戦場ガ原フリーパスと湯元温泉フリーパスの違い

戦場ヶ原フリーパスフリーパス
スポンサーリンク

戦場ガ原フリーパスの基本

フリーパス 通年 利用当日購入可

日光観光のフリーパスといえば、東武鉄道や東武バスが数多くのお得なフリーパスを発売していますので、どれが自分にとって一番お得なのか迷ってしまいますよね。

僅か数百円でも、奥日光観光へ行くのに少しでもお得に楽しみたいともうのはごく普通ですよね。

人気観光スポットなので、様々なニーズに合ったフリーパスが用意されているので、行ってみたい観光スポットに合わせるか?フリーパスに合わせるか?

日光観光で有名で人気観光スポットといえば「華厳の滝」「中禅寺湖」「戦場ヶ原」が思い浮かび、その先には「湯元温泉」があります。

東武バス発行の「湯元温泉フリーパス」もお得なのだけど、湯元温泉までは行かず、奥日光三名瀑の「湯滝」・「湯ノ湖」までは戦場ヶ原のハイキングコースを歩きたいので、必要ないって時には「戦場ガ原フリーパス」を選んで下さい!

「戦場ガ原フリーパス」は「湯元温泉フリーパス」よりも350円(大人)お得になります。

販売場所 東武日光駅ツーリストセンターJR日光駅みどりの窓口

販売期間 通年

有効期間 通年の連続2日間

販売価格
フリーパス大人子供
戦場ガ原フリーパス2,650円1,330円
フリーエリア
戦場ヶ原フリーパス

参照サイト 東武バス 戦場ガ原フリーパス

相違点

「湯元温泉フリーパス」との違いは「三本松バス停」までで、その先の「湯滝」「湯ノ湖」「湯元温泉」はエリア外になるだけです。

スポンサーリンク

戦場ガ原フリーパスで行ける観光スポット

戦場ガ原フリーパスエリア内の観光スポット

奥日光の観光スポットを網羅した「湯元温泉フリーパス」は差額350円の3,000円です。

戦場ヶ原フリーパスはお得なの?

「竜頭の滝」「戦場ヶ原」への往復だけでも元がとれちゃいますのでお得なのですから、途中下車した分お得金額は増えていきます。

更に目的地を絞ってお得に!という方には、日光駅から奥日光の玄関口の中禅寺湖や華厳の滝を目的とした、奥日光の観光ならばもっとお得な「中禅寺温泉フリーパス」をおススメします。

ちょっと距離がありますが、ハイキングコースもある中禅寺湖畔を歩いて奥日光三名瀑で紅葉で有名な「竜頭の滝」へ行くことも可能です。

バスだけのフリーパスではなく、鉄道もセットになったフリーパスもあり、日光までの往復乗車券と日光エリアのバスを網羅したワイドエリアのフリーパスでお得感はこちらの方があり、日光観光には利用しています。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

掲載の割引乗車券やフリーパスの情報は本サイト掲載時点の各社公式サイト掲載の情報の為、ご利用の際は変更になる場合もありますので公式サイトでご確認くださいませ。

コメント