日光観光へは乗り降り自由の湯元温泉フリーパスで観光スポットへ

奥日光湯元温泉フリーパスフリーパス
スポンサーリンク

奥日光の観光スポットへは湯元温泉フリーパスが必須

フリーパス 通年 利用当日購入可

JR日光駅・東武日光駅から日光東照宮~明智平~中禅寺湖・華厳の滝~竜頭の滝~赤沼・戦場ヶ原~湯滝・湯ノ湖を経由して奥日光湯元温泉までの東武バスが、連続2日間乗り降り自由になるフリーパスです。

この「湯元温泉フリーパス」1枚で奥日光観光スポットを訪れることができ、日光駅から竜頭の滝より先の赤沼や戦場ヶ原などは往復3,100円なので、「湯元温泉フリーパス」を使った方が安くなります。

販売場所 東武日光駅ツーリストセンターJR日光駅みどりの窓口

販売期間 通年

有効期間 通年の連続2日間

販売価格
フリーパス大人子供
湯元温泉フリーパス3,000円1,500円
フリーエリア
奥日光湯元温泉フリーパス

参照サイト 東武バス 湯元温泉フリーパス

スポンサーリンク

まるごと日光東武フリーパスとどっちがお得?

日光のフリーパスを調べていて、「まるごと日光東武フリーパス」よりも安くならないかな?って思いませんか?

霧降高原方面には行かないので、エリアが狭くていいから安く!!って。

結論!

波乗りアヒル
波乗りアヒル

湯元温泉フリーパス3,000円とまるごと日光東武フリーパスとの差額を調べれば、どっちがお得かはっきりします。

例えば、浅草駅が発着ならば「まるごと日光東武フリーパス」は4,610円なので、「湯元温泉フリーパス」との差額は1,610円になり、片道810円以下ならば「湯元温泉フリーパス」方がお得になりますよね。

そう考えると、日光まで810円以内で行ける場所って限られるので、やっぱり「まるごと日光東武フリーパス」がお得ってなります。

湯元温泉フリーパス使ってみた!!

始発電車で日光へ行くよりももう少し早い時間帯に到着して、観光スポットを訪れるたびに駐車場を探す時間や空いているかどうか気にするのも面倒ですし、何より遊歩道などを歩き始めたら車を止めた駐車場までまた歩いて戻るのも大変なので、気軽にバスに乗りたいと思ったら、「湯元温泉フリーパス」っていう手段がありますよ!

2017年9月と料金が異なっています

利用した駐車場は、日光市郷土センター(JR日光駅の横)近くの「タイムズ日光」で、当日最大400円!でしたが、2019年10月現在は平日最大500円のみになっています。

車を止めたら、すぐ横のJR日光駅のみどりの窓口で「湯元温泉フリーパス」を購入します。

なんといっても朝6:00から営業しているので早朝に各種フリーパスを購入するには便利ですよ。

日光の各観光スポット近くには無料の駐車場もありますが、有料で500円が多いので1回でも駐車場利用すればお得になりますよね。

あとは、マイカーで移動するのが良いのかバスフリーパス料金を払ってでもハイキングしながら、自由に動き回る事が好き嫌いの問題ですもんね。

奥日光の観光スポットを網羅した東武バスの日光フリーパスは「湯元温泉フリーパス」を利用するとお得です。

時刻表

東武バス日光(2020年11月30日まで)

スポンサーリンク

湯元温泉フリーパスで行ける観光スポット

湯元温泉フリーパスエリア内の観光スポット

奥日光の観光スポット全てを網羅しているのが、「湯元温泉フリーパス」ですが、湯元温泉と湯滝・湯ノ湖の手前の戦場ヶ原展望台までならば、最寄りの「三本松」バス停までがフリーエリアに限定されている「戦場ヶ原フリーパス」が350円安い2,650円で販売されています。

戦場ヶ原のハイキングコース「てくてく歩道」入口はさらに手前の「赤沼」バス停ですし、小田代ヶ原方面の低公害バスの発着も同じく「赤沼」なので、ちょっとだけですがお得になりますよ。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

掲載の割引乗車券やフリーパスの情報は本サイト掲載時点の各社公式サイト掲載の情報の為、ご利用の際は変更になる場合もありますので公式サイトでご確認くださいませ。

コメント