50,000株のあじさいと五重塔で有名な千葉松戸の本土寺へ

本土寺あじさい
関東茨城県千葉県埼玉県

あじさい見頃の5月下旬~7月上旬は入場料が必要となります

鎌倉のあじさいは有名ですが、50,000本ものあじさいが密集していて五重塔まであるお寺となると滅多に出会う事がありません。

そんな貴重なあじさい寺があるのは千葉県松戸市の「本土寺」で駅から徒歩圏内なので混雑覚悟で訪れてみてはいかがですか?

目次

渋滞必死・混雑必死のあじさい寺

本土寺周辺の道路が狭くてお土産屋も道路わきに立ち並んでいる為に、車で通行するのが大変で、駐車場も10台程度しか止められないので電車で行くことをおススメする本土寺。

五重塔とあじさいが見られるスポットして有名なのですが、木々が成長しすぎているのとあじさいがまだ五分咲きでしたので、イメージ通りには撮影できませんでした。

本土寺あじさいと五重塔
本土寺あじさいと五重塔

本土寺の五重塔を通り過ぎて本堂へから右へ進むとあじさいの咲く遊歩道へ行くことができ、青い色のあじさいとなぜか赤く色づいているもみじが一緒に見ることができる、不思議な光景です。

本土寺の青い色のあじさいと赤いもみじ
本土寺の青い色のあじさいと赤いもみじ

それでも境内の遊歩道沿いにはあじさいが綺麗に咲いていて、のんびりと歩くことができます。

しばらく歩くとあじさいの奥に花菖蒲が綺麗に咲いている景色が飛び込んできます。

本土寺のあじさいと花菖蒲
本土寺のあじさいと花菖蒲

本土寺には何度も訪れているのですが、白・紫・薄いピンクの花菖蒲がここまで綺麗に同時に咲き誇っているのを見るのは初めてで、今年は超ラッキーでした。

本土寺の花菖蒲
本土寺の花菖蒲

そして1か所だけ黄色い花菖蒲?ってあるのかな?と思い調べてみたら、キショウブという品種のようでした。

本土寺のキショウブ
本土寺のキショウブ

花菖蒲を見たら今度は妙朗堂を通り、本堂とは反対側のあじさい遊歩道を歩いて出口へ向かいます。

本土寺あじさいと妙朗堂
本土寺あじさいと妙朗堂

5分咲きのあじさいでしたが綺麗見られ、ピンク色のあじさいも近寄ると色鮮やかでとても綺麗です!

本土寺ピンク色のあじさい
本土寺ピンク色のあじさい

本土寺のあじさいは6月中旬ぐらいまでは綺麗に見られるそうで、境内にはこのようにまだ咲く前のあじさいもたくさんありましたが、たっぷりと癒されてきました。

本土寺あじさい
本土寺あじさい
おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
おススメ
波乗りアヒル

個人的おススメ度は、近くに立ち寄った時には必ず訪れているあじさいスポットで、500円と有料ですが、あじさいと花菖蒲が密集しているので、見ごたえ十分ですよ!

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】 JR常磐線・北小金駅

東京駅から上野東京ライン・常磐線で松戸駅へ行き、各駅停車に乗り換えて北小金駅まで約40分(480円)で行くことができます。

または東京メトロ大手町駅から千代田線が直通で常磐線各駅停車に乗り入れているので、乗り換えなしで北小金駅へ行くこともできます。

【路線バス】 北小金駅から松戸新京成バス

改札を出て右に曲がり南口を出て1階のバスロータリーより、松戸新京成バス(10系統・幸田循環)に乗り3つ目のバス停、北小金駅北口バス停を降ります。(3分・180円)

そして進行方向50mほど歩いた交差点を右に曲がると並木道になっていて、550mほどで本土寺に到着します。

北小金駅から徒歩

北小金駅から本土寺までは750m・10分で行くことができるのでバスを使わず行くには、改札を出て左に曲がり階段を降りて右の細い道(本土寺参道)をまっすぐ歩いて行くと本土寺にたどり着きます。

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京から常磐自動車道・流山ICまで約30分(28㎞・約900円)で行くことができ、流山IC下車してから県道5号線を通るルートで約20分・8㎞ほどで本土寺に到着します。

駐車場

本土寺の駐車場が無料で利用できますが10台ほどのスペースしかありません。

その為に周辺の有料コインパーキングを利用するか、民家の臨時駐車場を利用するしかありませんので、マイカーでの本土寺へ行くのはおススメしません。

住所千葉県松戸市平賀63
営業時間9:00~16:30 
入場料金500円(小学生以下無料)
公式サイト本土寺
駅からバス北小金駅から徒歩圏内
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる