スポンサーリンク

魅力度ランキング最下位の茨城県観光スポット

ひたち海浜公園コキア旅の器
ひたち海浜公園コキア:撮影2018年10月

2019年の夏休み行きたい観光スポットランキングでも、北海道や沖縄や京都が上位になりますが、それに比べて常に下位というよりも現在魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県。

魅力的な観光スポットが無い?絶景スポットが無い?

世界的に有名な観光スポット国営ひたち海浜公園」などはネモフィラの開花時期(GW)やコキアの見頃(7月~10月下旬)は、訪日外国人と日本人で大変な混雑でみはらしの丘は人で溢れていますよね。

その他の観光スポットは?

探してみると意外とたくさん見つけることができ、全国的に有名観光スポットとして知られていない為か、基本的に情報が少ないで調べるのに時間と手間がかかるのはしょうがないですよね。

実際に訪れてみると料金・時間などコスパ的にいい観光スポットやそうでもないところもありましたが、混雑や渋滞そして順番待ちなどが少なく時間を効率的に使えて、人も少なくて写真を撮る事も容易でした。

スポンサーリンク

茨城の観光スポットへお出かけ

東京や神奈川の超人気観光スポットを避けて、あえて魅力度ランキング最下位の茨城を選んで観光スポットを探して、このページにたどり着いたとしたら・・・

波乗りアヒル
波乗りアヒル

私と同じで渋滞・混雑・高額を避けて、のんびりゆったり楽しみたい!って人かなあ?

目的別観光スポット

知らない観光スポットばかりでしたが、行ってみるとコスパも良く何よりも観光客の数が少ないので、のんびりゆったり過ごせる観光スポットもありますよ。

スポンサーリンク

茨城県の実際に訪れた観光スポット

国営ひたち海浜公園

茨城県の観光スポットと言えば、まずここ「国営ひたち海浜公園」のネモフィラとコキアが見られるみはらしの丘が世界的にも有名です。

ネモフィラひたち海浜公園1

4月下旬からGW期間はネモフィラが見頃で、平日の午前中なのにこれだけの人が訪れています。

これがGW期間だと、通路が人の大渋滞でほぼ進みませんでした。

一面コキア

夏は緑色のモコモコかわいいコキアで辺り一面覆われています。

コキア赤

秋になるとコキアが真っ赤に色が変わり、やっぱり大混雑します。

国営ひたち海浜公園にはこのほかにも様々な花を見ることができる、茨城県有数の観光スポット・絶景スポットなので、青・緑・赤となるみはらしの丘へ年3回は見たくなりますね。

大洗磯前神社のパワースポット

訪日観光客に大人気の神磯の鳥居は海の岩礁の上に鳥居が作られていて、太平洋を背景に日の出や波しぶきを同時に見られる絶景スポットですね。

そんな写真を撮ってみたいです。

JR日立駅直結の海が見られる絶景スポット

海を見ようと思ったら、駅からかなりの距離を歩かなくてはいけませんが、駅直結で一面ガラス張りになっていて、暑さ寒さをしのいでくれる絶景ポイントがあるんです。

日立駅絶景カフェ待合スペース

ここは茨城県の日立市で、JR常磐線日立駅直結の海が見られる絶景ポイントなんです。

晴天の日は青い空と青い海をゆったりとした時間を過ごしながら見続けたいものですね。

日立駅絶景カフェ

時間があったら日の出や夕暮れなどもぜひ見てみたいものですね。

茨城県参拝数第1位の日本三大稲荷神社

日本三大稲荷神社といえば、京都の伏見稲荷神社と佐賀の祐徳稲荷とここ笠間稲荷です。

笠間稲荷神社鳥居

年間350万人もの人が訪れ茨城県第1位の観光スポットで、金運と仕事運のパワースポットとしても知られていますが、GWが終わってもまだまだ見頃の藤棚が有名です。

笠間稲荷神社拝殿と藤の花2

2019年5月撮影

樹齢400年の2本の藤の木の種類が異なるので、葡萄のような藤の花と長さ1mを超えるフサフサとした藤の花を一度に見ることができ、人の映り込みの少ない写真が撮れますよ。

GW真っ只中でも藤の花を独占「古河公方公園」

藤の花の見頃と言えばGWの時期と重なるので、藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」は入場する前の大渋滞や入園してからもお目当ての大藤にたどり着くのに混雑しすぎて、大変ですよね。

古河公方公園

そこで近くに藤の花の見られる場所を探してみると、「古河公方公園」(旧・古河総合公園)が数多く出てきます。

GWで観光地は料金が高くなっているのにもかかわらず、茨城県の普通の公園なので、駐車場も入場料も一切必要なしなんてとてもうれしいですよね。

古河公方公園藤の花アップ

近寄って見るととっても綺麗に藤棚がありましたが、ネットの情報ってやっぱり思っていたものとだいぶ違ったりするもんですよね。

工場見学無料「めんたいパーク大洗」

明太子と言えば博多が有名ですが、その博多が本拠地の「かねふく」の工場が茨城県の大洗にあるんです。

大洗めんたいパーク外観

ここでは無料で工場見学が営業時間中はいつでも見ることができ、隣接の直売所やレストランには観光バスで訪れた人たちを始め、多くの人で平日の夕方にもかかわらず混雑していました。

大洗めんたいパーク工場見学入口

ところが!以前食べたお目当てのビックサイズの明太おにぎりを食べたくて寄り道したのですが、売り切れ!!なるべく早い時間に行きましょう。

竜神大吊橋の1000匹の鯉のぼりを見に空いている時間を狙う

滞在時間60分でたっぷり人込みに邪魔されず写真を撮影するならば、ちょっと時間をずらしていけば大丈夫。

なにも大混雑するGWに行く必要はありませんよ。

竜神大吊橋と鯉のぼり

竜神大吊橋の鯉のぼりはGW後1週間は継続しているので、こんなに空いていますのでぜひ訪れてみてはいかがですか?

日本三名瀑の奥久慈・袋田の滝

滞在時間60分ですが、決して交通の便が良い場所とは言えません。だからこそなのか、空いていますし、自然豊かでとても綺麗な景色を見ることができますよ。

袋田の滝アップ

2019年5月撮影

失敗したのがここ1か月雨の日があまりなかったので、水量も当然ながら迫力不足でした。

袋田の滝全体

同じ時期に日光の華厳の滝に行った事がありますが、写真撮るだけでも順番待ちやポジション競争など人が多かったですが、たったの5人しかいなくてラッキーって状態ですので、訪れてみてはいかがですか?

東京ドーム6個分の広さを誇る茨城県フラワーパーク

滞在時間2時間半ですが、園内全てを回る事ができませんでした。

それぐらい広いフラワーパークを正直甘く見ていましたので、昼過ぎにのんびり訪れてしまって失敗したかな?もう1回、バラが満開になる時期に訪れたくなるほど一部ですが、バラが綺麗に咲いていました。

茨城県フラワーパーク1

バラ以外にもたくさん花が咲いていますので、あしかがフラワーパークよりも広いですし、こんな名前の花?

茨城県フラワーパークチンチン

日本原産じゃなくてフランス原産だからこの名前つけられるんですよね。多分。

茨城県フラワーパーク

800品種3万株、まだバラまつり始まったばかりでこれだけ咲いているのだから、あんまり混んでいないのでぜひおすすめですよ。

小野小町伝説の小町の館

バス停から徒歩60分っていうのは実質無理だと思うので電車やバスで行くことは難しいと思いますが、マイカーで移動するならば、そばを食べるだけでも寄り道する価値がありますよ。

小町の館そば処萩島1

のんびりとした田園風景に現れる、小野小町の伝説の館へは、この大きな水車が目印です。

土浦北ICから茨城県フラワーパークへ行く途中にあるので、訪れてみませんか?

小町の館水車と橋

くじゃくに出会えるあじさい寺

あじさいを見に行ったのに、最後はくじゃくやカモの愛くるしい姿に時間を取られてしまうぐらい、目の前を堂々としていて人を怖がっていないんです。

くじゃく雨引観音

アート型のあじさいはやっぱり人気ですよね。

はーとあじさい雨引観音

水戸黄門様が愛したあじさい寺「保和苑」

あじさいとお寺はよくある組み合わせですが、そこに日本庭園が加わるととても珍しい景色になります。

保和苑あじさいと噴水

そしてこの組み合わせは水戸光圀公が愛した唯一の日本庭園なんです。

保和苑あじさいと建物

田園とあじさいの杜90分で散策コースを堪能

二本松寺あじさいの杜4

田園風景と10000株のあじさいを広大な敷地の中をのんびり歩いて過ごせますのでたっぷり楽しめますよ。

たった7段階段降りると滝の裏側へ行ける月待の滝

バスは平日のみの2往復しか運行されていないので、公共交通機関を利用する場合は秘境です。

滝の裏側にはめったに行くことができないのですが、階段を7段降りたらすぐ行けますので、日本一簡単に行ける裏見の滝かもしれませんね。

コメント