日光東照宮周辺に霧降の滝を加えたフリーパス

霧降の滝フリーパスフリーパス
スポンサーリンク

霧降の滝フリーパス

フリーパス 通年 利用当日購入可

日光エリアは多くの観光客が訪れるので、きめ細かすぎるほどのフリーパスがたくさんありすぎます。

その為にどのフリーパスが今回訪れる日光の観光に適していて、一番お得なのか知りたいのは当然なので、「霧降の滝フリーパス」についてご紹介します。

なんといっても世界遺産の日光東照宮などもフリーエリアに含みながら、霧降の滝までも行くことができるフリーパスなのでとてもお得ですよ。

販売場所 東武日光駅ツーリストセンターJR日光駅みどりの窓口

販売期間 通年

有効期間 当日限り有効

販売価格
フリーパス大人子供
霧降の滝フリーパス600円300円
フリーエリア

参照サイト 東武バス 霧降の滝フリーパス

相違点
  • 世界遺産めぐり手形と比べると100円高くなりますが、霧降の滝まで行くことができます。
  • 霧降高原フリーパスと比べると半額ですが隠れ三滝・霧降高原へはエリア外です。
スポンサーリンク

霧降の滝フリーパスで行ける観光スポット

霧降の滝フリーパスはお得なの?

日光駅から霧降の滝を往復するだけでも660円かかりますので60円お得になりますし、世界遺産の日光東照宮などがフリーエリアに含まれているのでお得です。

更に東照宮周辺に限定したフリーパス「世界遺産めぐり手形」が500円でありますが、世界遺産めぐり循環バスのコース内および、JR日光駅~東武日光駅~西参道・東武観光センター前~蓮華石間となっているので、100円違いならば、「霧降の滝フリーパス」でもいいと思います。

また、バスだけのフリーパスではなく、鉄道もセットになったフリーパスもあり、日光までの往復乗車券と日光エリアのバスを網羅したワイドエリアのフリーパスでお得感はこちらの方があり、日光観光には利用しています。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

掲載の割引乗車券やフリーパスの情報は本サイト掲載時点の各社公式サイト掲載の情報の為、ご利用の際は変更になる場合もありますので公式サイトでご確認くださいませ。

コメント