MENU

幻の鉄道遺構・戸井線コンクリートアーチ橋へバスで函館駅から行く

戸井線コンクリートアーチ橋汐首岬南小島から

国鉄戸井線として五稜郭から湯の川を通り、現在の国道278号線沿いに戦時中に計画・建設が始まりましたが、資材不足の為に完成まで残り2.8㎞を残したところで建設中止となり、そのまま廃線となってしまいました。

ただ建設当時のままの鉄道遺構が現存している汐首町には、コンクリートアーチ橋を見ることができローマの水道橋を思わせるようなアーチ橋で近代的土木遺産として注目されていますので、一度訪れてみてはいかがですか?

目次

旧戸井線コンクリートアーチ橋

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる