける穴場スポットで秘境地の月待の滝へ訪れてみませんか?

住所茨城県久慈郡大子町川山
営業時間隣接のもみじ苑(10:30~19:00)
料金無料
公式サイト大子町観光協会
駅からバスJR常陸大子駅からバス利用可

深作農園のメロンソフトクリーム

深作農園メロンソフトクリーム
深作農園メロンソフトクリーム

2021年になり毎月のようにテレビで紹介され、テレビ東京の人気番組「土曜スペシャル バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」でも深作農園が登場。

メロン産地日本一の茨城県で、鉾田市にある深作農園で獲れた農園直営ならではの価格でたっぷり濃厚なメロンスイーツを味わってみませんか?

住所茨城県鉾田市台濁沢361
営業時間9:30~18:00
料金2021年のメロン狩りは中止
公式サイト深作農園
深作農園カフェ
駅からバス大洋駅から徒歩3㎞

工場見学無料「めんたいパーク大洗」

めんたいおにぎり

明太子と言えば博多が有名ですが、その博多が本拠地の「かねふく」の工場が茨城県の大洗にあるんです。

ここでは無料で工場見学が営業時間中はいつでも見ることができ、隣接の直売所やレストランには観光バスで訪れた人たちを始め、多くの人で平日の夕方にもかかわらず混雑していました。

ただ、夕方には明太おにぎりが売り切れになるのでご注意ください。

住所茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
営業時間平日9:00~17:00 土日祝9:00~18:00
料金入場無料
公式サイトめんたいパーク大洗
駅からバス大洗駅から徒歩20分

東京ドーム6個分!広すぎる茨城県フラワーパーク

茨城県フラワーパーク入口
2021年4月のリニューアル前の入り口です

2時間半では回りきれないぐらい広いのも当然で、あしかがフラワーパークよりもはるかに広い面積の「茨城県フラワーパーク」は、5月下旬からはバラまつりが開催され800品種3万株のバラが綺麗に咲いています。

バラ以外にもたくさん花が咲いていてこんな名前の花?放送禁止じゃない?日本原産じゃなくてフランス原産だからこの名前つけられるんですよね。多分。

住所茨城県石岡市下青柳200
営業時間9:00~17:00 
(4/13~6/23の土日祝は8:30~18:00)
入場料740円(子供370円)
公式サイト茨城県フラワーパーク
駅からバスJR石岡駅からバス利用可

笠間稲荷神社は金運と仕事運のパワースポット!

笠間稲荷神社参道と傘

笠間稲荷神社は年間350万人もの人が訪れる茨城県第1位の参拝数で、京都の伏見稲荷神社と佐賀の祐徳稲荷と笠間稲荷神社を、日本三大稲荷神社と称されているんです。

樹齢400年の2本の藤の木の種類が異なるので、葡萄のような藤の花と長さ1mを超えるフサフサとした藤の花を一度に見ることができ、藤棚としては穴場スポットなので人の映り込みの少ない写真が撮れますよ。

住所茨城県笠間市笠間1
営業時間6:00~日没(参拝自由)
入場料無料
公式サイト笠間稲荷神社
駅からバス友部駅からバス利用可

竜神大吊橋の1000匹の鯉のぼり

竜神大吊橋と鯉のぼり
2019年5月撮影

竜神大吊橋の鯉のぼりはGW後1週間は継続しているので、こんなに空いていますのでぜひ訪れてみてはいかがですか?

普通に考えたら鯉のぼりは5月5日が終わたら撤去するとみんな思い込んでいるからこの時期に訪れれば穴場スポットになるよね。

滞在時間60分でたっぷり人込みに邪魔されず写真を撮影するならば、ちょっと日付をずらしていけば大丈夫。

住所茨城県常陸太田市天下野町2133-6
営業時間8:30~17:00
入場料310円(中学以下210円)
公式サイト竜神大吊橋
駅からバスJR常陸太田駅からバス利用可

小野小町伝説の小町の館

小町の館水車と橋

ほぼ秘境!バス停から徒歩60分なんて無理!のんびりとした田園風景に現れる小野小町の伝説の館へは、この大きな水車が目印です。

小野小町と茨城県土浦市の関係って気になったら寄り道するしかないですよね、土浦北ICから茨城県フラワーパークへ行く途中にあるので、訪れてみませんか?

常陸蕎麦はコシもあり、風味も最高なのでお昼時はいつも混雑していますよ!

住所茨城県土浦市小野491
営業時間9:00~18:00 ※月曜定休
(11月~2月は9:00~17:00)
入場料無料
公式サイト土浦市
駅からバスなし

江戸時代の遺構復元「那珂湊反射炉」

那珂湊反射炉跡
那珂湊反射炉跡

ひたち海浜公園へ鉄道延伸が決まっている、元気なローカル鉄道「ひたちなか海浜鉄道」のフリーパスで訪れたい観光スポットとして、江戸時代に作られた那珂湊反射炉へは那珂湊駅から歩いて5分程で行くことができるので、訪れてみてはいかがですか?

住所茨城県ひたちなか市栄町1-10
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイト茨城県
駅からバス那珂湊駅から徒歩

昭和レトロな車両が見られる「ひたちなか海浜鉄道車両基地」

那珂湊キハ20首都圏色

ひたちなか海浜鉄道には数々のレトロな電車を見ることができる事でも有名で、車両基地のある那珂湊駅へ行くと国鉄時代の車両や東京メトロの車両も見ることできるので、鉄道ファンにはたまらない場所です。

駅に隣接しているので、電車の待ち時間にちょっと懐かしい車両を目の前で見てみませんか?

住所茨城県ひたちなか市釈迦町22-2
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイトひたちなか海浜鉄道
駅からバス那珂湊駅から徒歩

茨城県内梅の名所

筑波山梅まつり会場から梅のじゅうたんと関東平野一望

筑波山梅まつり

茨城県つくば市にある筑波山の斜面に約1,000本の白梅と紅梅が植えられていて、晴天に日には関東平野が一望できるので、新宿の高層ビル群やスカイツリーまではっきり見えちゃう。

青空と白梅と紅梅と新緑のコントラストは春の訪れを感じさせてくれますし、筑波山きっぷで便利にお得に訪れることができますよ。

住所茨城県つくば市沼田
営業時間9:00~16:00
料金無料
公式サイトつくば観光コンベンション協会
駅からバスJR土浦駅・TXつくば駅からバス利用可

茨城県内桜の名所

風土記の丘はしだれ桜のトンネルをライトアップ

石岡風土記の丘桜のトンネル
石岡風土記の丘桜のトンネル

桜の観光スポットは全国各所にあり、有名な桜の名所はお金を払って大混雑&大渋滞。

やっぱり茨城、地元の方には有名で当たり前なのに県外の人はほぼ知らない穴場スポットがあり、入場無料、駐車場無料とうれしい限り。

さらに、こんなに綺麗な桜のトンネル、人の行列が映り込んでしまうから茨城穴場スポットじゃなければこんな写真撮れない。

住所茨城県石岡市染谷1646
営業時間9:00~17:00
料金無料
公式サイト常陸風土記の丘
駅からバスJR石岡駅からバス利用可

茨城県内あじさいの名所

放し飼いされている”くじゃく”に出会える!あじさい寺

雨引観音あじさい
雨引観音

あじさい寺と言えば鎌倉が有名ですが、混雑を避けて穴場スポットを求めたらサプライズに出会えましたね。

あじさいを見に行ったのに、最後はくじゃくやカモの愛くるしい姿に時間を取られてしまうぐらい、目の前を堂々としていて人を怖がっていないんです。

1日4本土日祝のみバスが運行されいるので訪れてみてはいかがですか?

住所茨城県桜川市本木1
営業時間8:30~17:00(あじさい祭)
料金無料
公式サイト雨引観音
駅からバスJR岩瀬駅からバス利用可

水戸黄門様が愛したあじさい寺「保和苑」

保和苑水戸黄門像

あじさいとお寺はよくある組み合わせですが、そこに日本庭園が加わるととても珍しい景色になります。

そしてこの組み合わせは水戸光圀公が愛した唯一の日本庭園へは、水戸駅から頻繁にバスが出ているので気軽に訪れることができますよ。

住所茨城県水戸市松本町13-19
営業時間記載なし(ライトアップは19:00~21:00)
料金無料
公式サイト水戸保和苑
駅からバスJR水戸駅からバス利用可

田園とあじさいの杜90分で散策コースを堪能

二本松寺あじさいの杜4

茨城のあじさい秘境スポットかな?

田園風景と10000株のあじさいを広大な敷地の中をのんびり歩いて過ごせますのでたっぷり楽しめますが、ここも茨城、最寄りのバス停が徒歩25分は我慢できても1日4本しかないなんて。

田植えが終わったばかりの田園とあじさい、お寺ばっかり見ていたから別世界の眺めが味わえますよ。

住所茨城県潮来市堀之内1230
営業時間9:00~17:00(2020年は16時まで)
株数10,000株
公式サイト二本松寺あじさいの杜
駅からバスJR潮来駅からバス利用可

茨城県内の藤の花の名所

GW真っ只中でも藤の花を独占「古河公方公園」

古河公方公園藤の花アップ

藤の花の見頃と言えばGWの時期と重なるので、藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」は入場する前の大渋滞や入園してからもお目当ての大藤にたどり着くのに混雑しすぎて、大変ですよね。

そこで近くに藤の花の見られる場所を探してみると、「古河公方公園」(旧・古河総合公園)が数多く出てきます。

GWで観光地は料金が高くなっているのにもかかわらず、茨城県の普通の公園なので、駐車場も入場料も一切必要なしなんてとてもうれしいですよね。

住所茨城県古河市鴻巣399-1
営業時間8:30~17:00
入場料無料
公式サイト古河公方公園(総合公園)
駅からバスJR古河駅からバス利用可

茨城県内の紅葉名所

茨城県立歴史館いちょう並木道2

いちょうの落ち葉が敷き詰められるので、黄色い絨毯と太陽の日差しで黄金色に輝くいちょうを楽しむことができますし、水戸偕楽園の隣なので「歴史館偕楽園入口」バス停下車1分の場所にありますので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

住所茨城県水戸市緑町2-1-15
営業時間9:30~17:00
入場料610円(高校以下無料)
※いちょう並木道は無料
公式サイト茨城県立歴史館
駅からバス水戸駅からバス利用可
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる