華厳の滝へバスで日光駅から中禅寺温泉フリーパスでお得

中禅寺温泉フリーパスフリーパス
スポンサーリンク

中禅寺温泉フリーパス

フリーパス 通年 利用当日購入可

日光エリアは多くの観光客が訪れるので、きめ細かすぎるほどのフリーパスがたくさんありすぎます。

その為にどのフリーパスが今回訪れる日光の観光に適していて、一番お得なのか知りたいのは当然なので、「中禅寺温泉フリーパス」についてご紹介します。

販売場所 東武日光駅ツーリストセンターJR日光駅みどりの窓口

販売期間 通年

有効期間 通年の連続2日間

販売価格 大人2,100円 子供1,050円

フリーパス大人子供
中禅寺温泉フリーパス
フリーエリア
なぜこのフリーパスだけ消費税改定時に値上げなんでしょう?

参照サイト 東武バス 中禅寺温泉フリーパス

相違点

戦場ヶ原フリーパスと比べると中禅寺湖の少し先までがエリア内なので、「竜頭の滝」「赤沼」「戦場ヶ原」はエリア外にります。

ちなみに奥日光・霧降高原を含めて日光エリア全体がフリーエリアで、東武鉄道の往復乗車券付きのフリーパス「まるごと日光東武フリーパス」がダントツの一番人気で、お得ですよ。

スポンサーリンク

戦場ガ原フリーパスで行ける観光スポット

戦場ガ原フリーパスエリア内の観光スポット

中禅寺温泉フリーパスはお得なの?

「戦場ガ原フリーパス」と「中禅寺温泉フリーパス」との差額は550円なので、1人では少額ですが家族4人ともなると2200円はちょっと大きくなりますよね。

中禅寺温泉フリーパスで日光東照宮などの世界遺産を見てから、明智平・華厳の滝・中禅寺湖畔の散策すれば、1日目は十分堪能できますので、2日目に中禅寺湖畔のハイキングコースを歩いて竜頭の滝へ行ってみることもできるので、中禅寺温泉フリーパスも1日あたり1,050円と思えばお得ですし、人気があるので値上げしたんでしょうね。

さらに、エリアを絞って東武日光駅から神橋までの国道119号線沿いには、多くの食べ物屋さんやお土産屋さんが立ち並んでいるので、食べ歩きなどしながら日光の世界遺産東照宮などをまわるだけならば、「世界遺産めぐり手形」がワンコイン500円なので超お得ですよ。

ついでに、日光東照宮などの世界遺産を含めて霧降方面がフリーエリアになっている「霧降の滝フリーパス」の方がプラス100円の600円なのでおススメですけどね。

バスだけのフリーパスではなく、鉄道もセットになったフリーパスもあり、日光までの往復乗車券と日光エリアのバスを網羅したワイドエリアのフリーパスでお得感はこちらの方があり、日光観光には利用しています。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

掲載の割引乗車券やフリーパスの情報は本サイト掲載時点の各社公式サイト掲載の情報の為、ご利用の際は変更になる場合もありますので公式サイトでご確認くださいませ。

コメント